花百合 ユリは茎が細く、花が大きくて風に揺れるので、昔はユレといったそうですが、いつの間にかユリに変わったようです。
キリスト教美術では貴節、無垢、純潔の象徴で、花言葉は、山ユリは(厳か)とヽ日本ユリは(あなたは私をあざむけない)と、白ユリは(純潔、厳か)と黄ユリは(虚偽、愉悦)と言われています。また百合はフランスの国花です。 聖書や讃美歌では、ユリは聖母の花、また復活祭には欠かせない花。

聖書のなかの一節の「キリストの山上の垂訓」の一部には、「野の花がどうして育っているか、考えて見るがよい。栄華をきわめた時のソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾っていなかった。」と書かれてあり、また「今日は生えていて、あすは炉に投げ入れられる野の草でさえ・(マタイ伝六章二八節〜三十節)」とも記されていますが、ここに記されている「野の花」とか「野の草」とは、ユリを指すのだろうという説もあります。

ローマでは、昔この花は群神の父祖であるジュピターの妻ジュノーに捧げられていたそうですが、後世になって聖母マリアに捧げられるようになったとのことです。
ギリシャ神話では、始祖アダムの妻イヴが、蛇にあざむかれて禁断の果実を食べエデンの楽園を追われた時に、悔恨の涙が地に落ちて、これがユリに変わったといわれております。
白百合はワーズワースの詩の中で、「昔エジプトでは、白ユリは不朽の歓楽と無垢な愛情の象徴であった」と書かれております。

スペインでは、魔法でいったん動物にされた人間を、元どおりにするのがユリであるといわれております。
またドイッ民話によりますと、「昔、ハルツの山麓にアリスという美少女が母と住んでいましたが、ラウェンブルグ公が乗馬 の道すがら、アリスをみそめ、強引に城に連れていこうとしました。するとアリスの姿は消えて、そのあとにユリが生え、アリスの清らかさを何時までも伝えた」とのことです。

ヨーロッパの古代美術の中で、ユリの現われるものといえば、まずクレタ島の壁面をあげられるでしよう。
紀元前1500年頃の壁画に、マドンナ・ リリー(ユリ)と思われるものが描かれています。ヨーロツパ美術に現われるユリは、そのほとんどがマドンナ・リリーです。

前述のように、古代ギリシャの壁面に姿を現わしていたマドンナ・リリーは、古代からローマ時代にかけて、どういうわけか姿を消しますが、中世の教会時代になると、信仰と純潔の象徴として、再び美術の中に登場してきます。
五四九年に献堂されたラヴェンナのサンタ・ポリレーナ・イン・クラッセ教会の天井に描かれている「聖アポリナスとともに描かれている」ユリは、再登場の中の最も古いものの1つでしよう。
またケルンの画家によって1310と1340年頃に描かれたといわれている「受胎告知」にもマリアと天使の間にマドンナ・リリーらしいものが描かれています。
また、133年にシモーネ・マルチィーニがシエナ大聖堂の聖アンサーノ礼拝堂に描いた「受胎告知」にもマドンナ・リリーが描かれております。
マルティーニよりも少し早く生まれた、ルネッサンス初期の画家ジオットー(一二六七と三三七)の何点かの作品にも、マドンナ,リリーが描かれています。
このように十四世紀初頭にはマンドナ・リリーは、ヨーロッパのかなり広い地域で絵画に登場したようです。

十五世紀に入ってダ・ヴィンチの「受胎告知」(フイレンツェのウフイツ美術館蔵)では、マリアと天使が向かいあって坐り、その画面の1部にマドンナ・リリーが描かれています。
十六世紀の物ではスペインの画家エル・グレコの作品が有名で、倉敷の大原美術館にもその一枚がありますが、いずれもマドンナ・リリーが描かれています。
マドンナ・リリーの描かれている「受胎告知」は数多くありますが、一八○五年に描かれたといわれているガブリエル・ロゼッティの作品(ロンドンのテート・ギャラリー蔵)では、いかにも十九世紀の作品らしく、マリアと天使の服装も、マドンナ・リリーのデザインも、きわめて近代的です。
マドンナ・リリーの登場する絵画は、もちろん「受胎告知」以外にもたくさんありますが、その中には、マリアとキリストの聖家族を画題としたものが多くあります。描かれた年代は、十四世紀から十七世紀におよんでいますが、「受胎告知」が十五世紀を中心としているのに対し、聖家族を描いたものは16〜17世紀が中心になっているといってよいでしょう、その中にはボッチェリーやコポナーの秀作も含まれています。
今日でもヨーロッパ一帯にみられるマドンナ・リリーは、昔ローマの兵士がヨーロッパ一帯に駐留していた時に、各地に運ばれ広がって行ったといわれています。またこの花は、二世紀頃からマリアのシンボルとなっていたそうです。それは、マリアが埋葬された所に、白ユリが咲いていたという伝説によるものだそうです。
ユリの白い花弁をマリアの汚れない体に、花の中心の黄金の雄蕊をマリアの気高い魂にたとえられています。
中世の修道院では、ユリを薬用にするために、よく栽培していたといわれております。
マドンナ・リリーは、昔は単にユリと呼ばれていましたが、日本の鉄砲百合(テッポー・ユリ。イースター・リリ-)が紹介され、促成栽培されることになったので、それと区別するために、マドンナ・リリーと呼ばれるようになったそうです。

鉄砲百合(テッポウユリ)は、一名タメトモユリまたはタモトユリと呼ばれ、原産地は九州南部諸島や琉球地方。
日本原産のユリの種類は数多くありますが、このテッポウユリが世界的に一番よく知られているようです。
毎年復活祭が近づくと、日本から欧米へ大量に空輸されているそうです。純白で、よい香りを漂わせるこの花には、清純な美しさがありますので、結婚式や葬儀などの厳粛な場所ではよく使われます。

特に欧米のキリスト教会では、復活祭には、なくてはならない花となっています。
「うるわしの白百合よ、・・・イエス様の墓よりいでし昔を」と讃美歌にも歌われています。

先に述べたように、ヨーロッパの美術に現われるユリは、そのほとんどがマドンナ・リリーですが、そのほかに、マルタゴン・リリーとか唐草と呼ばれるユリも時々姿を現わします。

ジヨヴァンニ・ディ・パオロの「最後の審判」(シェナ絵画館蔵)では、多くの司祭や天使の群像が描かれている天国のバックにマルタゴン・リリーが幾つかみえ、またユーゴー・ファン・フースの大作「羊飼いの礼拝」では唐草が描かれています。<BR>
姫百合(ヒメユリ)は名前のように優しく、草の茂みの中に咲いて、片想いの少女のようです。相手にわかってもらえない恋の苦しさは、「夏の野の繁みに咲ける姫百合の知ってもらえぬ恋は苦しき」(万葉集・ 巻八・1500太伴坂上郎女)に代弁されているようです。
次に、少し変わったところで、黒百合(クロユリ)は日本では立山連峰が主産地。北海道では緯度の関係で、東部海岸の平坦地でもみられます。<BR>
アルピニストが憧れる恋の花との伝説もあり、アイヌの恋物語もその1つでしょう。
黒百合のことわざには、「好きな人への想いをこめた黒ユリを、その人の近くに人知れずそっと置くと、贈り主が誰だかわからなくても、相手がその黒ユリを手にすれば、必ず結ばれるという」ので、「恋の花」とされているようですが、また逆に「呪いの花」ともされているようです。
富山県、長野県あたりでは、家を葬り人を不和にする花だそうです。
昔、越中富山の武将佐々成政は、一人の腰元を可愛がっていましたが、これをねたんだ他の腰元が、あること無いことを折りにふれて、彼女の悪口として成政に吹きこんだので、成政は怒って、この愛妻を切り殺してしまいました。
その腰元は恨みと怒りに狂いながら言いました。私の亡霊は霧の立山にこもって、夏ともなれば黒い花を咲かせるでしょう、立山に黒ユリが咲くとき、佐々家は必ず滅亡しましょうといって死んだそうです。
その後、佐々成政は淀君に珍しい花として献上した黒ユリがもとで、お家断絶の憂き目にあったとのことです。(富山県立山伝説)