本文へスキップ

 

平成16年川越まつり


今年は徳川家光公生誕400年記念の年と言うことで川越市では色々なイヴェントが有りますがやはり一番は川越祭でしょう。今年の山車は16台が参加しました、15日16日の両日好天に恵まれ川越市人口の2倍の人で町は一杯になり、祭は一層の盛り上がりを見せました。
今年は撮影スポットを少し変えてみましたが例年と同じあまり変わり映えがしません。今回はビデオを主に撮ったため、デジカメの方をとり忘れたりして、失敗の多い忙しい撮影になりました。
  平成16年10月16日~17日
17日は朝から晴れて、気温も適温、、快適なお祭日和になりました。川越駅前のロータリーは祭見物の人々で埋められています。朝早くから場所取りの人が道路の縁石に腰を下ろして山車の来るのを待っています、中にはお弁当を広げる人も居て駅前広場は賑やかな風景です。山車の行列が来る頃には足の踏み場もないほどの混雑になります。
今年の撮影スポットは仲町交差点から北へ少し上がった幸町の旧埼玉銀行の北側。
ここは蔵のある風景がファインダーに入ることで人気が有り、多くのカメラマンが集まるポイントです。
そろそろ市役所前での山車ぞろえが終わって行列の先頭の山車が見えてきました
脇田町の山車人形は徳川家康。
仲町の会所の居囃子舞台前で山車囃子を披露しています。山車は車台から上部全体が回転します。
川越の街の中央通は2車線ほどの幅しかありませんので山車の運行も見物客の人ごみを分けての進行、怪我の無いように整理も大変のようです。
松江町二丁目の山車 人形は浦島太郎 
山車は県指定文化財です。
元町二丁目の山車 山王 これも県指定文化財です。
山車の踊りは「天狐」で何時見ても迫力があります。
大手町の山車 天之うずめの命 県指定文化財
三久保町の山車 源の頼光
市登録の歴史文化伝承山車に指定されています。
元町一丁目の山車 牛若丸
かなり大きい人形です。
山車舞台で踊るひょっとこ面踊りも人気が有ります
ここは観光名所の時の鐘が見える街角ですので時の鐘と山車を一緒に納めようと待ち構えている人が多いです。私もその一人でしたが、結局失敗。
時の鐘は必ずと言ってよいほど観光に来られる人の格好の撮影被写体です。
普段は日曜祝日などは見物客が多く見られます、今日は特別多いですね。

仲町の羅陵王の山車(県指定文化財)
駅前の展示が終わってこれから仲町の会所に帰り夜祭の電飾準備をしに行くところです。
この山車の人形は大変素晴らしいものです、写真では一寸だけしか映っておりませんが、昨年の川越祭の際には会所に展示してありました。
幸町の山車小狐丸が幸町の会所(山車の本部)で居囃子と競演
山車の出ない町内でも舞台で居囃子を行います、この踊りがこども達には人気が有ります。
囃子の笛や鐘の拍子に合わせて見物の子供が身振り手振りを真似する仕草が可愛いらしいです。
お祭を盛り上げるのは矢張り屋台の呼び声、駅前と言わず、メイン通りや路地までぎっしりと並んだ屋台の店が客を呼んでいます。昔を思い出す風景です。
蔵の街では店のかきいれどき、観光客は買い物につい手が出るようです。
山車や神輿の曳き子や担ぎ手の若衆も一休み。
川越ではまだまだ担ぎ手には不自由しないようですよ。
お神輿出発前の一刻、緊張感がありました。
神輿の出発、担ぎ手にはもちろん女性も。
皆さんいなせな格好です。
夜の駅前広場での山車行列
この日の一番のハイライト。
多い時は5台の山車が広場に集まり祭りは最高潮になります。ぎっしりの人波でとても山車の傍までは近寄れません。
川越まつり のイベントの中で最も有名な「曳っかわせ」、両方の山車が向かい合って競演する踊りと、囃子(儀礼打ちと言います)が見る人々の興奮を誘います。
これを見るために来ている人も多いでしょう。
3台4台の山車が同時に「曳っかわせ」を行うと壮観です。









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN