本文へスキップ

 

平成17年川越祭り

平成17年10月14日〜15日
平成17年10月15日恒例行事の川越祭に出かけました、前日の14日(土曜日)は午後からあいにくの雨となって仕舞いましたので、見物をあきらめ最終日に期待しました。15日は雨も上がって曇り空ですが、雨の降る心配はなく、雨上がりの街はしっとりとして気温も高からず低からずで祭には最適でした。
昨日の雨の影響で見物を今日に変更した観客がいたのでしょうか例年同様大勢の観光客が祭見物に集まっていました。今年は参加する山車は23台と多く大いに賑わいを見せています。
今年はビデオカメラを主に撮影する計画でしたので、デジカメはついつい撮影チャンスを逃してしまい満足なものは有りませんが、それなりに楽しい祭風景を納めたつもりです。
蔵の街川越の中心を南北に貫く中央通りは山車の運行のメインストリート、毎年祭見物の群集であふれるほどです。おりしも六軒町の山車三番叟が来ました。町内の人々のほかにも祭見物の観光客が一緒に綱を引いています。
元町一丁目の山車牛若丸が今年のテレビの義経の影響か人気があるようです。このあたりは蔵の街の人気スポットで近くにはお菓子屋横丁などがあります。
町を東西南北に横切る連雀町交差点は複数の山車が出合い、一番の見物場所。3台の山車が競演しています、夜の曳っかわせはここが一番人気の場所ですが、混雑度も一番。
元町一丁目の山車牛若丸のお囃子の踊り、狐の演舞は何時見ても素晴らしい踊りです。
宮下町の山車大和武尊
お囃子は芝金杉流、踊りはおかめの面をつけて踊っています、狐、おかめ、ひょっとこ、などの踊りが披露されますが、それぞれの踊りとお囃子の曲目が定められているそうです。おかめの場合は比較的おとなしい曲のようです。
動きもお余り大きくは有りません。
志多町の山車弁慶
ひょっとこの踊りは軽快で、まるで曲芸師のような動きを見せます。狭い屋台内での踊りは大変なことだと思いますが、踊り手がベテランでしょう、逆さになりそうな大きな動きの踊りに見とれました。お囃子も軽快でテンポも速く浮き浮きとした気分にさせてくれます。
子供達は今日は一番の楽しい祭日。おそろいの法被がよく似合います。
女の子は山車行列の先頭で、鉦釈杖をつきながら進み、行列に華やかさな彩りを見せてくれます。今はチョット休憩でしょうお友達と何を話しているのでしょうか。
川越祭に付き物のお囃子は後継者の養成が図られていて、町内の一角には櫓台が作られて其処で子供達による、お囃子、踊りが披露されます、毎年見物していますが踊りもお囃子も上手ですよ。川越祭の伝統はこの子供達によって長く続くと思います。
置屋台のお囃子の音に誘われて小さな子供が可愛らしい仕草で踊って、見物客を喜ばせています。
川越祭の由来は川越氷川神社の祭礼にはじまっているので、14日15日は氷川神社の祭礼日と重なります。
中央通に氷川神社が出張していました。
お祭には縁日屋台が付き物ですが、町の商店も店先に土産物等を出して頑張っています、川越名物は何と言っても芋、芋菓子に人気が集まっています。
昨年は気にもしませんでしたが、エアガンが縁日屋台にまで進出かとチョットびっくりしましたがこれはプラモデルのおもちゃで、籖を曳いて当りが出るともらえる程度のものでした。
これは珍しい、カルメ焼の屋台、小さなコンロで昔ながらの方法でカルメ焼きを作っていました。一個400円jとはチョット高いかなと思いますが、これも技術料でしょうか。
お祭も夕暮れにかかる頃には見物客もそろそろお疲れ、お父さんに抱かれて夢ごごちのお子さん。
お父さんご苦労さんです。
夜に入って山車に灯りがともり祭もいよいよ最高潮に。
狐の踊りにも力が入ります。

連雀町の太田道灌の山車。
本川越駅前はロータリーや交差点などで広場になっていて、各町内の山車がここで曳っかわせを演ずるに最適の場所。曳っかわせがはじまる6時半ごろには、見物客であふれます。頭越しの撮影を余儀なくされますがそれもまた祭の風景、この写真の外にも沢山の頭の品評会のような画ばかり撮れました(笑)
駅前広場では唯一の神輿が担がれます。
毎年見ますが、担ぎ手はいつも女性が多く掛け声も黄色い声のお祭神輿です。駅前の曳っかわせは21時ごろまで続きますが、お神輿を見送りながら帰途に着くのが通例となりました、祭見物も体力が要ります。


      (終わり)









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN