本文へスキップ

 

平成19年川越祭り

2007
市役所前勢ぞろい 山車運行 囃子踊り競演 夜の祭り
平成19年川越祭りは10月20日(土)21日(日)のU日間好天気の下で盛大に行われました、今年は川越城築城550年と市制施工85周年を記念して山車16台が祭りに参加し盛り上がりを見せました。20日、21日の午後2時からそれぞれ8台が市役所前に勢揃い、祭囃子が披露され、その後山車は街中を巡行し多くの見物客の喝采を受けました。
川越の山車と屋台は約30台有り今年はそのうち16台が参加しました。全部の山車が出るのは10年に一度です。川越祭りは平成17年に「川越氷川祭の山車行事」として國の重要無形民俗文化財に指定されています。   じんさん記
川越市市役所前広場に勢揃いした山車。左から八幡太郎、木花咲耶姫、、三番叟、素戔鳴尊、高砂、太田道灌、仙波二郎の人形の山車,全部を一画面に納めるにはここが最適な場所です、これより前では全部が入りきらないし正面では全体が小さくなりますので撮影ポイントの確保は大変です。
広場には老人や障害者用観覧席が設けられてあり、70歳以上のお年寄りはOK、小生も資格はありますがカメラを提げて着席では申し訳ないので遠慮しました。
勢揃いが終って蔵の街中央通りを巡行する連雀町太田道灌の人形の山車、道路は見物人で一杯です。
運行は全て人力、町内の大人も子供も総出で引っ張ります。見物者が綱に触って歩くと係りの人に叱られます。大体町内の顔ぶれは決まっているので他所者は直ぐ判る様です。
山車行列の先頭は先触れ先達、この先達役が祭りの花形。
確か一昨年も同じような場面を撮りました。
山車が巡行する町内での撮影ポイントはいくつかありますが、山車全体をあまり邪魔されないで撮影できる場所のひとつに幸町の旧埼玉銀行(現在の埼玉りそな銀行)の玄関前の石段付近がありますここは道路より少し高いので蔵の家並みと山車を撮るには最適です。この写真は石段の一番上からの撮影。山車は野田五町の八幡太郎です。
祭り時のみの展示ですが市内中央通の松江町には松江町二丁目の山車の人形「浦島太郎」の展示が有りました。人形はかなり大きく等身大で背丈はほぼ2メートルほどあります。今年ここの山車は出ていません。
展示室の中には松江町二丁目浦島太郎の山車を飾る幔幕も飾られてあります。幔幕は金糸銀糸の刺繍で織り込まれていて豪華なものです。中に入ると町内の役員が説明をしてくれます。
川越祭りの見物を兼ねて名所を巡る人も多く、時の鐘のある小路はいつも大勢の人が訪れます。
山車巡行中も囃子踊りの演舞をしながら進みます、大太鼓、締め太鼓、笛、鉦の5人が演奏するお囃子で演ずるひょっとこ踊りは人気ガあります。川越祭りのお囃子は神田囃子の流れを汲むものだそうです。
これは天狐の舞、動きが激しく迫力があり撮影の題材の一つ。舞にはこのほかモドキ、おかめ、ヒョットコなどの踊りがありそれぞれストーリーを持った踊りになっているそうです。
獅子の舞。お目出度い踊りで見応えがあります。
巡行中路上で2台の山車がすれ違うとお互いに向き合って「曳っかわせ」(双方が向き合って囃子と踊りを競演)がはじまります、祭りの中で一番盛り上がる見せ場です。
山車の外町内には数箇所に置屋台が作られ屋台で囃子と踊りが演じられます。ヒョットコやオカメの踊りは仕種が面白く子供には人気が有ります。小さな子供は演技する人に抱いてもらい福を授かるのですが、中には恐怖のあまり絶叫して泣き出す子もいます。
夕方6時を過ぎる頃山車には照明が点けられて提灯の明かりで華やかに飾られ、いよいよ夜祭が始まります。暗闇の中に浮き上がって見える山車を見るとこれからが祭りの本番と言った感があります。
夜の巡行でも囃子と踊りが演じられます、夜空に響く笛の音が祭り気分を盛り上げて心を弾ませてくれます。
広場で複数台の山車が出合い「曳っかわせ」が始まると観客や曳き方衆の掛け声とともに提灯の灯が乱舞し祭りは最高潮に達します。
駅前広場での「曳っかわせ」が済むと祭りも終わりに近づきそれぞれの山車は囃子や踊りを広場や巡行路上の見物客に披露しながらそれぞれの町内に戻って行きます。
夜の祭りは10時頃までとなっていますが次第に遠ざかる山車を見ながら帰る人や、夜祭をこれから楽しもうと山車の後を追いかけて往く人たちで大通りは大勢の群集でごった返し夜が更けてもまだまだ賑やかな気配は消えません。
たった2日間の祭りの期間ですが全国の露店商が集まったかと思うほど街の通や駅前はずらりと露店が並び、どの店もなかなかの繁盛振りです、特に夜店を見ると少年時代の故郷の祭りの思い出が甦ってきます。
川越祭りの間は西武鉄道本川越駅前の広場はお祭り広場と化してテントや椅子席で一杯になっていて歩くのも困難です。私の祭り見物も終わりに近づき帰宅すべく混雑の人波をよけながら漸く駅にたどり着きました。
微かに聞こえる鉦と笛の音を聞きながら今年のお祭りも元気に見物できたことを感謝しつつ家路に着きました。10月21日









JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN