本文へスキップ

 

平成21年川越祭り

2009年川越祭は10月17日18日に行われました。昨年は体調不良で祭には出掛けられず悔しい思いをしましたが、今年は千葉在住の酒井さんが来越されるというので道案内を買って出て半日お付き合いをしました。案内の合間に念のため持ってきた小型カメラで撮影したショットをまとめてみました、小型カメラも結構役に立ちました。今年はNHKTVの朝ドラの舞台にもなった影響で例年にも増して祭見物の人数が多いようです。川越祭の全容は酒井さんのホームページが素晴らしい出来栄えですのでそちらをご覧ください。今年のページは今までとは変わったイメージの内容になりましたが祭の雰囲気だけでもご覧ください。
  2009年10月18日        じんさん 

                    酒井氏ホームページ  
      
                        
10月18日(日曜日)11時少し前に酒井さんをJR川越駅に迎えて駅前広場に案内した途端、山車の曳っかわせに遭遇、今年は出だしから祭の真ん中に飛び込んでしまいました。クレアモール入口も見物人で一杯、移動も出来ずしばらく広場の2階で見物する羽目に。右の山車は川越駅周辺脇田町の徳川家康、左は同じく近辺の菅原町菅原道真の山車で曳っかわせの最中でした。 
アトレの2階からクレアモールにわたる歩道橋には御覧の通りの見物客が鈴なりです、普段はほとんど利用しない歩道橋です。祭見物には最適の場所ですがあまりの人数にちょっと関西での花火見物事故を思い出しひやりとしました。こんな祭の風景も珍しいです。 
歩道橋下の道も混雑しています、左の山車脇田町の家康は歩道橋を潜って左側に抜けるため人形を下げて山車の高さを低くしているところです。山車の一般的な高さは人形を建てたときには地上高8メートルにもなります。
アトレの2階から山車を狙う酒井氏。川越祭では上から山車を狙うことはめったにないと思います。2階の周りのフェンスぎりぎりですので苦労しています。上手く撮れたでしょうか。
歩道橋をくぐりぬけて反対側に移動した家康山車は歩道橋を挟んでの囃子の競演をやっています。両方の山車の間は開いていますが囃子の演舞中は誰も通りません。これは素敵な見物マナーです。
右の山車は昔は(昭和47年)鶴ヶ島の上広谷地区の山車でしたが今は新富町1丁目の家光の山車。
左の家康の山車は今度は徳川家光と競演です。
川越駅に最も近い町内の山車は脇田町の家康の山車ですが少し離れた本川越駅周辺の町内の山車と競演のため移動巡行するのです。
逆光になりましたが反対側に移動しての撮影は無理とあきらめました。
人形は家康の脇田町の山車。王蔵流の囃子で葵囃子連、囃子の源流は江戸の葛西囃子や神田囃子から伝わったそうです。舞には天狐、獅子、オカメ、ヒョットコなどが有りそれぞれストーリーが有って巧みに囃子に合わせて舞います、囃子の音を聞いているとついリズムをとっている自分に気が付くのです。
祭に欠かせないのは山車の曳き手。山車に近いところは揃衣装の若衆が元綱を曳き、曳き回しの先頭には手古舞姿の女性や子供が綱を引きます。曳っかわせの間は綱曳きはストップ、しばしの休憩の子供たち、年に一度の晴れ姿です。
山車の曳き手は川越市民ならば誰でも良いと言う訳ではなく山車町内の住人でないとだめという厳しいものが有ります、祭見物のついでに曳こうなどは出来ません。これも小江戸の風習の名残でしょうか。今後は少子化で人口が減少するといささか問題になりそうですね。
今年は中原町(町のほぼ中心)の山車川越太郎重頼は出ませんでしたので町内では屋台を設けて囃子を演じています。演ずるは町内月鉾囃子連です。
天狐の舞は恰好も良くカメラマンのよく狙う被写体です。
中原町から札の辻までの中央通りにはいくつかの置屋台があります。それぞれの町内の囃子連が演じる舞は縁起物やコミカルなものが有りつい見惚れてしまいます。
連雀町の太田道灌の山車が近づき歩道は見物客で身動きできない状態です。山車の曳き手も100人はいますので狭い車線の中央通りはごった返します。後方の山車は六軒町の三番叟の山車、太田道灌に続いてやってきます。
連雀町太田道灌の山車は人形が出ておりませんが、仲町から札の辻までの中央通りは電柱がなく山車も人形を出して運行できますがここから本川越方向へは電柱の有る街並みになるためどの山車も人形を下げて運行します。
連雀町の山車の曳き手小さな手で綱を曳き声をかけて居るのですが、どちらかと言うと綱に曳かれているほうが多いようです。曳き手はおそろいの印半纏、これがないと曳けません。
六軒町の山車三番叟。ここは仲町交差点、所謂蔵の街の中心地、ここから北へ向かって蔵造りの家屋が並び蔵造り家屋を背景に山車を狙う撮影ポイント。黒い建物と山車の豪華な飾りが良いコントラストを見せます。この地点の少し先、幸町に有る埼玉りそな銀行の玄関前も撮影のポイントです。
三久保町囃子連による獅子舞。眠り獅子が起き上がろうと、あくびをする仕草を軽妙に演じます。三久保町の山車頼光は今年は出ませんので囃子連の獅子もここで演じているようです。カメラマンが周りを囲んでいました。
オンマウスで反転の画像は酒井氏の提供の獅子舞で子供の成長を願っての演舞です、毎年この風景が見られます。
ここは元町二丁目仲町交差点。NHKTVの朝ドラマ[つばさ]のなかで出てきた甘玉堂菓子屋としてロケに使われた陶器を扱う蔵造りの老舗の店舗、一躍有名になり訪れる人が増えたとか。
交差点では松江町二丁目の山車浦島の曳き手連が休憩の様です。
松江町二丁の埼玉県指定有形民俗文化財の浦島の山車です。反転の画像は幸町の翁の山車でこれも県指定の有形文化財です、山車のつくりや飾りがどちらも豪華です。反転画は酒井氏提供
松江町二丁目浦島の山車は今年は4年ぶりの出場だそうで、浦島囃子連の囃子にも力が入ります。
祭見物で混雑する中央通りを避けて蓮馨寺前を大正ロマン通りに抜ける道に旧鶴川座の建物が有ります、現在は閉鎖中ですがテレビの中で出てくる建物に似ています。
旧鶴川座の建物は築100年の木造建物で芝居小屋として明治後期に建てられた物、廃棄するのは惜しいものです。
自慢するわけでは有りませんが川越の中心街を行くと道路や建物周辺はいつもきれいです、観光都市として恥じないようにボランテア活動も活発です。
当日18日は25度以上の気温。歩いていると汗が出るくらいでした、店番の虎人形も暑かったようで。
大正ロマン通りに着きました、本通りと同じくらいここも混雑しています、例年は比較的人の数も少なくて楽しみながら歩ける通りです。本川越駅から本通りを避けてロマン通りを北上するのが通の人。
あめ細工の店は他の店ほど見かけません、やはり細工物ともなると二、三日で技術を習って店を出すのは無理、これも伝統の有る匠でないと。
見惚れている地元の学生さん結局買いませんでしたが、人気が有るようです。プライバシー尊重後ろ姿のみ撮らせてもらいました。
祭には全国の屋台が全て集まったかと思うほどの屋台が祭道路のほとんどを埋めています、数えてはいませんが少なくとも500は下らないのでは、いや1000かな?。いろいろな種類の店が有り沖縄や北海道名物の売り物、どれも味わってみたいのですが、撮影だけで済ませます。この店の特徴は何とも律儀な焼きかた。正方形で規則的、何とかオタクかな?
じんさんはポーズをとっているのでは有りません。やや草臥れてしゃがんだところ、酒井さんに撮って頂きました。ここで案内終了しサヨナラしました。また来年も元気ならば懲りもせず祭撮影に出かけるつもりです。


   終わり










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN