本文へスキップ

 

平成22年川越祭り

平成22年の川越祭は10月15日〜16日秋晴れの好天気に恵まれました。
今年は氷川神社の神幸祭行列を追いかけて約半日撮影に出かけました、動きのある画をデジカメの動画機能を使ってみましたが、ビデオカメラと違ってズームが出来ないので、単調な動画になって残念でした。
   動画撮影の合い間に撮ったショットの一部をアップしました。

                 22年10月15日  じんさん
午後1時過ぎ神幸祭行列が近づいたようです、川越市内中央通りにはお迎えする見物客や市民で大混雑。交通規制された道はやがて足の踏み場もなくなります。
行列の先頭の先触れは声をからして道を開けていきます。
神幸祭の先達に続いて宮司達に担がれた神輿が進んできます。
大僧正や獅子頭に続き笛を吹きながら行列が通ります、雅楽の笛の音は山車の祭囃子とはまた違った祭の様相を現出します。行列が通過する瞬間は混雑の道路も一瞬厳かな雰囲気が漂います。
蔡王の姫の輿には市内の名家から選ばれた息女。素戔鳴命(すさのうのみこと)の妻、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)になります。
宮司達が榊や供物を持った神幸祭の行列全部が市役所前の広場に到着、川越城主である市長に御挨拶をします。
市役所前では市長が氷川神社神幸祭見物の市民や観光客に挨拶、祭の由来や関係者役員の労をねぎらうお話などが有り、挨拶終了の後、行列は氷川神社に向けて帰路につきます。行列の後には山車が続き観客もそのあとを追いかけて順路は人の波で埋まります。
広場では市内巡行の山車が曳っかわせを演じ囃子の太鼓や笛の音と、市民や見物客の歓声に盛り上がります。此処では山車の上段に収められていた人形のせり上がりが見られるので毎年多くの観客が集まる川越祭の一番の見物場所です。
神幸祭出発の地、氷川神社の境内。川越の総鎮守氷川神社の創建は古く約千五百年前の古墳時代に遡るようです。武蔵国足立郡氷川神社より分祀、奉斎したことに始まります。「お氷川さま」と呼ばれ、川越の総鎮守として篤い崇敬を集め、親しまれてきました。
神幸祭は嘉永年間に川越藩城主、松平信綱公が慶安元年総鎮守氷川神社に神輿・獅子頭等の祭具を寄進したことからはじまります。以来、川越氷川祭りは氷川神社から出る御神幸の行列に各町内の屋台や山車が供奉するようになり発展し今日の様な祭の形になったようです。 神社脇にて
囃子の演舞は古くは田楽や相撲などの催しから始ま江戸時代から山車や屋台での囃子が引き継がれていったようです。囃子の流派は3派いずれも江戸葛西囃子が源流。地元の里神楽と合体し現在の囃子になったと伝えられています。   ヒョットコの踊り。 宮下町 日本武尊の山車
モドキの踊り 仲町の羅陵王の山車
松江町2丁目の浦島の山車が出発、町内の親子が綱を引くようです。さあ頑張りましょう!赤ちゃん背負ってご苦労さんです。
三久保町頼光の山車と曳っかわせ中の浦島の山車。幕の絵柄は氷川神社の本殿に施されている名彫師・嶋村源蔵の手による彫刻の浦島の図柄を意匠したもので豪華絢爛見事なものです。
祭見物の観光客には外国人も多く、プロ級のカメラを持ったカメラマンが見かけられます、いや構え方から見てもプロかな?。混雑する雑踏のなかでも秩序のある流れが自然にできる群衆、祭をみて此の日本をどう感じるのか聞いてみたいですね。
中央通りのメイン観光スポット 時の鐘。近くまで簡単には行けませんが、自然の流れに逆らわず動いているうちに鐘の真下まで行けます。この付近はカメラマン陣取り合戦の場所です。此処に山車が止まるともう大変な混雑、懐中物にご用心です。
川越川郊外の南古谷地方に伝わる市指定の無形民俗文化財南田島の足踊りが毎年四月十四日に南田島氷川神社の春に行われていますがこの川越まつりにも参加しています。菅原町の屋台に乗って踊っているのは「ちびっこ囃子連」で五歳くらいの子供が大人の踊りに合わせ面白おかしく踊っていました。子供の演技が何とも可愛らしくしばし見惚れてしまいました。
置屋台で演じる囃子につられて踊る女の子、毎年同じ場所で同じ様な光景に出合いますが微笑ましい被写体です。
本川越駅前広場の宵山の山車。川越祭初日は夜の曳っかわせは有りません、代わりに町内固有の山車がそれぞれの場所で宵山の囃子を夜更けまで続けます。祭見物を終えて帰途に就く人が駅に着いて見納めする野田五町の八幡太郎の山車。皆さん此処で足を止め名残を惜しむ宵山の山車です。
私もこれを見てから帰途に就きました。   終わり










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN