本文へスキップ

 

平成28年川越祭り

平成28年の川越祭は10月15日〜16日久方ぶりの秋晴れの好天気に恵まれました。
昨年は生憎の雨でしたのであきらめましたが今年は9月以降の天候不順を心配していましたが秋雨前線のわずかな合間の2日間の好天に重い腰を上げて祭り見物に出かけました。(今年の山車は総勢23台が参加しています)。

ほぼ毎年祭り見物に出かけてましたが年々体力低下もあり今回は行動範囲をせばめて無理をしない範囲でカメラを向けてみましたが、祭りはいつも変わらないので特に注目することもありません、ただ近年川越がテレビの旅番組等で少し報道されてますので、そのせいでしょうか川越市でも祭り協賛の姿勢が増えて休憩場所の増加や案内などの施設や作業がかなり改善されている様に感じました。
古い街川越も少しは行政に活気が出てきたのかなと一市民として少し嬉しい見物でした。

                 平成28年10月16日(日)  じんさん
16日 2時過ぎの本川越駅前はご覧の通り歩道
は屋台で埋め尽くされて残った道路やバスのロー
タリー等の路面は山車の来るのを待つ見物者で一杯。
毎年ここが一番人出が溢れて身動きが出来ないところです。
山車どうしの曳っかわせの時間まで未だ6時間も
あるのですが、今から場所を確保している見物者の様子です。
 
本川越駅前のロータリーは例年のごとく大混雑です。
交差路の中で囃子を演じているのは大手町の鈿女の山車
山車にはなかなか近付けません、いつもカメラは頭越し。
左側は大手町の山車 鈿女  北へ向かう右側の山車は仲町の羅陵王
本通りの北端札の辻まではかなりの距離があります
山車にくっついて歩くと自然と歩けるのですが体力を考慮して
ゆっくり途中の仲町あたりまで行こうと思いました。
 本川越駅前にて囃子を披露している弁慶の山車に
人が集まっていました
 
志多町の山車 弁慶 人形を立てる作業中です。
弁慶の山車は埼玉県指定文化財
弁慶人形の立像 子供の人形が可愛らしい。
 
 弁慶の山車の囃子方は府川囃子連
流派は堤崎流 3大流派の一つです
「王蔵流 芝金杉流 堤崎流」
太鼓や笛の音の囃子に合わせて面白おかしく踊るおかめはいつも人気があります。 
川越駅、本川越駅、川越市駅のほか市内3ケ所計8ケ所に案内所が設置されてます。多くの山車が巡行する本通りの片側に観光案内所有り、外国の方や初めての見物者がまずここで祭りの様子を聞きます。
本通りの右側の狭い歩道にも屋台が有り子供たちには
祭り山車よりもこちらの方が楽しいでしょうね。
居囃子の演台は祭りには欠かせないもの。
それぞれの地区の囃子保存会が各所で
囃子の演舞を披露しています
小さいお子さんの親御さん達は
子供の健康安全を願って頑張ってますよ。 
太郎ちゃんソレッ頑張って・・・   ギャー嫌だコワイよー!
 本通りで一番の見物場所ですねえ、二階からゆっくり全部見えるわ!
 
野田五町の山車 八幡太郎が近付いてきました
先頭を歩くのは当町の役員さん、パレード気分かな?
八幡太郎の山車は野田五町 八幡太郎の立像は見栄えがします、
この区域では電線等の障害物があり、立てていません。
囃子方は運行中も演舞に熱演します。
脇田町の山車 徳川家康が来ました、そろそろ
駅前広場で家康人形を立てる準備の様です。
山車の下部の化粧絵や彫り物が素敵です、
車輪が大きく山車全体が堂々としています。
今成町の山車 鈿女
白狐の演舞は注目されます。
今成町の山車は他の山車とは違って車輪下部の辺りが変わっています、
大前輪部の内側に鉄製の小車輪3基が有り山車の方向
変換が簡単にできる様な構造になっています。
前部大車輪は地面から少し浮いて離れて運行中動きません。
車輪付きの人に理由を聞いたのですが運行が始まり
聞きそびれました。
 可愛いわんちゃんも祭りに興味が有るのでしょう
このわんちゃんに人が集まってました。
 
 この山車は小輪と大輪の組み合わせ構造で方向変換が舵取り棒でできる様です
 
 舵取り棒の構造
 1人で操作できる様でした。
 
 休憩所が増えました 常設2箇所臨時6箇所 
トイレも常設仮設合わせて25カ所
設置されて、大分改善されたなと感じます
 
 駐車場を閉鎖して、臨時喫煙所が出来てました。
喫煙者喜んでましたが年々喫煙者は肩身が狭いですね(笑)
 
 臨時駐車場(自転車)が学校校庭に設けてありました、
祭り中に市内への自転車は混雑のため乗り入れはほとんど
出来ませんが近辺から祭り中心部までの交通には助かります。
(小生の場所からは遠すぎて自転車は無理)
 
 祭り見物を終えて駅に向かう脇道には植木屋さんの屋台が
数軒出ています。初めて通った脇道、新発見でした。
 
 本川越駅前に帰り着くとそろそろ曳っかわせのための
山車が数台と集り見物者も益々多くなったようです。
曳っかわせ夜の部見物の体力も無くなりましたので
そろそろ帰途に着くことにしました。
 
 若い人はまだまだ頑張るようです、今日は天気も良く
温暖ですので、地面に腰を据えて待つのでしょうか? 
アンズ飴美味しそうでした。
 
本川越駅改札口 16時30分ともなると帰途に就く
人が多くなって、みなさんややお疲れの表情です、
「お疲れさんでした、お気を付けておかえりください。」 
 
 終り
 
 










JINSANの家

彩の国
埼玉県川越の住人
  JINSAN