本文へスキップ

 

川越祭り

川越祭りは川越市にある氷川神社の例大祭[祭祀]を起源として直後に行われる神幸祭りや山車行列[祭礼]から成り立っているお祭りです。川越祭りの起源は古く慶安元年(1648年)に城主であった松平伊豆守が氷川神社へ神輿や祭礼用具を寄進して祭礼を奨励し慶安4年に神幸祭が氏子の町々を渡御したことに始まります。10月中旬の土曜日、日曜日には20数台ある山車が曳き回しや宵山、山車行列が街中で見られ当日は多くの観光客が川越の街を訪れます。伝統ある川越祭りを見物においでください。