川越時間旅行 77
昭和20年の福原国民学校


川越時間旅行77

昭和20年の福原国民学校
市立博物館℡ 22215399

上の写真は、昭和20年の福原国民学校(現在の
福原小学校)でつづられた日誌です。
この日誌には、児童の出席・欠席人数や、特記
的な事項が書かれていて、その記述を見ると、来
校者や欠席者の名前、児童たちの労働奉仕、警戒
警報・空襲警報が発令された様子などが分かりま
す。左の写真にある8月15日には、「正午、天皇
御自ラ ラジオニテ御放送 詔書下サル」と書かれ
ていて、昭和天皇による玉音放送が行われたこと
が記されています。この日の気温は32度、前日の
14日が28度だったので、「あの日は暑かった」と
よく言われていることが分かります。
市立博物館で開催中の収蔵品展「戦中・戦後の
川越の歩み」では、この日誌をはじめ、主に昭和
10~20年代の資料約140点を紹介し、この時期
の川越の歩みを振り返ります。多くの皆さんから
頂いた資料を通して、出征した兵士や兵土を送り
出した人々がどんな境遇にあったのか、
どのような時代だったのかを学び、平和
な時代に生きる尊さを考える機会となれ
ば幸いです。
期間…9月2日(日)まで 経費…入館料200円



川越時間旅行 78
  市立博物館℡22215399
日本刀-守り伝えられる一千年の歴史

川越時間旅行 78
  市立博物館℡22215399
日本刀-守り伝えられる一千年の歴史


現在、博物館では埼玉県刀剣保存協議会と共催
で「埼玉県名刀展」を開催しています。
日本刀は平安時代後期に誕生し、長い戦いの歴
史の中で、その姿を変えてきました。用に徹し、
洗練された美しさは「くろがねの芸術」ともたたえられています。

刀剣は見かけによらず弱く、持ち主が手入れを
怠るとすぐにさびてしまい、研磨が必要となりま
す。刀剣を良好な状態に維持するためには、良い
鞘と鎺(はばき)(鍔元を止めておく金具)が大切です。各時
代の持ち主や職人、たくさんの人の手間が掛けら
れて、現代まで伝えられ、今ここにあるのです。

同展では、こうした日本刀の一千年に及ぶ歴史
を見ることができます。展示品は、同会員秘蔵の
刀剣・小道具をはじめ、博物館からは、鎌倉時代
の備前一文字派吉房の太刀が、特別出品されています。
多くの人の手により受け継がれてきた、日本刀
のもう一つの歴史にも思いをはせて、
同展をご覧いただければ幸いです。

期間…9月24(休)まで 経費…入館料

川越時間旅行 79

川越ゆかりの美の巨匠たち2 日本画家・久保提多

 

川越時間旅行 79

市立美術館℡228-8080
川越ゆかりの美の巨匠たち2 日本画家・久保提多

左の絵は、「聖尼格刺図」と題された大変不思
議な作品です。赤い服の印象のあるサンタクロー
スを、なんと水墨で画面いっぱいに描いています。
作者の久保提多(1885~1955)は、画家と
しては無名ですが、「こんな画家が川越にいたの
か」と驚かされる非凡な画技を備えた人物でした。
青森県出身の提多は、明治37年(1904)、東
京美術学校日本画本科に特待生として入学しま
す。4年後、同校を首席で卒業し、故郷青森の中
学教諭となりますが、画業に専念すべく再上京。
しかし、不況により大正6年(1917)に再び教
諭となり、その翌年、県立川越中学校(現在の県
立川越高校)に転任し退任まで同校で図画を教え
ました。教員を本分とする提多は、作品を展覧会
には出品しませんでした。現在知られる作品の多
くが晩年の作です。作風に彼が傾倒した狩野芳崖
に連なる明治期の趣が漂うのは、流行に左右され
ずに自身の理想を追求できたからでしよう。
現在、川越市美術展覧会で優れた日本画作品に
授与される「久保提多賞」は、提多の死後、遺族
からの寄附を契機に設定された賞で、提多の功績
を象徴しています。市内在住の鈴木常雄さんから
寄贈された「聖尼格刺図」は、12月20日(木)から
来年2月11日(祝)までの常設展第4期で、公開を予定しています。
時間旅行80

川越とサツマイモ

時間旅行80

川越とサツマイモ

                   市立博物館215399

川越は多くの観光客が訪れる観光地となり、道
行く人々が土産物を手にしながら歩く姿をよく見
掛けます。さまざまな土産物がありますが、川越
と言えば、やはり今も昔もサツマイモを使ったお
菓子などを思い浮かべるのではないでしょうか。

サツマイモは、江戸時代初期に外国からもたら
され、関東では、享保20年(1735)に青木昆陽
が試作に尽力し、多くの人々を飢えから救いまし
た。その後、千葉や川越地方を中心に生産が広が
り、特に川越のサツマイモは、関東ローム層の特
徴的な地質と新河岸川舟運での輸送によって江戸
の人たちの需要を支え、「川越本場」「川越いも」
として名声を博しました。
企画展「川越とサツマイモ」では、「川越本場」
の記載がある文献資料や新河岸川舟運の関係資料
をはじめ、川越とサツマイモとのかかわりの深さなどを、
江戸から今にいたるまでの約120点の資料から探ります。
長い年月をかけて育まれた川越の名物の姿をご覧ください。
期間…11月25日(日)まで 経費…入館料
200円

小江戸川越の歴史を尋ねて-46
時間旅行77
福原国民学校
時間旅行78
日本刀歴史
 
時間旅行79日本画家
久保提多 
時間旅行80
川越と
サツマイモ