川越時間旅行 77
昭和20年の福原国民学校


川越時間旅行77

昭和20年の福原国民学校
市立博物館℡ 22215399

上の写真は、昭和20年の福原国民学校(現在の
福原小学校)でつづられた日誌です。
この日誌には、児童の出席・欠席人数や、特記
的な事項が書かれていて、その記述を見ると、来
校者や欠席者の名前、児童たちの労働奉仕、警戒
警報・空襲警報が発令された様子などが分かりま
す。左の写真にある8月15日には、「正午、天皇
御自ラ ラジオニテ御放送 詔書下サル」と書かれ
ていて、昭和天皇による玉音放送が行われたこと
が記されています。この日の気温は32度、前日の
14日が28度だったので、「あの日は暑かった」と
よく言われていることが分かります。
市立博物館で開催中の収蔵品展「戦中・戦後の
川越の歩み」では、この日誌をはじめ、主に昭和
10~20年代の資料約140点を紹介し、この時期
の川越の歩みを振り返ります。多くの皆さんから
頂いた資料を通して、出征した兵士や兵土を送り
出した人々がどんな境遇にあったのか、
どのような時代だったのかを学び、平和
な時代に生きる尊さを考える機会となれ
ば幸いです。
期間…9月2日(日)まで 経費…入館料200円



川越時間旅行 78
  市立博物館℡22215399
日本刀-守り伝えられる一千年の歴史

川越時間旅行 78
  市立博物館℡22215399
日本刀-守り伝えられる一千年の歴史


現在、博物館では埼玉県刀剣保存協議会と共催
で「埼玉県名刀展」を開催しています。
日本刀は平安時代後期に誕生し、長い戦いの歴
史の中で、その姿を変えてきました。用に徹し、
洗練された美しさは「くろがねの芸術」ともたたえられています。

刀剣は見かけによらず弱く、持ち主が手入れを
怠るとすぐにさびてしまい、研磨が必要となりま
す。刀剣を良好な状態に維持するためには、良い
鞘と鎺(はばき)(鍔元を止めておく金具)が大切です。各時
代の持ち主や職人、たくさんの人の手間が掛けら
れて、現代まで伝えられ、今ここにあるのです。

同展では、こうした日本刀の一千年に及ぶ歴史
を見ることができます。展示品は、同会員秘蔵の
刀剣・小道具をはじめ、博物館からは、鎌倉時代
の備前一文字派吉房の太刀が、特別出品されています。
多くの人の手により受け継がれてきた、日本刀
のもう一つの歴史にも思いをはせて、
同展をご覧いただければ幸いです。

期間…9月24(休)まで 経費…入館料

小江戸川越の歴史を尋ねて-46
時間旅行77
福原国民学校
時間旅行78
日本刀歴史