小江戸川越の歴史を尋ねて−1

八坂神社 古尾谷八幡 三芳野天神 献上太刀 筒粥神事


八坂神社社殿
八坂神社社殿(氷川神社内・県指定文化財)
氷川神社(宮下町二丁目)に残る八坂神社社殿は、寛永十四年(一六三七)に江戸城の一の丸東照宮として建立されました。しかし、その後、江戸城内の紅葉山東照宮に合祀されたことにより、空宮となつたため、明暦二年(一六五六)に川越城内の芳野神社の外宮として移築されました。
 

明治五年(一八七二)、川越城の廃城により、現在の氷川神社の境内に移され、八坂神社社殿となりました。

昭和三十三年に行われた解体修理工事のときには、盛り土げ金箔の彩色が残されていることがわかり、創建当時の様子がしのばれました。
社殿の屋根は、銅板本葺の入母屋造り。建坪は約六坪(約二十平方メートル)で、拝殿の部分の桁行は三間(約五・四メートル)、はり間二間(約三、六メートル)で回り縁を備えています。
本殿は桁行三間問、はり間が二間あります。内陣の格天井の天井板には、江戸初朝に描かれた草花の絵が残っています。

また、社殿に使われている部材の大きさ(木割)などから考えると、建立された当時は、相当の規模であったことが推測できます。
そして、江戸から川越へ移築された明暦二年のときに、現在の凸字型の社殿に縮小されたのではないかと思われます。

八神社社殿は、江戸城内の宗教的建造物の遣構としては、全国でも唯一のものとして、その歴史的価値が高く評価されています。

古尾谷八幡神社古尾谷八幡神社
(旧本殿と社殿・県指定文化財) 古尾谷八幡神社は、貞観年間(八五九〜七七)に京都の岩清水八幡宮を分祇したと伝えられ、古尾谷圧十三村の総鎮守として崇敬されました。
元暦元年(一一八四)源頼朝が新たに社殿を造営。弘安元年(一二七八)に藤原時景が復旧後、再び荒廃したため、天正五年(一五七七)に当地の領主、中資信が再建しました。
現在の本殿西側に建つ旧本殿は、天正五年二月九日の棟札が残り、このときのものと考えられます。

旧本殿は正面二間、側面一間の二間社流造り。二間社の見世棚形式としては規模が大きく、全国的にも珍しいものです。また、組み物、垂木の面取りや反りなど、手間のかかる技術が用いられ、市内でも少ない桃山時代の貴重な建造物。
大正十三(一九二四)に屋根が瓦葺きから銅板葺きに変更され、現在の外観になっています。
現在の社殿は、棟札から吉尾谷庄十三村が施主となり、享保七年(一七二二)に完成。本殿と拝殿を幣殿でつないだ権現造りで朱塗りの外観を持ち、本殿と幣殿の周りには透塀が巡らされています。
本殿は、正面三間、側面二間。屋根は入母屋造り銅板葺きで千木と鰹木が載り、蟇股、龍の彫物の脇障子、深い軒を支える組物など堂々としたものです。拝殿は正面六間、側面二間屋根は入母屋造りで大正一三年に旧本殿同様、瓦葺きを銅板葺きに変更しました正面には二間の向拝が付き、開口部ば蔀戸になつています。
本殿内部には入母屋造りで正面に唐破風、千鳥破風が付き、極彩色が施された宮殿があります。
川越市広報紙より

三芳野天神絵巻三芳野天神縁起
(絵画・県指定文化財) かつての川越城内にあり、「お城の天神さま」として親しまれ、童謡「とおりやんせ」の発祥の地であるとも伝えられている三芳野神社(郭町二丁目)は、平安初期に草創されたといわれています。
両社の長い歴史を絵巻物という形式で伝えているのが、芳野天神縁起です. この絵巻には芳野天神の草創時から、寛永九年(一六二四)に川越城主・酒井忠勝が幕府の命令により再建造営したときの遷宮式までの経緯が、伝説と史実を織り交ぜながら記されています。
この縁起は、慶安二年(一六四九)正月に当時の川越城で知恵伊豆と呼ばれた松平伊豆守信綱が奉納しました。そのため、表紙の生地には、信綱がかつて大久保氏を名のっていたころの家紋である桜が織り出されています。
三芳野天神縁起は、極彩色の大和絵と流麗なかな交じりの詞書から成っています。また、縦三十六.三センチ、横九十四.二センチほどの紙を、十枚つなげて一巻としており、金梨子地漆塗りの箱に納められています。
巻末には詞書があリ、本文は林道春(羅山)の撰とあります。また、享和元年(一八〇一)に鍛冶町(現在の幸町)の名主中島孝昌が著した「武蔵芳野名勝図会」によると、書は本阿弥光悦、絵は勝田沖之丞(竹翁)であると伝えられています。
県内に残存する本格的な縁起絵巻ば数少なく、美術的・歴史的に貴重な作品ということができます。
徳川将軍献上太刀(工芸品・県指定文化財)
喜多院を復興した天海は、江戸幕府を開いた徳川家康を始め、秀忠・家光の代にわたって仕え、幕府の政策に対し大きな影響を与えました。 そのため、喜多院は歴代の将軍からの信仰も厚く、七口(一口は重要文化財・六口は県指定文化財)の将軍献上太刀が現存しています。
県指定支化財の太刀の中で、市立博物館開館十周年特別展に展示された四代将軍・徳川家綱献上の太刀は、磨上げ(成の刀剣を短くする仕上げ)が施され、茎尻(刀の柄に入っている部分)には、国資(鎌倉時代末期の肥後延寿派の刀工)の銘があり ます。地刃ともに健全で、優れた出来栄えになっています。金梨子地糸巻太刀拵は、補足されている部分がありますが、製作年代は江戸初期を下らないとされています。

家綱献上の太刀以外の県指定文化財の太刀には、五代将軍・綱吉のものが二口(室町時代初期・備州長船良守作と江戸時代・肥前守藤原広貞作)、七代家継(室町時代・初期備州助氏作)、九代家重(江戸時代・藤原国正作)、十代家治(江戸時代・藤原康継作)が献上したものがあります。
いずれの太刀も一部に補修個所が見られますが、地刃健全なものばかりで、金梨子地葵散糸巻太刀拵になっています。製作年 代は、江戸初期から元禄年間ごろまでではないかとされています。どの太刀にも献上目録が添えられてあり、評価の高いものばかりです。川越に残る葵の紋。その数よりも深い結びつきが、川越と江戸との間にはあつたように感じられる史料です。

筒がゆの神事 筒がゆの神事
(市指定無形民俗文化財) 小正月に当たる一月十五日に行われる(がゆの神事)は、その年の作柄、天候などを占う神事です。
長さ七寸(約二十一センチメートル)のアシの茎十八本をすだれ状に連ねて巻いたヨシ筒(ヨシはアシの別称)に入った米粒の数で占います。未明から水一斗、米一升、小豆1合をおおなべで煮始め、日の出のころ、ニワトコの木の先を十字に割り、先に団子を挟んだ一本のカユカキボウでヨシ筒を挟み、釜の中に人れ、かき回して取り出します。ヨシ筒は神前に備えられ、茎を割って中の米粒が数えられます。
占いは、大麦・小麦・大豆・小豆・大角豆・早稲・中手・晩稲あわ・ひえ・木綿・芋・菜・大根・そば雨・風・日の十八項目。五粒より多ければ豊作、少なければ不作とし、十は零にかえることになります。
小豆がゆを食べると虫歯にならないと伝えられ、昔は市内各地で行われましたが、今では、この藤宮神社(石田)だけで行われる年中行事になっています。