小江戸川越の歴史を尋ねて−10


武士時代のリサイクル 川越城址  川越城址
堀跡
 元町遺跡  元町遺跡2


歴史を今に伝えて  92

                                  武士の時代のリサイクル

    川越市内で、江戸時代より前の武士の時代 (鎌倉時代〜戦国時代)の遺跡を発掘すると、当時使われた生活道具に関する出土品が非常に少ないことに驚かされます。

それは、さらに古い時代 (平安時代以前) と比べても少ないのです。特に不思議なのは、煮炊き用のなべやかまといった鉄製品が、まつたくといっていいほど見つからないことです。これは川越に限らず、ほぼ全国的な傾向といえます。
 では、はたしてこの時代の人々は煮炊きをしていなかったのでしょうか。そんなはずはありません。当時の絵巻物を見ても台所にはなべやかまが描かれています。

ごくまれにですが、絵巻物と同じような鉄製のなべやかまが発見されることがあります。

この時代、鉄製の煮炊き用の道具が普及していたことは確かなのです。なぜ見つからないのでしょうか。
 長く使って穴のあいてしまったなべやかまは、修理をして使い続けていたと考えられます。そして、いよいよ使えなくなると、新たな鉄製品を作るために溶かしたと思われます。
 つまり、なべやかまを修理・回収・再生するリサイクルのシステムが完ペきに機能していたために、ごみとして捨てられることがなかったと考えられます。だからこそ、いくら発掘をしても見つけることができないのです。
 中世は 「武士が活躍する荒々しい時代」 という印衆がありますが、「少ない道具を有効に活用し、再利用するシステムが整っていた時代」 という一面も、出土しないなべやかまから浮かび上がってきます。

歴史を今に伝えて  93

                                  川越城跡

 
川越城は、室町時代中ごろの長禄元年(一四五七)、扇谷上杉持朝の命を受けた太田道信・道灌父子によって築城されました。

以後、明治維新を迎えるまで、川越城は約四百年間存続しました。
 図の川越城は、慶応3年(一八六七)ごろのものです。江戸時代の元禄年間(一六八八与一七〇四) ごろまでに整備された、近世城郭として完成した範囲を描いています。

築城当時の範囲については絵図などの資料がなく、詳しい事はわかりません。ただ、江戸時代に拡張された部分を除いた、本丸・二の丸・三の丸を合わせた程度が中世の川越城の範囲であったと推定されます。
 そして、図の川越城の範囲は埼玉県指定史跡川越城跡の範囲でもあります。この城跡の発掘調査は二十数か所実施され、その結果、新たな事実も確認されています。平成十四年度、市道一号緑の拡幅改良工事に伴う市立博物館前の発掘調査では、中世の堀跡が確認されました。

この堀跡は江戸時代の絵図には描かれていませんでした。この発掘調査の成果によって、中世二の丸の姿の一端を知ることができました。
 今後も、発掘調査の成果が蓄積されることによつて、絵図にない川越の姿が少しずつ明らかになっていきます。
    

歴史を今に伝えて  94

                                  川越城跡A

 
                                                          
 近世の川越城は、五代藩主・松平伊豆守信綱によって明暦二年(一六五六)に完成し、総面積約百五十万平方メートルにおよぶ広大な城でした。城の整備は、二代藩主・酒井忠利のころに始まったと考えられ、完成まで約六十年の歳月を要したことになります。


 近世の川越城の特徴的な遺構としては 「堀」 と 「土塁」 があります。「堀」 は外部からの侵入を防ぐために土地を掘り下げたもので、そのときに排出した土を使い、その内側に積み上げた土手が 「土塁」 です。ほとんどの 「堀」 「土塁」 は、明治以降に埋められたり、崩されたりしたため、現在はその一部分しか残っていません。当時の堀の様子を残す場所としては、富士見櫓跡周辺が知られていますが、埼玉県教育委員会の調査では、本来の堀の底は、現在の地表面から二・五メートルほど下にあったことがわかっています。


 平成十一年度に実施した川越城跡第十三次調査では、戦国時代の堀を埋め立て、新たに近世の堀を掘り直した状況が確認できました。
この堀跡は、逆台形型で上幅約十メートル、底幅約四メートル、深さ約五メートルの平らな底面をもつ堀でした。近世の川越城には、この規模の堀が周囲に巡らされ、外部からの侵入を防いでいたと考えられます。
 堀跡は川越城の当時の姿を私たちに教えてくれる、象徴的な遺構といえます。

歴史を今に伝えて  95

                                   元町二丁目遺跡
 
 黒しっくいの蔵造り商家が建ち並ぶ一番街は、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、毎日大勢の観光客でにぎわっています。その一番街に昨年九月、川越まつり会館が開館しました。工芸技術の粋を集めた山車を間近でご覧になつた方も多いと思います。

ところで、川越まつり会館が出来る前、ここで発掘調査が行なわれていたことをこ存じでしたか。ここには、試掘調査で古墳時代から江戸時代にかけての遺構があることがわかり、建設に先立って平成八年・九年と同十三年に発掘調査を行いました。
 城下町の中心地であっただけに、調査では土蔵の基礎が何棟分も検出されました。基礎は粘土・こぶし大の石・砂利などを交互に幾重にも積み固めた上に、一抱えもある玉石を載せてあり、重厚な蔵造りを支えるのにふさわしい物でした。
 江戸時代から度重なる火事に見舞われている川越は、そのつど、まちの人々によって復興が図られています。その際、火事跡のごみを埋める穴がたくさん掘られました。あとに建てられた土蔵が、こみ穴の上に乗っている例も見られます。
このような地盤の弱い所の建物は、傾かないように基礎の下に太く長いくいが何本も打たれていました。
 こうした大規模な基礎工事は、当時の商人の財力と、とび職の技術の確かさを伝えています。蔵造りの重厚さと美しさは、多くの職人たちの熟練の技によるものですが、私たちがふだん目にすることのない基礎にも、その技術が生きています。
    

歴史を今に伝えて  96

                               もと・まち
                     元町二丁目遺跡A 96 


 左の写真は、元町二丁目遺跡の江戸時代のごみ捨て穴から見つかった文字の書かれた板です。@は、長さ五十センチほどの板で 「婦るひき怒」 と書かれています。何と読めますか? この板の裏側には、ひらがなで 「ふるひきぬ」 と書かれています。

そう「古い衣、つまり古着のことです。板の上部に穴が空いていることから、店につるされていた展示用
の札であったと考えられます。
 なんだ古着かと思われるかもしれませんが、江戸時代は新品よりも古着を買って着るほうが普通だったようです。

江戸城天守閣をはじめ江戸市中のほとんどを焼失した 「明暦の大火」 は、別名 「振袖火事」。これは、恋わずらいで病死した娘の振りそでが古着屋を通して裕福な家庭の娘へ渡り不幸を招いたため、寺で焼こうとしたら火事になってしまったという話から、そう呼ばれています。この話からもわかるように、
江戸時代の裕福な家でさえ、古着を着ることが普通であったことがうかがえます。


 Aは、長さ約二十五センチ、表札くらいの板です。表に

はりまやりへえぷしゅうかわごえみなみちょうおうみやじへえどの
「播磨屋利兵衛 武州川越南丁 近江屋治兵衛殿」 裏に
     かんだとみまつちょう
「道中安全 神田富松町」 と書かれています。近江屋治兵衛は、現在の川越まつり会舘の北側に店を構えていた沼田呉服店
    ちかじ
(屋号 「近治」)の店主。

この札は、江戸時代に神田富松町 (現在の千代田区東神田辺り)の播磨屋利兵衛が川越南町
(現在の元町二丁目)の近江屋治兵衛に送った荷に付けていた札と思われます。もしかしたら、その荷の中には古着が含まれていたのかもしれませんね。