小江戸川越の歴史を尋ねて−11
笠幡浅間神社のヒヨクヒバ  山下家住宅 斉藤家住宅    大野家文書 石田の獅子舞
歴史を今に伝えて97            笠幡浅間神社のヒヨクヒバ
                                             
                                      笠幡浅間神社のヒヨクヒバ

 市の教育委員会では、三月二十四日に新たに五件の文化財を指定しました。
まず建造物の「山下家住宅」(追加指定)・「斎藤家住宅」、古文書の「石田本郷大野家文書、
無形民俗文化財の 「石田の獅子舞」、そして、天然記念物の 「笠幡浅間神社のヒヨクヒバ」 です。
また、三月二十三日には、「大堀山館跡」 (おおほりやかたあと)が県指定史跡となりました。
 そこで新指定文化財を六回にわたってご紹介します。
         ヒヨクヒバは、ヒノキ科ヒノキ属の常緑針葉低木です。
サワラの園芸品種として植栽され、日本各地に広く分布しています。枝が並んで垂れ下がる様子から、二羽の鳥が互いに翼を並べるように仲のいい様を表す 「比翼」 にちなんで 「比翼檜葉」(ひよくひば)と書きます。
また、枝が細長く糸のように伸びて垂れ下がるのでイトヒバともいいます。
 笠幡本町地区の開けた畑地の中に、浅間神社を祭った高さ約二メートルの塚があり、塚の西側斜面にヒヨクヒバは植えられています。
 このヒヨクヒバは、樹齢は不明ですが、高さ九メートル、幹周り二・三メートル、根周り三メートル、枝張りは東西六メートル、南北八・二メートルの大きさで、市内で大きい部類に入ります。
 周囲には大きい樹木がなく、日当たりのよい恵まれた環境です。幹に欠けているところがありますが、自己回復力で修侵し、生育の勢いは未だ衰えを知りません。


歴史を今に伝えて98            山下家住宅
                                             
                                      山下家住宅「内蔵・仲町」

  だいく まち  ろっ けん まち  れんじゃくちょう
 旧大工町 (現在の六軒町二丁目・連雀町) の通りを北へ突き当たる所に、端正な顔立ちをした山下家の白い蔵があります。この店蔵は、昭和六十三年に市の文化財に指定されました。
 建物西側の璧から奥へ住宅棟を経て、ほぼ直線的に延びる壁面は土璧で仕上げられ、防火のため開口部がありません。これに連なる奥の土蔵 (内蔵) が今回、市の文化財に追加指定されました。
 内蔵は、小屋組みを支える牛ばりにある墨書から安政四年 (一八五七) の建築ということがわかっています。
土蔵の前面に張り出したそで璧がアクセントとなり、この建物を特徴づけています。川越の町家は中庭型の棟の配置を基本としていますが、中庭を挟んで奥に建つ土蔵は南側に開口を取り、そのために北西の風による火の侵入を防ぐ目的でそで壁が設けられたものと考えられます。
土蔵の壁面仕上げは白しっくいですが、腰巻きや一階および二階の観音扉などを黒しっくいで仕上げるなど、表の建物同様、色の対比が際立って美しく、川越職人の心意気が伝わってるる建物です。
 今も現代的な印象のある山下家は、江戸時代後期に、すでに防火型の町家形態を備え、大沢家住宅などと同様に、大火後の復旧の際の手本になったものと思われます。

歴史を今に伝えて99           斉藤家住宅
                                             
                                     斉藤家住宅(下新河岸)しもしんがし

斎藤家住宅は、高階地区と南古谷地区を結ぶ旭橋の新河岸川右岸に立地しています。

斎藤家は、下新河岸の河岸場が開設された江戸時代初期の寛文年間(一六六一〜一六七三)ころから屋号を「伊勢安」いせやす と称し河岸問屋を営み、昭和初期ごろまで営業していました。
新河岸川舟運が繁栄していた安永三年(一七七四)ごろ、下新河岸の河岸場には伊勢安をはじめ、七軒の河岸問屋がありました。しかし現在は伊勢安一軒だけが河岸問屋の面影を今に伝えています。

今回指定された斎藤家の土蔵は、母屋の南に一列に並ぶ三棟の土蔵です。通りに面した方から味噌蔵・米蔵・素麺蔵と呼ばれています。 それぞれの蔵は、奥の素麺蔵が古く、元禄十三年一七〇〇)ごろ、通りに面する味噌蔵が寛政十二年(一八〇〇)ごろ、真ん中の米蔵が文政三年(一八二〇)ころに建てられたといわれています。

  文化財指定前の修理により、外壁に現代の塗料が塗られるなど、外観に一部変更が見られますが、自然木が用いられた味噌蔵、柱と柱の間には江戸時代前期以前の工法が見られるなど、内部は当時の様子をとどめています。また、米蔵に見られる出入り部の装飾性の高いデザインは、斎藤家が繁栄していた当時の様子をうかがわせます。

 江戸時代の土蔵が三棟並んで建っているのは、市内でもほとんど例がなく、かつての新河岸川舟運の活況ぶりを知ることができる数少ない遺産です。

  
歴史を今に伝えて100       石田本郷大野家文書
                                              石田大野家本郷文書 
                                   
  石田本郷大野家文書二十五点は、三月二十四日付けで市指定文化財に指定されました。
 これらの文書は、おおまかに三種類に分けることができます。
@戦国時代の文書・五点
 後北条氏が河越本郷の大野氏にあてて出した、支配関係の文書です。当時大野氏が、この地域の中心的な地位を占めていたことがわかります。

A江戸時代初期の徴税(年貢割付) 関係文書・九点
寛永十四年(一六三七)から元禄三年(一六九〇)までの石田本郷村年貢割付状です。
田は米、畑はお金での納入額が定められています。これらの文書から、当時の村の様子を知ることができます。また、これら文書の中には、松平信網・信輝の黒印状が含まれています。

B江戸時代後期の金融(借銭)関係文書・十一点
 石田本郷村の村人が、喜多院からお金を借りている内容を記した文書です。

@は、後北条氏による領国内の村支配のありさまを示す重要な文書です。
Aは、堀田氏の時代から大河内松平家時代の川越藩政を知る上で基本的な史料であり、信綱・信輝黒印状が残っていることと合わせて考えても、貴重な史料といえます。
Bからは、石田本郷村と喜多院とのかかわりをうかがうことができます。
 現在これらの文書は、市立博物館に保管されています。
  
歴史を今に伝えて101       石田の獅子舞
                                      石田の獅子舞(いしだのししまい)  101
                                   

  石田藤宮神社に伝わる獅子舞で、農作物を干すような動作で舞うことから 「干し物獅子」とも呼ばれます。
かつては、四月八日の春祈とう、七月十四日の天王様、十月十四日のオヒマチ (秋祭り) の年三回行われていました。
二十年ほど前に後継者不足などで中断しましたが、獅子頭があるのにもったいないと、囃子連の若者が中心となって、平成十年に獅子舞を復活させました。
現在では、四月の第二日曜日・七月十四日、十月十四日 (実施しない年もあります) に行われています。
 獅子は、大獅子・小獅子・女獅子の三頭で、大獅子は巻角、小獅子は剣角、女獅子は宝珠を載せています。
獅子のほかに山の神 (ハイオイともいう)一人、ササラッコ四人、ちょうちん持ちとほら貝吹き、それに筒方と歌方が数名加わります。
 昭和初期までは、大正寺 (現在は廃寺) で舞ってから藤宮神社に練りこみましたが、現在は神社参道の入り口で行列を整えてから神社前で舞い始めます。曲目は、入端、岡崎、女獅子隠し、出端などで、舞の途中に「誉め言葉」と「返し言葉」のやりとりがあるのが特徴です。
 獅子舞の起源は不明ですが、獅子頭の収納箱に天明五年(一七八五) と記されているので、江戸時代半ばまでさかのぼると考えられます。
現在、石田地区の賛同者が加入した保存会の熱意は高く、今後ますますの盛り上がりが期待で
きる獅子舞です。