小江戸川越の歴史を尋ねて−12
大堀山館跡 木造観音菩薩  寛保の水害普請図  川越電気鉄道 川越電気鉄道2  
歴史を今に伝えて102            大堀山館跡
                                            県指定史跡大堀山館跡

下広谷地区の県道片柳川越線を北に向かい、坂戸市に入る手前の東側に、うっそうとした林があります。
その中に、三重の堀と土塁で囲まれた、一辺が約二百メートルある方形の城館跡、「大堀山館跡」 が眠っています。
大堀山はことし三月、埼玉県指定史跡になりました。 県内では、七百近い中世の城館跡が確認されていますが、平地に残る城館跡の多くは後の開発により破壊され、元の形をとどめるものは多くありません。
その中にあって大堀山は、県内で最大級の規模を誇るばかりか、林によって保護された結果、昔の面影をとどめています。 
 群雄割拠の戦国時代、関東の覇権をめぐり、扇谷(おうぎがやつ)上杉氏、山内(やまのうち)上杉氏、さらに古河公方(こがくぼう)らが入り乱れ争っていました。その中で交通の要衝を押さえることに、いずれの勢力もしのぎを削っていました。 大堀山の東には、鎌倉時代から室町時代にかけて、南関東と北関東を結ぶ主要ルートの鎌倉街道が通っていたと伝えられています。また県道片柳川越線は、扇谷上杉氏の川越城と山内上杉氏の鉢形城 (寄居町)・五十子陣(いかつこじん)(本庄市) を結ぶルートと重なります。つまり重要な二つのルートの交差点という軍事的にも要となる位置に大堀山は造られたといます。
 残念ながら、大堀山をいつ、誰が造ったというような史料は残されていませんが、今後の発掘調査による解明が待たれるところです。
歴史を今に伝えて103            木造正観音菩薩立像
                        木造正観音菩薩立像
木造正観音菩薩立像は、新河岸川の傍らに建つ渋井(しぶい)観音堂 (渋井) の本尊で、高さ八二・二センチ、寄せ木造りで目は玉眼です。頭の部分は正面に小さな阿弥陀立像を配し、髪は頭上で束ね、群青色をしています。
体は朱色の下地に金泥を塗り、着衣の部分は漆の上に金ばくを付ける技法が用いられ、みけんには水晶がはめ込まれています。
右手はひじを曲げ手のひらを前に見せ、左手にハスの花が握られています。右足を少し前に出し、腰をややひねったしなやかな姿勢で、ハスの花の形をした台座に立ち、優美で軽快な印象を受けます。
 この像は江戸時代に大きな修理が施され、光背や台座などもその際補われました。顔や腕も手直しされたため、表情にやや近世的な硬さが見られますが、全体的な立体構成などから鎌倉時代初期ころに定朝様式の流れをくむ旧派仏師が製作したものと考えられます。川越地方に伝来する平安・鎌倉時代の仏像の中でも、特に都風に洗練された美しい作品です。
 渋井観音堂は代々尼僧が受け継ぎ、安産・子育て・家内安全を祈願したと伝えられています。本尊は、六十年に一度ひのえうまの年に開扉され、水害が多い地区にもかかわらず、大切に守られてきました。
開扉は、明治時代末ごろから、みずのえ うまの年も加わり、六十年に二回となりました。 平成十四年開扉の際に調査を実施し、昨年三月二十四日に市指定文化財になりました。次の開扉は西暦二〇二六年、ひのえうまの年です。
     歴史を今に伝えて104     寛保の水害普請図

 
                    かんぼう てつだい ぶ しん ず
                    寛保の水害手伝普請図大絵馬

 五枚の板の上に直接絵が描かれた、縦九十九・三センチ、横百二十六・一センチの大きな絵馬で、屋根型をしています。
表には 「奉納□宝前」 「寛保三年□亥正月十五日」 裏には 「村中納之」 の文字が書かれています。寛保二年 (一七四二) 八月に関東地方を襲った、かつてない大水害の翌年に奉納されたことがわかります。
 絵馬の表面は、すすで覆われていて図柄の判別が難しくなっています。よく見ると、もっこを担いだり、大きなつちでくいを打ったりして水害の復旧作業を行う老若男女と、それを監督する役人の姿、総勢五十三人が描かれています。その描写は、躍動感にあふれ、作者の名は記されていませんが、熟練した画家の手により描かれたと考えられます。
この絵馬が奉納された渋井観音堂 (渋井) の周辺は、荒川と新河岸川に挟まれた低地帯であり、寛保の大水害では甚大な被害を受けた地区です。
寛保の水害は広範囲に被害を及ぼしたため、江戸幕府は手伝普請を諸大名に命じて、復旧に当たらせました。川越領を含む荒川右岸は、日向国飫肥満藩 ひゅうがのくにおびはん(現在の宮崎県日南市) の担当でした。
この絵馬に 「御用」 という文字が見えますが、このことから、この絵馬が手伝普請の様子を描いたものと思われます。 寛保の水害を描いた絵画資料は珍しく、また当時の河川改修の様子を知ることもできる貴重な資料です。昨年三月二十四日に市指定文化財になりました。
  
歴史を今に伝えて105   川越電気鉄道
                                             川越電気鉄道

 上の写真は、現在の大字小仙波(こせんば)と大字八ツ島(やつしま)の境を流れる九十川に架かる川越電気鉄道 (大正十一年から西武鉄道)の橋を大正十三年(一九二四)から昭和十年(一九三五)までの間に撮影したものです。
北側数メートルのところには現存する旧県道大宮線(現在の市道三三四三号線)の二枚橋(大正十三年架設)があり、その上から撮影したものと思われます。
 川越電気鉄道は、京都市で日本初の電車が開通してから十一年後の明治三十九年 (一九〇六) に、川越−大宮間で開通しました。
蒸気機関車が主流の当時としては、画期的なことでした。全国で七番目、県内初の路面電車で、人々からチンチン電車の愛称で親しまれていました。
 ところで、この写真の木橋の上を電車が通過することを考えると何とも心もとなく思われます。木の橋はここだけではなく、荒川に架かる橋も木で出釆ていました。
中央が一番高い弧を描く太鼓橋形態で、通過時には車両の重みで沈んでいくような恐怖感を覚えたといいます。
 昭和十五年 (一九四〇) 七月に国鉄川越線がほぼ並行して開通します。そして、鉄道省が木橋のままでの電車の運行を認めなくなりました。会社は鉄橋への架け替えが採算に合わないため、バスの運行に切り替えることにしました。チンチン電車は木の橋が原因で、同じ年の十二月に人々の前から姿を消すことになりました。
それは、開業から三十五年目のことでした。
歴史を今に伝えて 106
川越電気鉄道A

                                     川越電気鉄道A

上の写真は、聞知石(けんちいし)といって、本来は日本独特の石垣用の石材です。チンチン電車の愛称で親しまれていた川越電気鉄道の 「黒須くろす」停留所(古谷上)の東側には、当時、荒川が流れていました。軌道は土手を切り通して敷かれていて、その部分の土留めをするためにこの石が用いられました。石は四角すい形で横にして使うため、土留めをした壁面は、四角い石を積み上げたように四角すいの底面が見えていました。

御影石で出来た聞知石は、四角い面の一辺が約三十五センチ、長さが約五十センチという大きさです。廃業後に取り外され、近くの家の庭石などに転用されていました。
 右の写真は、枕木です。長さ二百五十センチ、幅十八センチほど、厚さ十三センチほどという大きさです。枕木には犬くぎ (線路を固定するくぎ) を打った跡の穴が両側に四つずつあり、その間隔は、内側から内側が百三十センチ、外側から外側が百五十三センチとなっています。
川越電気鉄道は、そもそも川越馬車鉄道としてスタートしたため、馬車軌間といわれる千三百七十二ミリの軌間(二本のレールの最短距離)を採用していました。軌間に対する犬くぎ跡の間隔が示すこの数値は、妥当なものと考えられます。
この枕木は、廃業後、物置台の代わりに使われていました。 明治三十九年一九〇六) に営業を開始し、昭和十五年(一九四〇)に営業を停止した川越電気鉄道。その歴史を今に伝える遺産は、ないに等しいのが現実です。また、この鉄道のことを知る人も、ほんとうにわずかとなりました。ここにあげた遺産は、非常に貴重な物といえます。