小江戸川越の歴史を尋ねて−13
高野山町石 大堀山館跡 宮沢家住宅 旧織物市場 旧栄養食配給所
歴史を今に伝えて  107   高野山町石

                         歴史を今に伝えて     107     高野山町石

和歌山県にある高野山町石道(九度山町ほか)は金剛峯寺への参道の一つで、一石五輪塔が二十キロ余りにわたり二百二十基建っています。塔の高さは二メートル前後で、寺までの距離・寄進者の名・建立年月日などが刻まれています。
一町 (約百九メートル) ごとに建てられたので 「町石」、町石が建てられている参道を 「町石道」といいます。空海が参道を開いた当初は木製だったようですが、文永二年(一二六五)、高野山の僧、覚教が石造りの塔による再興を提案し、安達泰盛らの協力を得て、二十年後に完成しました。
金剛峯寺を参拝する人々は一町ごとに拝みながら、寺を目指し歩きました。 

さて、参道に並ぶ町石のうち、金剛峯寺から百十一番目の町石は文永九年 (一二七二)、河越経重(かわごえつねしげ)が寄進したものです。経重は、上戸に舘を構えた河越重頼の子孫で、鎌倉時代中ごろの人物です。
重頼の娘が源義経の正妻として嫁いだため、重頼と義経は親類関係となります。頼朝と義経の仲が悪くなると、河越氏は一時衰退しますが、後に武蔵國の筆頭御家人となり、その勢力は回復します。
特に経重は芸能等にも優れた素質がありました。また、上戸の日枝神社へ銅鐘 (養寿院蔵) を奉納するなど財力もあり、町石の寄進もそれを示しています。 
高野山町石造は国指定の史跡で、昨年世界遺産として登録された、「紀伊山地の霊場と参詣道」 の一部でもあります。河越氏の隆盛をしのばせる町石は、紀伊山中に当時のままの姿で見ることができます。
歴史を今に伝えて108
大堀山館跡の発堀調査

                      大堀山館跡の発堀調査
 下広谷にある県指定史跡の大堀山舘跡は、一辺約二百メートル、三重の堀と土塁に囲まれた戦国時代の城跡です。
 堀と土塁は良好な状態で残っていますが、誰が造り、どのように使用していたのかがわかっていま
せん。そこで、史跡の全体像を解明するため、本郭の東側と二の郭の一部で発掘調査を行っています。
 いちばん内側の堀と土塁から、城が造られた時代を示すと思われる十五世紀後半の土器・陶器が出土しているほか、本郭からは当時の高級品である中国産の茶入れや、土器製のさいころが出土しています。城を築いた武士たちが、茶の湯やすごろくを楽しんでいたのでしょう。当時の建物跡はまだ見つかっていませんが、焼けた石や壁土が出土するため、城を使わなくなったときに燃やしたと思われます。
 今後、発掘調査が進めば、史跡の全体像がはっきりと浮かび上がつてくることでしょう。
歴史を今に伝えて
宮澤家住宅    109


                                                宮澤家住宅    109

六軒町一丁目を通る入間川街道に面した場所に、宮澤家住宅はあります。この辺りは、明治二十六年(一八九三) の川越大火の被害を受けてはいないものの、同大火の直後に建築されたというこの建物は、やはり川越らしく、厚い土壁で南北を覆う防火建築となっています。
 敷地は、間口が約二十メートル、奥行きが約三十五メートル.町家特有のうなぎの寝床のような敷地形状とは異なっています。
道路側正面にある二階建の母屋は、店と作業空間としての厨子二階(天井の低い中二階)の添屋と、奥の住まいが一体化しています。その奥には、文庫蔵、さらに大正期に建設された離れ座敷が渡り廊下にょって連なっています。
    
 室内を見ると、母屋の一階はかつて照降商(てりふりしょう履物と傘を扱う商売)を営んでいたころの店構えの様子がうかがえます。げたの陳列棚や傘をつるした折くぎ、揚戸(板状のシャツタ)などが残っていて、当時をほうふつさせます。

離れは、入母屋造りの平屋建。主屋と異なり開放的な造りです。室内は座敷と次の間からなり、天井が高くなっています。天井板には桐材を使い、廊下の角には扇垂木風の天井仕上げを用いるなど、書院造りの趣もある、しやれた建物です。

 宮澤家住宅は、川越における街道筋に面する町家の時代性・社会性などの豊富な意義を現代に伝える建築として、ことし三月に市指定文化財となりました。
史を今に伝えて 旧川越織物市場 110
         旧川越織物市場       110

 織物業は明治時代、わが国の基幹産業の一つでした。
しかし明治の末ころになると、金融恐慌の影響を受けて織物業は大きな打撃を受けました。この状況の中、旧川越織物市場は、川越の織物流通業界の起死回生の期待を担って、明治四十三年(一九一〇) に建設されました。
 市場は、広場を挟む木造二階建ての長屋二棟で構成され、平成十三年までは賃貸住宅として使用されてきました。建物の前面には長めのひさし空間があり、足利市や桐生市の織物市場に似たスタイルになっています。
一階の格子戸と雨戸の二重の揚戸は共に潜戸を持つ珍しい納まりで、格子越しに内部を見せるショーウインドー的な役割を果たしています。 さらに、和風建築ながら、ひさしは当時近代的な建築材料だつた、亜鉛大波鉄板を用いるなど、機能性重視だけでなく、大正モダンを控えた時代意識が具現化された建物とも考えられています。
 市場建築としていろいろな特徴を備えるとともに、建築当時の時代背景もうかがえ、また建築当時の材料もよく残されています。さらに、織物市場という産業遺構としての希少価値も高く、ことし三月に市指定文化財となりました。
写真のうち下部の4枚は平成14年8月に撮影したものです、この時点では建物が取り壊されることになって解体業者が現場の調査に来ていました。インターネットの連絡で様子を知り急いで出かけました。文化財指定がなされて一安心です。



歴史を今に伝えて     111
            まつ え ちょう    
旧栄養食配給所 (松江町二丁目)

                                     まつ え ちょう
                            旧栄養食配給所 (松江町二丁目)
 旧川越織物市場と同じ敷地の中にある、旧栄養食配給所は木造二階建ての建物で、今も入り口の上には、昔ながら の 「栄養食配給所」 の看板が掲げられています。
 建物の内部には配給所時代の、れんが造りのかまどやコンクリート製の水槽などがそのまま残されています。
旧川越織物市場と同じ明治四十三年 (一九一〇) に建てられたと考えられ、その後、数回増築されています。
 当初は、川越織物市場株式会社の事務所として使用されていました。昭和九年になって、市内の中小織物工業者がみずからの工場へ食事を配給するため、ここに栄養食配給所が開設されました。
 栄養食配給所として、昭和九年から同二十年まで十年ほど使用されました。なお、昭和十三年には、十九工場の四百八人分を配給していたという記録が残っています。
 建物としては、日本が戦時体制に向かう前の物資が少なくなっていく建設事情を反映しながらも、採光面積や換気設備などは当時の最新と考えられる国の基準に沿っています。かつては全国にあった栄養食配給所のうち、現在もこれだけ形が残っている物は希少であり、文化的価値が高いため、ことし三月に市の文化財に指定されました。