小江戸川越の歴史を尋ねてー14
山城上遺跡 山田八幡神社 鴨田八幡神社 南大塚菅原神社 的場八幡神社
歴史を今に伝えて  112   山城上遺跡

                         歴史を今に伝えて     112     山城上遺跡
                山城上道跡 (第三次調査) について 

 山城上道跡は、市内南西部の大東地区、大袋新田にあり、面積は約八百平方メートルあります。
その第三次調査をことし一月三十一日から三月十五日まで行いました。
 この遺跡は、入間川右岸の武蔵野台地と低地の境に立地しています。また、古代の主要路にあたる 「東山道(とうさんどう)武蔵野道」の推定ルートに近く、周辺には、入間川の対岸に、八幡前・若宮遺跡といった駅家(宿泊・休憩施設、馬の交換を行った場所) と推定される遺跡があり、それらに関連する遺跡と見られています。そして、入間郡衙推定地と考えられる霞ヶ関遺跡もあります。
 今回の調査では、「風字硯」ふうじけんと呼ばれるすずりが一点、住居跡から出土しました。このすずりは完全な形で発見され、平安時代ごろ (九世紀) の物と考えられます。この時代、すずりを使用できる人は限られていました。また一般的に、都や地方役所などの関連遺跡から出土しています。
このようなすずりが関東地方で、しかも住居跡から出土した事例はほとんどありません。今回の出土例は、とても注目される事例といえます。
 さらに、寺院の屋根に使用された瓦や、漆の運搬容器と考えられる須恵器のつぼも出土し、これらの遺物から、入間郡衙などの官衙施設 (役所) との関連性が想定されます。
 前記の立地条件を備えた山城上遺跡は、今回の調査で出土した遣物の特色から、官衙と密接に結びついた重要な遺跡であると考えられます。

歴史を今に伝えて  113 田八幡神社本殿付元禄十年棟札(山田
                     山田八幡神社本殿付元禄十年棟札(山田)

 教育委員会では、平成十三年度から同十五年度まで、市内の神社建築を調査しました。その成果を基に、川越市文化財保護審議会が審議し、七月二十二日、六件七棟の建造物が市指定文化財となりました。
 今回から、新指定文化財を紹介していきます。
山田八幡神社は、かつては近隣十か村の鎮守でしたが、江戸時代中期には、府川村と志垂村(現在の山田の一部)の鎮守になったといいます。
本殿は中規模の一間社流造(いっけんしゃながれつくり)で、屋根はこけらぶき。全体的に造りは堅実で、地方色を感じさせません。装飾は蟇股(かえるまた)(はりやけたの上に置かれる輪郭が山形をした部材)・紅梁(こうりょう)(はりの一種)・木鼻(きばな)(虹梁などの端が柱の外側に突出した部分)に見られ、格調の高さを感じます。

造営年代は、棟札から元禄十年(一六九七)と判明。また、宝暦十三年(一七六三)に板書きされた造営記録が残されています。これによると、元禄八年(一六九五)の正月に建築を始め、宝暦十三年にかけて屋根のふき替え、御宮(おみや)の塗り替え、境内の整備などの修理を行っています。修理は、地元の府川村や高沢町たかさわちょう(現在の元町もとまち二丁目)の人などが願主となりました。               
また、川越十カ町じゅっかちょうの商家二十三軒からも寄進を集めていて、かなり広い信仰圏を持っていた様子がうかがえます。
 保守的・伝統的な造りと意匠を持った本格的な建築として、川越の江戸中期を代表する神社本殿といえます。
歴史を今に伝えて 114
  かも だ はちまん 鴨田八幡神社本殿 (鴨田)
  
                                    鴨田八幡(かもだはちまん)神社本殿 (鴨田)
 「新編武蔵風土記稿」 によると鴨田八幡神社は、長禄二年(一四五八)、太田道真が河越城の鬼門に当たる方角から来る災難などを避けるために造ったといわれていますが、定かではありません。鴨田村の鎮守として親しまれ、明治維新のころまでは一乗院が別当を務めました。本殿は大型の一間社流造、(一けん しゃながれづくり)で屋根はこけらぶき・千鳥破風・軒唐破風を付けています。身舎の組物は尾垂木付二手先で、その間に暮股(かえるまた)をおき、小壁と板支輪に花木の彫刻を飾っています。
身舎(もや)とひさしは海老虹梁(えぴこうりょう)でつなぎ、二重の手挟みを配しています。海老虹梁は簡単な渦の線彫を施しているだけですが、対照的に手挟みは手の込んだ花木の籠彫(かごぼり)が施されています。ほかにも脇障子に花鳥、扉左右の脇壁に昇竜・降竜の彫刻を飾り、縁の下の小壁一面に波頭と花鳥の彫刻を飾っています。
 鴨田八幡神社本殿にある彫刻は、動物・植物・波紋などが主で人物の例はなく、物語性もありません。
 このような点を考慮すると、江戸時代末期に川越で流行した江戸彫を多用する他の神社の本殿と、鴨田八幡神社本殿は一線を画し、それらに先行するものと思われます。史料的
な裏付けを欠いていますが、十八世紀後期の造営と考えられます。
 歴史を今に伝えて 115
南大塚菅原神社本殿・拝殿
(つけたりたてちわり)                          
付建地割図一点造営関係文書二点万延元年棟札一枚
                           歴史を今に伝えて 115
                           南大塚菅原神社本殿・拝殿


社伝によれば南北朝期の創建で、慶長十一年(一六〇六)、この地を開発した藤倉大膳が信仰したと伝わっています。
江戸時代中期には、西福寺が別当を務めていました。
本殿は小型の一間社流造(いつけんしゃながれつくり)です。屋根は木瓦葦(こがわらぶき)で、千鳥破風・軒唐破風を付けています。身舎(もや)の組み方は複雑で、彫刻を多用しています。しかし、江戸時代末期に川越に流行した、江戸彫をふんだんに用いて壁一面に彫刻をはめ込むようなことはしていません。
 また、本殿の前に入母屋造(いりもやつくり)、桟瓦葦の拝殿があります。
 これも本殿と同時期の造営です。拝殿と本殿とは反橋(そりばし)で結ばれ、連続する空間を形成するという珍しい社殿構成になっています。
 この神社には建地割図一枚と、「天満宮御普請着帳」「天満宮木割覚帖(きわりおぼえちょう)」 の造営関係文書二点が残されています。これらの史料から、現本殿は万延元年 (一八六〇) 四月の造営で、地元の大工・瀧嶋秀五郎の手によるものとわかりま
す。棟札も残され、造営関係史料が豊富に残っていることからも貴重な建物といえます。

塵史を今に伝えて

               
的場八幡神社本殿 (的場まとば)116     
                      
             的場八幡神社本殿 (的場まとば)116

 的場周辺の開発にかかわった窪田家の屋敷神を現在地に移し、的場村上組の鎮守として社にしたのが始まりと言われ、江戸時代は法城寺が別当を務めていました。
 本殿は小型の一間社流造で覆屋内の石造基壇上に建ち、屋根は木瓦葦(こがわらぶき)とし、千鳥破風、軒唐破風を付けます。

精巧で複雑な架構と余すところなく埋めつくされた彫刻が見どころとなっています。特に圧巻なのは、身舎(もや)の側壁と正面の扉・脇壁にはめ込まれた彫刻です。扉に花鳥、脇壁にコイの滝登り、左側面に神功皇后(じんぐうこうごう)と赤ちゃん(のちの応神(おうじん)天皇)を抱く武内宿禰(たけのうちすくね)、右側面に司馬温公(しばおんこう)の甕割(かめわり)、背面に波・松・タカの丸彫り彫刻をはめ込んでいます。いずれも壁面から飛び出た肉厚の彫刻で、人物や事物が大きく彫られています。

 これらの彫刻は建築に補助的に付け加えて装飾するという程度を超え、建築の壁面を借りて彫刻を作品として展示するかのようです。背面は神社本殿の壁面としては高さに比べて幅がかなり広く、彫刻の寸法が建築に先行した可能性も考えられます。
 造営年代を直接示す棟札などの史料はありませんが、基壇に嘉永五年(一八五二) 八月吉日の刻銘があり、本殿の造営年代も同じころと思われます。