小江戸川越の歴史を尋ねてー15
木野目稲荷神社 砂新田春日神社   仙波の縄文土器 大堀山館跡A  永島家住宅 
歴史を今に伝えて  117   木野目稲荷神社
付嘉永五年棟札


                木野目稲荷神社本殿付嘉永五年棟札
 

 木野目地区は九十川流域に位置し、かつては洪水に見舞われることも多い場所でした。当社は五穀守護の神として勧請され、仁寿稲荷と呼ばれています。
本殿は覆屋内の切石積基壇上に据えられた小型の一間社流造(いつけんしゃながれつくり)で、屋根は板ぶきです。江戸末期に川越に流行する江戸彫を多用する本殿の一つですが、その中では、建築自体の架構(木組み)は比較的簡易な部類に属します。

 この建築のいちばんの見どころは、板璧にはめ込まれた彫刻。左側面は 「鶴」 「翁」おきな 「唐子」からこ、右側面は 「亀を助ける浦島太郎」、背面は 「天女」「鳳凰」ほうおう  「麒麟」きりん です。いずれも人物と背景、事物が程よく調和した優れた江戸彫で、背面の鳳凰の下に 「東都彫工元祖 嶋村俊元八代 嶋村俊表」 の刻銘があります。
嶋村家は俊元を祖とし、江戸中期から関東で活躍した彫物大工の名家で、俊表は江戸末期に活躍し、成田山新勝寺釈迦堂(成田市)・田無神社本殿(西東京市)、川越では氷川神社本殿を手がけたことが知られています。

 建立年代は、棟札から嘉永五年(一八五二)と判明します。
大工棟梁は惣滑谷粂造、小工は篠沢源造・根岸松五郎で、大工棟梁と彫物大工が分業していたことを史料的に裏付ける事例です。覆屋内にあって保存状態はよく、また建築・彫刻の質が高いことから、江戸末期に市内に流行する江戸彫を用いた本殿の一指標となる建築です。
所在地=木野目一一六二
歴史を今に伝えて
砂新田春日神社本殿(砂新田一四〇)  118

         
                              砂新田春日神社本殿(砂新田一四〇) 118

本殿は江戸彫彫刻で飾られた小型の一間社流造で、屋根はこけらぶきを模した板ぶきです。覆屋の板床上に据えられていますが、覆屋は三方に高欄を付けた舞台風の作りになっています。
本殿は、屋根の構造などから、屋内に据えることを前提に設計されたようです。また、彫刻も細かく手の込んだ物で、全体的に工芸品を思わせる作りになっています。

 壁面の彫刻は、左側面が竜と琴を弾く婦人、右側面は虎とおきなと童子で、背面にはありません。彫刻はかなりの厚みがあって、立体感があります。右側面、脇障子よりの足もとには「東都彫工嶋村俊正 (花押)」 の刻銘があります。
嶋村俊正は、「留五郎」 と名のり、天保十二年 (一八四一)に箭弓神社(東松山市)の奉納額に名を残しています。また、「嶋村俊元八代」と称することもありました。

氷川神社本殿(宮下町二丁目)、稲荷神社本殿(木野目)を手がけた嶋村俊表も、「嶋村俊元八代」と名のっています。俊表と俊正は、一説に兄弟ともいわれていますが、明らかではありません。ただ、俊正も嶋村流の工匠であることはまちがいないでしょう。
 作風は、ひさしの竜側面の松の枝ぶり、波頭などを見ると鋭くかつ繊細で、触ると折れてしまうのではないかと思わせるほどです。造営年代を直接示す史料はありませんが、十九世紀中期と考えられます。
歴史を今に伝えて
一片の土器から 縄文時代の仙波地区119

                 一片の土器から 縄文時代の仙波地区     119

 写真の土器・石器は、武蔵野台地の東端にあたる仙波地区で採集された物です。遺跡のある場所から見つかる土器のかけらや石器の一つ一つは小さな物ですが、その特徴を観察すると、さまざまなことがわかります。
 写真の中でいちばん古い土器は、左端の列の土器です。
よった縄を土器の表面で回転させた縄文と呼ばれる文様が付けられ、断面には植物の繊維が混ぜられている様子が見られます。このような土器は、約六千五百年前の縄文時代前期に、関東地方や東北地方などで流行していました。
 いちばん新しい土器は、左から二番日の列の土器で、粘土ひもをはり付けた立体的な文様が特徴です。約四千五百年前の縄文時代中期の物で、関東地方や中部高地などで流行していました。
石器は狩猟の道具である石鏃(せきぞく)、木材を伐採した磨製石斧(ませいせきふ)、土掘り用にもなった打製石斧、木の実などをすりつぶす磨石(すりいし)、縄文時代特有の道具で万能ナイフの石匙(いしさじ)などが採集されています。縄文人は動物や魚介類、植物など、さまざまな自然の恵みを利用するため、石を加工して多様な道具を作り出していました。
 以上のことから、仙波地区には約六千五百年前から約四千五百年前の間に、たびたび縄文人がやってきてムラをつくり、暮らしていたことがわかります。縄文人たちにとって、豊かな自然に恵まれた魅力的な場所だったのでしょう。
歴史を今に伝えて
大堀山館跡発掘調査A 120
                    
                           おお ほり やま やかたあと
                               大堀山舘跡の発掘調査A    120
 下広谷にある県指定史跡の大掘山舘跡は、一辺約二百メートル、三重の堀と土塁に囲まれた戦国時代の城跡です。
 史跡の全体像を解明するため、昨年度から発掘調査を行っています。

昨年度は本郭(ほんくるわ)の東側と二の郭の一部で調査を行い、城が造られた年代を示すと思われる十五世紀後半の土器・陶器、中国製の茶入れ、土製さいころ、土壁などが出土しています。
 今年度は二の郭と三の郭の間の堀を中心にその周辺と、いちばん外側の堀の一部を調査しました。城跡を覆っている表土は薄く、十五センチから二十センチほど掘るとローム面が現れます。深く埋まっていると思われた堀の部分でも二十五センチほど掘ると堀底が確認され、掘り直した様子も見られませんでした。遣物は、昨年度の物と同年代の土器・陶器が出土しました。堀が掘り直された様子がないことから、十五世紀後半に城が造られ、使用された期間は短かったようです。

建物跡などは確認されなかったものの、三の郭で通路と考えられる硬くなった面が見つかっています。
 今年度の調査では以上の成果が得られました。出上した遣物は少なく、築造者、より細かい築造時期、使用期間などについては、まだはつきりとしません。今後の発掘調査の進展によって、解明が期待されます。
 歴史を今に伝えて
           永島家住宅(旧武家屋敷) 三久保町 121 


                   歴史を今に伝えて
                 永島家住宅 (旧武家屋敷)(三久保町〕  121

 永島家住宅は、旧南久保町通りの東側に位置しています。この付近は、川越城南大手門 (現在の川越第一小学校の校庭付近) に近く、川越藩士が住む武家地でした。
松平大和守(まつだいらやまとのかみ)家が川越藩主であった明和(めいわ)四年 (一七六七)から慶応(けいおう)二年 (一八六六) 当時の城下絵図によると、ここには二百五十石から三百石の藩士が住んでいました。

 屋根はかやぶきですが、現在は金属板をかぶせています。棟の高さは三段となっていて、柱などに残された痕跡などから、大きく二回の増改築がされたと推測されます。
間取りの特徴では、現在の玄関から南に四畳の部屋を経て床の間付きの座敷に至る接客目的の部屋があり、東側には家人が使用したと考えられる部屋があります。
接客目的の部屋と日常生活を営む部屋が分かれるという、武家住宅の特徴をよく残しています。また、屋敷周りなども、当時の状況をよく保存しています。

 県内には川越・忍(現在の行田市)・岩槻(現在のさいたま市) と三つ、江戸時代の城下町があるものの、武家屋敷は、ほとんど残されていません。関東圏でも残存事例はわずかで、同住宅は学術的にも貴重な物です。
 城下町・川越にとって重要な建物であり、敷地を含め、三月二十七日付けで市指定史跡となりました。