小江戸川越の歴史を尋ねてー16
氷川祭山車行列 木造薬師如来 松平康重具足 地名「宿」 地名「連雀」
歴史を今に伝えて  122
  川越氷川祭の山車行列



                  歴史を今に伝えて 122
                  川越氷川祭の山車行事 

毎年十月の第三土・日曜日 (十四日が土曜日の場合は第二土・日曜日)に開催される川越まつり。
昨年二月二十一日に、「川越氷川祭の山車行事」 として、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 川越まつりの起源は、江戸時代初期にさかのぼります。
慶安元年「けいあん」(一六四八) 城下町の整備を行っていた川越藩主−松平信綱(まつだいらのぶつな)は、みこしや獅子頭などの祭礼道具一式を川越氷川神社に寄進しました。そして、商人や職人の町であった十ケ町に、秋の例大祭をするように促したのがきっかけと伝えられています。
 川越は、江戸に最も近い城下町でした。そのため、川越まつりは天下祭と呼ばれた赤坂山王祭や神田祭の影響を受けつつ、時代と共に発展しました。二重ほこ型といわれる山車は、当時の影響を今に残しています。
 祭りが近くなると、神幸祭が通る道の端に紅白幕を張り巡らします。そして、山車運行の責任を担う鳶を中心に会所の設営、「きっくみ」 と呼ばれる山車の組み立てが行われます。祭り当日、山車に乗る囃子方を、近くの農村地区から招いている町が今でもあります。
 今や川越の代名詞ともなった「川越氷川祭りの山車行事」。江戸型山車の巡行
する都市型祭礼の代表といえるでしょう。
歴史を今に伝えて  123
木造薬師如来坐像「古谷本郷薬師堂蔵)
 

                      歴史を今に伝えて  123
                   木造薬師如来坐像(古谷本郷薬師堂蔵)
 この薬師如来像は八百年もの長い間、古谷本郷の人々の暮らしを見守ってきました。
本来は灌頂院(古谷本郷)の塔頭の一つである神宮寺の本尊であったと伝えられ、現在はJR川越線線路脇の薬師堂の中にあります。
 堂内には、この像を中心として両脇に日光菩薩・月光菩薩像、その前に十二神将像が並んでいます。
 この像本体の高さは百三十七センチ、いわゆる半丈六の坐像です。仏像の高さの基準となるのは一丈六尺 (四百八十五センチ)と伝えられる釈迦の身長で、この像は座った姿の約半分の高さに相当します。

 薬師如来は、現世に生きている人々を救済する仏であるといわれています。この像も他の薬師如来像と同様に、右手で人々の不安を除く施無畏印を結び、左手には人々の痛みを癒やす薬のつぼを持っています。

 この像の特徴として、まっすぐに伸びた背筋、厚みのある胸、大きな手のひら、鋭く切れ上がった目じり、張りのあるほほがあげられます。平安時代の仏師・定朝が創造した定朝様と呼ばれるおだやかな作風から、素朴ではあるものの写実的な鎌倉時代の作風に変化する過渡期における、県内でも代表的な仏像です。
 関東地方での中世彫刻の始まりを告げる資料として、彫刻史の上からも忘れることができない仏像です。
歴史を今に伝えて124 松平康重所用 黒漆塗伊予札紺糸威二枚胴具足
                           歴史を今に伝えて     124
                松平康重所用 黒漆塗伊予札紺糸威二枚胴具足
                                                     
 今回紹介するのは、幕末の川越藩主・松平周防守家の祖先にあたる、松平康重が着用した甲胃です。
 松平周防守家は徳川家康に古くから仕えていた家臣です。康重は周防守家の二代目で、天正十八年 (一五九○)から慶長六年 (一六〇一) には、私市城 (現在の騎西町)の城主でした。
 この甲胃は、戦国武将が着用した物としては一見質素に見え、この時代に流行した質実剛健な甲胃の姿をよく示しています。かぶとは日根野形の頭形かぶと。かぶとの上にある前立は木彫りの大きなイタヤガイで、表は薄いだいだい色、裏は鮮やかな朱色に塗られています、胴は右脇で引き合わせる胴丸形式で、黒漆塗りの伊予札を紺色の組みひもでつづっています。動きやすいように揺糸を長くとり、草摺は五つに分かれています。
 必要以上の装飾をしない引き締まった姿に、前立のイタヤガイの柔らかなシルエットが優しい印象を与えています。康重はこの甲胃を身にまとい、幾多の合戦に臨んだことでしょう。甲胃を見ているだけで、戦国の世の風景が目に浮かんでくるようです。
 この甲胃は、九月十日(日)まで、市立博物館で開催されている第十六回収蔵品展で展示されています。ぜひ、ご覧ください。
歴史を今に伝えて
125

 川越市の地名@ 「宿」
                              歴史を今に伝えて      125
                              川越市の地名@ 「宿」
 二回にわたって、かつての経済活動がわかる市内の地名を紹介します。今回は 「宿」 という地名です。
 市内で、戦国時代より前から今に残る 「宿」 という地名を探してみると、大字では「東本宿」小字では古谷上の「上宿・宿」古谷本郷の「本宿」、的場の 「上宿・下宿・宿」、池辺の「北宿、南宿」があります。
 最近の研究によると、戦国時代ごろまでは多くの商人や職人、宗教者が各地を遍歴しながら活動していたようです。彼らの宿泊場所が正に「宿」でした。当時の「宿」は、水陸交通の要衝として栄えていて、近くには川が流れ、社寺もありました。河原などでは、遍歴する人たちが利用する市が定期的に開かれていました。また、「宿」の地名の周辺には、「市」 の付く地名や、主要な道路の存在を示す「大道」「街道端」という地名が残っている場所もあります。
 水陸交通の要衝で、人や物が頻繁に行き来する、にぎやかな場所。「宿」という地名から、昔の風景を想像することができます。
歴史を今に伝えて
川越市の地名A「連雀」 126

                                   歴史を今に伝えて
                              川越市の地名A「連雀」   126

先月に続き、かつての経済活動にかかわる地名として、今回は れんじゃく「連雀」 を紹介します。
 現在の連雀町は「おびんずるさま」で親しまれる蓮馨寺と、その門前辺りの地名ですが、そう呼ばれるのは、明治時代になってからです。実はそれより三百年ぐらい前に、「れんちゃく(連雀町)町」と呼ばれていた場所があります。それが、現在の大手町です。

 ところで、連雀とは何のことでしょうか。連雀とは、たくさんのこまこました商品の入った箱を背中にくくりつけて持ち歩くのに用いた、幅広く組んだ荷縄のことです。連雀は、行商人を特徴付ける持ち物であったため、彼らは連雀商人と呼ばれていました。連雀の地名や伝承は川越だけでなく、同じ時代に城があった松山(現在の吉見町).鉢形(現在の寄居町)・前橋(現在の前橋市)・高崎(現在の高崎市)などの、大手近くにも残っています。

 中世までの商いはへ城の大手近くに立てられた定期市が中心でした。江戸時代になってから、やや離れた場所に常設店舗が軒を並べるようになり、商いの中心が移ります。川越城下でも、西大手近くのれんちゃく町は江戸時代になると江戸町と町名が変わり、商業の中心は南町 (現従の元町一丁目・同二丁目・幸町の一部)に移ったようです。

 城下町としての川越を、「連雀」という地名からもうかがい知ることができます。