小江戸川越の歴史を尋ねてー17
古海道遺跡 入間川橋梁
煉瓦橋台 
川越城築城
550年
 
川越城築城の背景  太田道灌の最期 
歴史を今に伝えて 127
             
「東山道武蔵路」発見か?「古海道東遺跡」の発掘調査
                        「東山道武蔵路」発見か?「古海道東遺跡」の発掘調査

 下広谷地区の古海道東遺跡の発掘調査で、幅約1メートル、長さ約十五メートルの溝が発見されました。
この溝は、さらに調査した区域の外へ南北方何に延びていて、古代の官道 「東山道武蔵路」 の側溝である可能性が高いと考えられます。
 占代の律令国家は、使者の往来や軍用のため都と地方を結ぶ道路を整備しました。東山道は、平城京 (現在の奈良市) から日本列島の内陸側を通って東に向かい、現存の秋田県・岩手県へ至る幹線道路です。
このうち、武蔵国の国府 (現在の東京都府中市) と上野国 (現在の群馬県) を結んでいた道路が、「東山道武蔵路」 です。県内では東山道武蔵路の遺構が、所沢市と吉見町で発見されています。同遺跡は、この二か所の間に位置しているため、東山道武蔵路が付近を通過していたと推定されてきました。
また、住居跡からは、「入厨(いりくりや)」 と墨書された須恵器が出土しました。この土器は書かれた文字から、現在の上戸新町周辺の霞ケ関遺跡に置かれていた古代の入間郡役所の厨房で使われていたと考えられます。これらの出土品から、古海道東遺跡には古代の入間郡役所の出先機関が存在していたようです。
ここに公的な機関が置かれていたという点も、近くを東山道武蔵路が通っていたことの裏付けとなります。
歴史を今に伝えて

旧東上鉄道入間川橋梁煉瓦橋台@      128

                           旧東上鉄道入間川橋梁煉瓦橋台@128

近代日本の中で、煉瓦は建築物の材料として重要でした。そして、赤煉瓦は、日本人の美意識に訴えかける魅力があるといわれています。
 川越市駅から東武東上線に乗って霞ケ関駅に向かい、人間川を越えると右側に、ひっそりとたたずむ赤煉瓦の橋台があります。この橋台は、大正五年 (一九一六) に東上鉄道が川越町から坂戸町までの間を開業するにあたって、入間川に架かる橋梁の一部として造られました。橋梁は、現在と同様のトラス構造であったようです。
 橋台の構造は、長手と小口の段が上下で交互に現れる「イギリス積み煉瓦造り」 です。橋台最上端部の笠石および地面との接地部、橋げた (トラスの下弦材) の台座部(床石) には御影石が用いられ、補強を図っています。
また、煉瓦と御影石を組み合わせて、デザイン的にバランスを取る意図もあったのではないかと考えられます。
煉瓦の目地にはセメントが使われ、煉瓦どうしを強固に接着しています。
 大正七、八年ごろを境として、煉瓦はコンクリートに土木構造物の主材料の座を譲っていきました。この橋台は、煉瓦造りにとっての円熟期を過ぎたころに出来たといえるでしよう。
歴史を今に伝えて     旧東上鉄道入間川橋梁煉瓦橋台A129
この橋台の主要資材である赤煉瓦は、わが国近代化の象徴といえます。わが国は開国以来、急速に近代化を推し進めていました。近代日本を象徴する法務省をはじめ、数多くの建築物や、信越本線碓氷峠旧線にある、めがね橋の通称で有名な第三橋梁などに大量の煉瓦を使用しました。
 これらの煉瓦を主に製造したのが、明治二十年 (一九二一)現在の深谷市に設立された日本煉瓦製造株式会社です。ここで製造された煉瓦は、市内においても建築物や橋梁、用・排水路の樋門などの建築土木資材として普及しました。この橋台も、同社で製造された煉瓦が使われている建築物の一つです。
 その理由は、煉瓦に刻まれた刻印の存在です。橋台に使用された煉瓦には、「上敷免製」 と書かれた刻印を確認することができます。「上敷免」 というのは、日本煉瓦製造株式会社が立地していた、当時の字名を表し、明治期に製造された煉瓦に刻印されていました。
 この刻印から、川越町・坂戸町間の敷設工事に伴い、この橋台の一部に、大量に発注された明治期製造煉瓦が使われていたことがわかります。
 このように、建築土木資材である煉瓦の歴史もうかがい知ることができる側面を合わせ持つ、この橋台は、非常に興味深い近代土木遺産の一つといえるでしょう。
歴史を今に伝えて
川越城築城五百五十年 130
ことし、築城五百五工十年を迎える川越城。長禄元年(一四五七)、上杉持朝の命により、その家臣であつた大田道真・道灌父子によって築城されました。現存する川越城本丸御殿(県指定文化財) は、嘉永元年(一八四八)当時の川越城主であった松平斉典によつて建てられたものです。
昨年二月、川越城はその歴史的価値から、(財)日本城郭協会により「日本百名城」の一つとして選定されました。
 本丸御殿は、城主が庶務や日常生活をする場として使われていました。国内で、当時の状態を今に伝えている本丸御殿は、川越城と高知城 (高知市) の二か所だけです。現在の川越城本丸御殿には、玄関と大広間が当時のまま残っています。また、払い下げられていた建物を移築復元した家老詰所もあります。
 市では五月に、川越城本丸御殿で 「(仮称) 日本百名城展」 の開催を予定しています。そのほかにも、歴史的に貴重な川越城の価値を多くの皆さんに再認識していただくため、さまざまなイベントを実施していきます。詳しくは、広報川越で順次お知らせします。また、「歴史を今に伝えて」 でも十二月までの毎回、川越城にまつわる話を紹介します。どうぞ、ご期待ください。
歴史を今に伝えて  河越城築城の背景131
川越城は今から五百五十年前、室町時代中期の長禄元年(一四五七)、扇谷上杉持朝の命を受けた、太田道真・道灌父子によって築城されました。
 室町時代の初期は、関東地方を治める権限を持つ鎌倉公方足利氏を中心に、山内・扇谷の両上杉氏が補佐して、鎌倉を拠点に関東地方を支配していました。
 しかし、時代がたつにつれ、鎌倉公方と両上杉氏の関係は悪化していきます。享徳三年(一四五四)に起こった享徳の乱により、対立は決定的なものになりました。
また、上杉氏どうしの対立も始まり、亨徳の乱以降の関東地方は、三者がお互いの勢力争いを各地で繰り返す内乱状態となりました。この乱の影響で鎌倉公方足利成氏は、康正元年(一四五五)に拠点を下総国古河(現存の古河市) に移しました。鎌倉公方はこれ以後、古河公方と呼ばれるようになります。
 武蔵地方を支配していた上杉持朝は、古河公方のこの動きに対抗するため、二年後の長禄元年に、河越・江戸の両城を築城しました。河越城は主に扇谷上杉氏の当主が居城し、古河公方に対抗するための拠点として、また、武蔵地方を支配するうえでの要として、重要な役割を担っていました。江戸城は、主に大田道灌が居城し、河越城の支城的性格を持っていました。
歴史を今に伝えて
132

名将太田道灌の最期

                         太田道灌は河越・江戸の両城を根拠地とし古河公方足利成氏および成氏に味方した長尾景春らと関東の野に合戦を繰り返し、文明十八年(一四八六)七月二十六日その生涯閉じました。時に五十五歳。戦陣に倒れたのではなく、相模糟屋 (現在の伊勢原市) の上杉氏館で、主君扇谷上杉定正に殺害されるという非業の最期でした。
 この事件について、定正は後に江戸城代曽我祐重あての書状で、「道灌が上杉一門で重きを成していた関東管領山内上杉顯定に対し謀反を企てようとしたので、それを未然に防ぐため殺害に及んだのである」 と述懐しています。ところが皮肉にも、数年後には扇谷・山内の両上杉氏は一転して激しい抗争を続けることとなります。 この事件当時、道灌の招きで美濃から武蔵に下り江戸城に滞在していた漢詩人万里集九は、同年八月十日道灌二七日の忌に祭文をささげ、文武両道に秀でた武将の死を悼みました。その一節を、次に掲げます。なお、道灌墓所一つである洞昌院(伊勢原市) には、万里自筆という祭文の一部が残されているとのことです。
上大の賦す所。若くして又英を為し、藹然たる和気あり。花の如く栄に就き、八州の草木悉く威名に服す。倭歌三昧に丈武兼ね并す。孫呉の術を誦し、数万の兵を胸にし羽扇を揮いて戦う
*市木武雄著 『梅花無尽蔵注釈釈』 第4巻から引用。ただし、現在一般的な字体、現代かなづかいに改めています。