小江戸川越の歴史を尋ねてー18
河越城攻防 かわらけ 絵図に無い堀   城の拡張   出土陶磁器
歴史を今に伝えて 133
河越城を巡る攻防
  
長禄元年(1457)扇谷上杉持朝は大田道真・道灌父子に命じ、現在の郭町一丁目・二丁目に河越城を築きました。
 その後、河越の地は、河越城を拠点とする扇谷上杉氏と武藏守護で関東管領の家系である山内上杉氏の、対立の場となります。戦国期の軍記物語である 「松陰私語」によると、山内上杉顕定と古河公方足利政氏が、扇谷上杉氏の河越城攻略のため、上戸に陣を張ったと伝えられています。入間川を挟んだ対立は、約八年もの間続きました。その間に都から連歌師の宗祇が両陣営を訪れるなど、戦乱の最中にも連歌会が行われていたようです。

この 「上戸の陣」 は現存の上戸小学校西隣、国指定史跡「河越館跡」 に所在していたと考えられており、防御のための土塁が現在も残されています。

 河越館跡は平安時代末から鎌倉時代にかけて活躍した武蔵国の有力武士・河越氏の館跡であり、中世を通じて館跡地が利用されてきました。史跡公園整備に伴う発掘調査では、山内上杉氏が陣を構えたころの遺構・遣物が多く見つかっています。短期間で何度も堀を付け替えて戦に備えた痕跡や、武士たちが儀式や酒宴で使い捨てにした「かわらけ」という素焼きの皿、瀬戸焼のすり鉢や常滑焼のかめなど遠隔地の焼き物が見つかるなど、陣所での生活の様子をうかがうことができます。
歴史を今に伝えて
中世の河越城と、かわらけ    134

戦国時代を題材としたテレビドラマで、出陣前の武士たちが、酒を酌み交わす場面を見たことがありませんか。
その時に武士たちが手にしている器が、かわらけです。
劇中では白いきれいな杯が使われることもありますが、実際には素焼きの器が使われていました。左の写真のよな形をしていて、大きさは直径約十一センチ、高さ約三センチの物が多く出土しています。

 かわらけは平安時代の後半、武士の登場と共に生まれました。酒宴や儀式などの食器として、また神仏の前に明かりをともすために、城の中などでたくさん使われた器です。日常的な食器とは異なり、一回だけ使って捨てられる特別な器でした。
 酒宴というと、今では祝いの席などを想像します。当時は酒を楽しむというよりも、同席している人々の団結を神仏の前で確認し、誓い合う場であったようです。

 これまでの河越城の発掘調査から出土した、大量のかわらけの年代を調べてみると、十五世紀末から十八世紀前半に集中しています。この年代は、扇谷上杉氏が河越城をめぐり山内上杉氏と、さらには小田原北条氏と激しい攻防を繰り返していた時代です。
 戦いを前にした兵Lたちは、死を覚悟して酒宴に参加していたことでしょう。やがて太平の世が訪れると、かわらけは酒宴の席から姿を消しました。今日では、神事仏事などで使っているところがあります。
歴史を今に伝えて
川越城・絵図に描かれていない堀    135

市役所が建っている場所が、かつて川越城への入り口部分であったことをこ存じですか? 

過去の資料などから、本庁舎のすぐ前に、三日月型の堀と丸馬出と呼ばれる土居が築かれていたと考えられます。そして、東庁舎前の交差点付近には、大手門があったようです。

 平成十六年に行った、東庁舎東側の発掘調査で、私たちが目にすることができる 「川越城図」 などの絵図には描かれていない、大規模な堀が発見されました。
この堀の上端の幅は十二メートルを超えると思われ、深さは五メートルに達するものでした。
出土したかわらけなどの遺物の年代は、十六世紀末から十七世紀初頭と考えられます。
また、堀は寛永十六年 (一六三九) から寛文二年(一六六三)に松平信綱が川越城主だったころに実施された、城の修築に伴う造成工事と同時に掘られたか、造成してからあまりたたないうちに掘られ、すぐに埋め戻されたことがわかりました。

 なぜ、このようなことが行われたのでしょうか。現在のところ正確なことは、わからないのが実情です。しかし、同じような例が、城内のほかの場所からも確認されていることから、信網の子・輝綱が城主のころに、川越城の修築が完了するまでの段階で、堀などの土木施設の配置をする縄張の見直しが、幾度も行われたのかもしれません。
歴史を今に伝えて
川越城の拡張      136

長禄元年 (一四五七)、扇谷上杉持朝の命により太田真、道灌父子が築いた川越城。上の絵のような外郭を備えた近世城郭への修築・拡張は、慶安年間から承応年間ころ、松平信綱が初めて実施したというのが定説でした。

当時の様子を後世書きとめた「古代日記」(水村家文書) には慶安三年 (一六五〇) から明暦2年(一六五六) ころと記しています。また、江戸時代前期に活躍した川越商人・榎本弥左衛門の記録 「万之覚」にも、承応二年(一六五三) に川越城の大手門が出来て、城の周囲の土塁はその前年に築いたとあります。

 ところが、前回紹介した調査で 「川越城図」 などに描かれていない大堀が発見されました。そして「古代日記」によると、川越城は天正十八年 (一五九〇)、豊臣秀吉の関東攻めで無血開城し、その後城は破却され、馬出しは崩され、外堀も埋められたと記されています。

 前回紹介した大堀からは、十六世紀末のかわらけも出土しています。もし、大堀も同時期に掘られたのであれば、秀吉の関東攻めの際に埋められた外堀は、この大堀であった可能性があります。今後の調査によって、信綱が修築・拡張する前に掘られた、「川越城図桝」などに描かれていない幻の堀の謎を解明することができるかもしれません。
歴史を今に伝えて    
陶磁器が語る城内のくらし   137
     
川越城の二の丸に当たる場所(現在の市立博物館付近)で行われた発掘調査では、柱穴や大型土坑、地下室などの遺構が密集して発見されました。
 これらの遺構からは、瓦や崩れ壁、柱などの建築部材や多量の焼けた土、炭化物とともに、たくさんの陶磁器が出土しました。遺構で出土したこれらの物は、二の丸御殿で使われていたようで、弘化三年 (一八四六)の火災によって建物が壊れた際、まとめて捨てられたものと考えられます。

 出土した陶磁器の特徴は、人をねぎらうために使われた器が多いということです。上の写真にある鉄呉須絵柳文石皿のように食膳で使われた物のほか、せん茶に使われた信楽系の小杉椀や相馬大掘系緑釉の土瓶、たばこの火種を入れる肥前系の青磁の火入れ、灯火具に使用する菜種油の運搬に使われた瀬戸・美濃系灰釉徳利などが出土されています。

 出土したこれら多くの陶磁器は、川越城内の人々や家臣をはじめ、城に参集した人たちのために用意された物と思われます。