小江戸川越の歴史を尋ねてー19
川越城の栄華 七不思議ー1 七不思議−2 川越城其の後 寿町白山神
歴史を今に伝えて 138 
現代に残る川越城の栄華

                                   現代に残る川越城の栄華
 川越城本丸御殿は、弘化三年 (一八四六) に焼失した二の丸御殿に替わり、嘉永元年 (一八四八) に再建された御殿です。
現存している本丸御殿は、玄関部分と家老詰所だけです。当時の本丸御殿は、現在の約八倍の規模であったことが、現存する絵図面などでわかっています。 
本丸御殿は城主の私的な居住空間であるだけでなく、政務を行う場でもありました。

現存している玄関部分は、来客が城主と対面する際に待機する場と考えられます。城主との対面は、南側にあった 「書院」 で行われたと想定され、その奥に城主の私的空間、さらにその奥に城主夫人の住居である 「奥向」 が造られていました。
また、玄関の裏側にある長い廊下を抜けると、台所や家老詰所がありました。廊下の各所には、川越藩御用絵師であった船津蘭山が絵を描いた杉戸があり、彩りを添えていました。
この杉戸の一部は現在でも利用されています 本丸御殿は、昭和四十二年度に大規模な修理をしました。それから四十年が経過し、建物の老朽化が進んできました。そこで来年度以降、二年ほどかけて建物の修理を予定しています。
修理中は休館することになりますが、建築から百六十年を経た本丸御殿を貴重な文化財として保存し続けるために、ご理解とご協力をお願いします。
歴史を今に伝えて139
川越城の七不思議 (前編


                                              川越城の七不思議 (前編)
 今回と次回の二回に分けて、川越城にまつわる伝説 「川越城の七不思議」 を紹介します。
   @初雁の杉 川越城内の三芳野神社 (現存の郭町二丁目) には、みごろな杉の木がありました。毎年、北から渡ってきた初雁が、必ずこの杉の木の上を三度回って南に飛び去ったので、川越城のことを「初雁城」と呼びました。
A霧吹きの井戸
 城内には霧吹きの井戸と呼ばれる井戸があり、敵が攻めて来ると井戸のふたを開けます。すると、霧がもうもうと吹き出し、城を隠したので、敵は立ち去りました。そこで、川越城のことを 「霧隠城」 とも呼びました。
B人身御供
 川越城の周囲には沼が多く、大田道真・道灌親子は築城にとても苦労しました。そんな中、道真の夢に龍神が現れ、「朝一番に、そなたのもとに現れた者を人身御供に差し山せば、成就する」 と言いました。そして翌朝、実際に現れたのは道真の娘でした。娘は進んで沼に身を投げ、道真は川越城を完成させることができました。
C片葉の葦
 戦に敗れた川越城の姫様が逃れる途中、浮島神社(現の久保町) 近くの七ツ釜と呼ばれた沼地に落ちてしまいました。姫様は、葦の葉にしがみつきましたが、葉はちぎれ、そのまま沈んでしまいました。その後、七ツ釜に茂る葦はすべて片葉となりました。
歴史を今に伝えて           140
川越域の七不思議 (後編)

                                  川越域の七不思議 (後編)
前回に続いて、「川越城の七不思議」 を紹介します。
Dよな川の小石供養
 およねという娘が、城の小姓のもとに嫁ぎました。しかし、しゆうとめにいじめられたため七つ釜辺りの流れに身を投げ、夫もあとを追って身を投げました。この小川のそばを通る人が、二人を哀れに思って小石を投げ込むと、小川の底のほうからそれに応えるように無数の泡が浮いてきます。そのため、この小川を 「およね川」、後に 「よな川」 と呼ぶようになりました。

E城中蹄の音
 江戸時代の初め、豪勇で有名な酒井重忠公が川越城の城主となりました。毎夜、城内に矢叫びや蹄の音が響きますので、易者に占わせると、しろ中にある戦の図が原因とのこと。城内にあった堀川夜討の屏風画を養寿院に寄進すると、その夜から不思議にも鎮まりました。

F天神洗足の井水
川越城築城の際、太田道灌が堀の水源を探していたところ初雁の杉近くの井水を使っていた老人が、満々と水をたたえた水源地を教えてくれました。そのおかげで道灌は、難攻不落といわれた川越城を築くことができました。
後にその老人は三芳野天神の化身だとわかり、道灌濯はこの井水を大切にしました。

歴史を今に伝えて
その後の川越城
141

                                     その後の川越城  141
 江戸時代、藩政の中心としての役割を担った川越城も、明治時代になり、しだいに取り壊しが始まりました。
一般的に各地の城郭は、明治六年 (一八七三) の廃城令以降、取り壊しが始まったとされています。しかし、川越藩はこれに先立つ明治二年 (一八六九)、城の破損が進み、修復に経費がかかるため、差し障りのない所から城内の建物を取り壊したい旨の届け出を国にしています。川越城の取り壊しは、予想より早く進んだようです。
 城の取り壊しにより、堀は埋め立てられて水田や畑になり、城の敷地の一部は学校や官公庁となりました。
 例えば、嘉永元年 (一八四八) に松平斉典によって作られた本丸御殿は、明治五年(一八七二) に入間県庁、その後入間郡公会所、大正七年 (一九一八) には煙草専売局淀橋支局川越分工場とめまぐるしく姿を変えています。昭和八年、川越地方武道修練会の初雁武徳殿となり、戦後は市立第二中学校 (現在の初雁中学校) の屋内運動場になっています。 
また、本丸御殿と共に現存する家老詰所は、明治六年に福岡村 (現在のふじみ野市) の福田屋の分家である星野家に払い下げられました。その後、昭和六十二年まで母屋として使われていました。近隣の市町村には、家宅詰所だけではなく川越城内にあった城門などの建物が払い下げられ、占在しています。
歴史を今に伝えて
寿町白山神社本殿(寿町一丁目
142

                           寿町白山神社本殿(寿町一丁目)
 社伝によれば、武田信玄の家臣・山口長左衛門が建立した神社で、古くは喜多院の境内にありました。仙波東照宮の造営に伴い、現在地へ移されたと伝えられています。本殿は、覆屋内の板床上に据えられた小型の一間社流造です。屋根はこけらぶきで、正面に軒唐破風を付けます。覆屋は高い切石積基壇上に建つ、二間四方の入母屋造妻入の建築です。覆屋内に安置することを想定したため、本殿は江戸彫を多用したち密な細工や木製の亀腹を用いるなど、工芸的な所が見られます。
 身舎は、随所に彫刻が施されています。特に注目される彫刻は本殿の壁面と脇障子です。壁面は左が神功皇后と赤ん坊 (応神天皇) を抱く武内宿禰、右が履物を差し出す張良と兵法書を授ける黄石公が描かれています。
左脇障子には、中国の故事 「二十四孝」 のたけのこを掘る孟宗、右脇障子は 「二十四孝」 の黄金の釜を掘り当てる郭巨です。いずれの彫刻も人物が大きく、絵本に出てくるような柔らかい表情をしています。
 本殿は、覆屋に 「天保十己亥歳十一月吉日/当社再建」と刻銘があるため、天保十年 (一八三九)の造営と考えられますが、嘉永四年 (一八五一)再建を記す棟札があったとも伝えられています。昨年八月十日、市の指定文化財になりました。