小江戸川越の歴史を尋ねて−2

天海版一切経 五百羅漢 鐘楼門 川越城本丸御殿 山王塚

天海版一切経
天海版一切経
(市指定文化財・典籍) 慶長四年(一二五九九)、星野山無量寿寺北院(現在の喜多院)の第二十七世住職となった天海は、その後、徳川家康に重く用いられるようになりました。天海が無量寿寺の再興について願い出ると、家康は星野山の山号を東叡山に改め、関東天台宗の本山とし、天海に在住するよう依頼しました。
家康の死後も天海は、高齢にもかかわらず幕府の宗教行事等を取りしきるために川越と江戸の間をたびたび往復します。
そんな天海を気遣い、徳川秀忠と家光は寛永二年(一六二五)、上野に寛永寺を建立しました。そして、寛永寺の山号を東叡山として、天海を江戸に招きました。これにより喜多院の山号は、元の星野山に戻ります。

寛永寺に入った天海は、仏教経典の令集である一切経の編さんにかかりますが、その完成を見ることなく寛永二十年(一六四三)に亡くなります。十二年の時を費やし、天海が亡くなってから五年ほど経た慶安元年(一六四八)に一切経は完成しました。
東叡山版・寛永寺版の別名もある天海版一切経は六千三百二十三巻にわたるものです。そして、それまで書き写さなければならなかった経典を活字にしたものであり、日本の印刷史上に重要な意味を持っています。
この一切経のほか、喜多院には毛利輝元から家康に献上され、慶長十九年(一六一四)、天海のために家康から寄進された言われて居る宋版一切経(重要文文化財)も残されています。平成12年のNHK大河ドラマ「葵 徳川三代」でも、天海と春日局が登場、川越ゆかりの人物が活躍しました。
五百羅漢五百羅漢(喜多院)
喜多院(小仙波町一丁目)の山門を人ると、右側に五百羅漢像があります。 羅漢(阿羅漢)とは、煩悩を断ち、知識を得て、仏教修行の最高段階に達した人たちのことを言います、十六人あるいは五百人を一群として、十六羅漢五百羅漢などと呼ばれています。
喜多院にある五百羅漢は、北田島に住んでいた志誠(しじょう)(出家後の名前)と名乗る人が発願して、天明2年(一七八二)に建て始めたのが起源とされています。
羅漢像の総数は、五百三十五体。志誠は、そのうちの約四十体の羅漢製作に立ち合って亡くなりました。その後、志誠の遺志を継いだ当時の修行僧慶厳と澄音祐賢の二人が、市内をはじめ、江戸、群馬、栃木など、さまざまな場所で浄財を集めながら製作を続け、現在の規模になりました。完成までに約五十年の歳月がかかっています。

喜多院の羅漢像が五百体以上あるのは、阿弥陀如来、釈迦如来、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩などを加えているからです。羅漢像は、どれも1メートルに満たない大きさですが、立像、座像、臥像など、形は変化に富み、見る者の目を楽しませてくれます。市の有形民俗文化財に指定され、石像美術としての価値もあります。
羅漢像の中には、一二支の干支にちなむ動物の姿も見られますことしの干支である辰(龍)(龍が彫り込まれた像は三体あります。龍を抱えているもの、取り押えているもの、どの像も違う形をしています。五百羅漢には、不思議な話も残つています。
(夜中に明かりを付けずに羅漢様の頭を一つずつなでていくと、一つだけ温かいものがあり、それに印を付け、次の日の朝、確かめに行ってみると、目印を付けておいた羅漢像ば、亡くなった親の顔に似ている)といわれています。 功徳を積んだ羅漢像をなでることによつて、御利益につながると信じられたのでしょうか。 話の根拠となるものはありませんが、羅漢像が人びとから親しまれていたからこそ、生まれてきた伝説のように思われます。 川越市広報誌から引用 
鐘楼門 鐘楼門

多くの重要文化財が残る喜多院。山門の、南側に建つ鐘楼門もその一つです。「星野山御建立記」によると寛永十年(一六三三)、東照宮のそぱに鐘楼門を建てた記録があります。そのころの東照宮は、現在、慈眼堂が建つ小高い山の上にあり、その位置関係および鐘楼門には再建の記録がありません。
このことから、山門同様、寛永十五年(一六三八)の大火による焼失を免れた、喜多院に現存する最古の建築物の一つと考えられています。鐘楼門は、桁行き三間、はりの長さ二間。重層入母屋造りで、本瓦葺の屋根を持ち、勾欄を巡らした縁が取り付けられています。
建物の壁面の東側には龍、西側には鷹の彫刻が、それぞれ二つずつあり、朱色仁塗られた上部分と袴腰と呼ばれる下部分の黒色の装飾は、赤い着物に黒袴をはいている人のように見え、威風堂々とした姿。また、鐘楼には、元禄十五年(一七〇二)の銘のある銅鐘がかけられています。この鷹の彫刻には、言い伝えが有ります。

喜多院境内には、沢山のハトがいて自由に飛びまわっています。しかし、町の人達から大事にされているハトが、一か所だけ近づかない場所があり、それが鐘楼門でした。なぜかというと、ある日、鐘楼門の屋根でハトが遊んでいると、彫刻だと思っていた鷹が羽を広げ、襲ってきたからです。
それ以来、ハトは、決して鐘楼門に近寄らなくなったそうです。「続川越の伝説」には、ハトの話とともに、この鷹が、日光東昭宮「眠り猫」の製作者で知られる飛騨の名工・左甚五郎の作と伝わっていると記されています。鐘楼門は重要文化財に指定されていますが、少し離れた所に有るためか、意外に目立ちません。鐘楼門の前に立ち、その先にあっただろう東照宮の姿を思い浮かべ、江戸時代初期の光景を想像するのも興味深いものです。
川越城本丸御殿と家老詰所川越城本丸御殿と家老詰め所
川越城本丸御殿は、嘉永元年(一八四八}、川越藩主であつた 松平斉典によつて造営されました。間口約三十四メートル、奥行き約九メートル、入母屋造りの桟瓦葺き、中央に大唐破風と霧除けのついた建物で、玄関の両側には瓦葺の櫛形塀があります。建築当初は、建坪千二十五坪の規模がありましたが、明治維新後に少しずつ解体され、現存する建物は、玄関部分と移築復元された家老詰所のみです。
横長の構造を持つ玄関とその上部の大唐破風は武家の風格を感じさせ、県指定の文化財になっています。
玄関を入ると、長さ三十五、五メートル、幅二、五メートルの表廊下があります。けやきの鏡板でできたこの廊下は、深みのある黒い光沢を放ち、百五十年を超える歳月を感じさせてくれます。表廊下によって囲まれた部分は、三十六畳敷きの大広間をはじめ、槍の間・使者の間、使番詰所・番抜老躯詰所・物頭詰所などの部屋にに仕切られています。

本丸御殿は、書院造りの武家住宅であるため、貴重なな装飾が内部に残されています。その中心となるのが障屏画です。障屏画には、壁に直接書かれる壁画のほか、ふすま障子に描かれる 障子絵・杉戸絵なども含まれます。取壊されてしまつた部分が多いため、全体の様子はわかりませんが、現存している杉戸絵には、色彩が確認できるものもあり、当時の姿がしのばれます。
これらの杉戸絵は、岸村(現在の岸町)在住の名主で、川越藩御用絵師であった船津蘭山によって、約七年の歳月をかけて描かれ、安政三年(一八五七)に完成したことがわかつています。
家老詰所は、明治維新後、上福岡市の福田屋の分家に移築されたものを、昭和六十二年にもらい受け、修理復元したものです。
現在の位置は、移築前の場所とは異なりますが、光西寺(小仙波町5丁目)に残されている平面図からは、本丸御殿の奥にあつたことがうかがえます。広い廊下を歩くと、ひんやりとした空気が足もとから伝わってきます。本丸御殿には、当時、そこで仕事をしていたであろう武士たちの姿を思い描くことがで きる貴重な空間が残つています。
山王塚
山王塚(市指定文化財・史跡)
山王塚(大塚新田)は、入間川の支流である新河岸川(旧赤間川)の右岸、標高二十九メートルの武蔵野台地北縁に築かれた上円下方墳です。
山王塚の南西、入間川を望む南大塚の台地周辺には、五十数基の古墳があり、市内でも最大の南大塚古墳群を形成しています。山王塚は、その中でも最も規模が大きい古墳で、東日本屈指のものとされています。
古墳方形部の一辺は、約六十三メートル、上円部の直径ば約四十七メートル、全高が四.五メートルあります。古墳の頭頂部は、この辺りの小字地名である山王の由来となる山王社が祭られています。
多くの木々が古墳の周りを取り回み、昼間でも薄暗く感じられます。山王塚古墳の周りには、堀の存在が認められ、幅八.五メートルから十メートル、深さ約二.五メートルに及ぶ大きな堀が周囲を巡っていたようです

。 平成四年には、かつて古墳があつたとされる山王塚西側の発掘調査が行われ、横穴式石室の跡が発見されました。ひつぎを納めた部屋からは、土器や勾玉に混じって、金環や直刀がいつしょに出土しています。

直刀は、レントゲン撮影による調査が行われましたが、時代や人物を特定できるような銘文は刻まれていませんでした。入間川の左岸には、ちょうど南大塚古墳群と相対するように、牛塚吉墳(市指定文化財・史跡)に代表される的場古墳群があります。川を挟んで生活していた当時の川越の豪族たちは、競って古墳を造ったのでしょうか。それとも、一つの大きな豪族が、川の両側にたくさんの古墳を築いたのでしょうか。
現在の発掘資料からは、確かなことはわかつていませんが、市内に残る古墳には、かつての川越を知る手がかりがあると考えられます。