小江戸川越の歴史を尋ねてー20
大袋白髭神社 六塚稲荷神社 新宿氷川神社
本殿
川越館址
(上戸)
砂久保稲荷
歴史を今に伝えて大袋白髭神社本殿 143  
大袋白髭神社本殿は、室町時代の永禄年間 (一五五八~一五七〇)の創建と伝わっています。 
本殿は覆屋内の切石積基壇上に立つ、一間社の入母屋造です。屋根は木瓦葺で、千鳥破風と軒唐破風を付けています。
江戸時代末期に流行した江戸彫りを多用する本殿の一つですが、入母屋造は珍しく、架構 (木組み)・彫刻はきわめて密度が高く、質もいい建築です。
特に目立つのは、身含(もや)の正面扉を含めた壁面と脇障子の彫刻です。正面の桟唐戸は、桟で区画された格間(こうま)いっぱいに花木の浮き彫りを、両脇璧にも扉より少し立体的な丸彫りの花木を飾っています。
浮き彫りを施した桟唐戸は、桃山建築を思わせます。壁面の彫刻は、背面が 天岩戸開(あまのいわとひらき)左側面が素戔鳴尊(すさのうのみこと)のヤマタノオロチ退治、右側面が源頼政のヌエ退治で、いずれも登場人物の性格をよく表し、動きに富み、神話・説話の名場面を表現しています。左脇障子の彫刻は、獅子の子落とし、右脇障子は唐獅子と牡丹で、縁の下などにも獅子・麒麟などの霊獣の彫刻が透き間なくあります。
また、本殿正面の木階裏の目に付きにくいわずかな所にも、今にも飛び出しそうな虎が潜んでいます。 基壇側面に慶応四年 (一八六八) の年紀があり、本殿の造営もこのころと考えられます。残念ながら大工名・彫工名を知ることはできませんが、川越を代表する江戸彫の本殿といえます。
歴史を今に伝えて144
元町二丁目六塚稲荷神社本殿付文政二年棟札
                          歴史を今に伝えて
               元町二丁目六塚稲荷神社本殿付文政二年棟札144

 当神社本殿は高い石積基壇上に建つ中規模の一間社流造で、屋根は銅板の瓦棒葺です。身舎の架構は出組を組んで中備に彫り物を飾り、妻飾は虹梁を一手持ち出して大瓶束と笈形で化粧棟木を支えています。架構はそれほど複雑ではなく、彫刻も所狭しと飾り立てるほどではありません。板支輪と笈形は、どちらも伸びやかな渦紋が彫られ、気品が感じらます。身舎背面の縁下板壁には狐の出入りする穴が開けられ、基壇の中に続いています。
 身舎の壁面には、江戸彫の彫刻がはめこまれています。
背面は亀を助ける浦島太郎、左側面は武士と唐子であり、脇障子は狐、扉の左右脇壁は鯉の滝登りです。右側面の物は残念ながら盗難にあい、失われています。

 棟札によると、文政二年(一八一九)三月の再建です。当本殿のように江戸彫を用いた本殿は、天保期(一八三〇~一八四四)以降に流行し、嘉永・安政期の一八五○年代に最盛期を迎えます。当本殿は最盛期の三十年ほど前に造営されているため、最盛期の物に比べると、建築の架構があまり複雑でないこと、彫刻の用い方が控えめであること、などの特徴があります。
 当本殿は、市内で最初期の江戸彫が用いられている遺構です。景観上もランドマークとして重要で、その価値は高いといえます。
歴史を今に伝えて145
新宿氷川神社本殿 (新宿町一丁目)

                           新宿氷川神社本殿 (新宿町一丁目)
本殿は覆屋内に収められた江戸彫を多用した小型の一間社流造で屋根は軒唐破風を付けた板葦の瓦棒葦です。
軒を支える組物は尾垂木付の二手先で詰組とし、花鳥を浮彫した板支輪を四周に回し、斗栱間に鶴やきじなどの丸彫彫刻を飾ります。妻飾は、二手先で大虹梁を持ち出し、その上に出組を組み二重虹梁を架け、中央に力士像を置き、化粧棟木を支えます。ひさしの架構・彫刻も手が込み、柱は地紋彫を施した角柱ですが、竜が巻きつきほとんど見えません。ひさしの側面の繋海老虹梁は、全体が竜の籠彫になっています。

 身舎三面の壁には、密度が高く立体的に彫られた江戸彫彫刻があります。特に背面は壁面が広く、天岩戸開を題材とした神話の情景を生き生きと表現しています。

左脇障子の背面に刻銘があり 「大工棟梁 野本喜延 熊谷住彫工 小林正信」 と記されています。野本喜延については不詳ですが、小林正信は、小林源八正信と名乗った幡羅郡玉井村 (現在の熊谷市)出身の彫り物師で、寛政九年 (一七九七) 弓箭稲荷神社本殿 (東松山市)を手がけたことで知られています。川越を代表する、江戸彫を用いた本殿の一つに数えられます。
              文化財保護課。電話 224-6097
 歴史を今に伝えて 146
                歴史を今に伝えて146                      
 
            明らかになってきた 「河越館跡」 (上戸)

 国指定史跡・河越館址は、川越の地名の由来ともいわれている武蔵武士・河越氏の館址です。
河越氏が活躍した平安時代終わりから鎌倉時代 (十二世紀後半~十四世紀) ごろの武士の館は調査例が少なく、その構造などがよくわかりませんでした。しかし、河越館址で昨年までに発見された遺構・遺物により、当時の様子がわかってきました。

 河越館址には、幅四メートルから五メートル・深さ二メートル程度の堀で仕切られた、建物や井戸のある方形の区画がいくつも集まり、区画の間には通路がありまし、た∵実際に区画の掘の一部が「コ」の字型に発掘されています。また、武士が酒宴で使った「手づくねかわらけ」という素焼きの器・戦火で焼けたと思われる瓦など、戦いの中に生きた、当時の武士の生活がうかがえる遺物も発見されています。

 この河越館址の歴史的に貴重な遺構・遺物を守り伝えていくために、史跡公園として整備し、来年度中に一部を開園します。現在、発掘調査で見つかった堀や井戸を立体的に復元する工事をしています。川越の歴史を体験できる新しい公園の誕生まで、もうしばらくお待ちください。文化財保護課電話224・6097
歴史を今に伝えて
147
 砂久保稲荷神社本殿付天保十四年棟札
                      歴史を今に伝えて   147
            砂久保稲荷神社本殿付天保十四年棟札
 砂久保は正保二年 (一六四五)から開発が行われ、砂久保稲荷神社はその開発に伴い、鎖守として祭られたのが始まりといいます。
本殿は、やや小型の一間社流造(いっけんしゃながれつくり)で、屋根は板葺きです。江戸彫を多用した本殿の一つですが、ところどころに個性的な細部意匠が用いられています。

その中で特に珍しい意匠は、稲穂とひょうたんのように見える、破風に付けた懸魚(げぎょ)です。身舎壁面を飾る江戸彫彫刻は、左側面がくわを担ぐ童子、右側面が雲中を駆ける麒麟、背面が稲積(いなずみ)の周りを飛び交う狐です。また、脇障子には唐獅子と牡丹が彫られていますが、背面からも彫られている、ていねいな造りになっています。
 造営年代は棟札から、天保十四年 (一八四三) と判明しています。棟札には各種職人の名が記され、大工棟梁は並木村の篠澤定六、小工は今福村の仙造、絵図師は藤馬村の吉田市之丞、石工は藤馬村の清吉と砂新田の牛伝金左エ門です。棟札に絵図師の名前が記されるのは珍しい事例です。昨年八月十日に、市指定文化財になりました。
  文化財保護課・Tel224・6097