小江戸川越の歴史を尋ねてー21
和同開珎 古瀬戸鉄釉平碗 五百羅漢 初雁城の東西 鍛冶職絵馬
歴史を今に伝えて
148宝物としての和同開珎


 
                                         歴史を今に伝えて
                                                 148
                                                               文化財保護課課・224・6097
                                       宝物としての和同開珎

 古墳時代前期に開拓され、平安時代にかけて大規模な集落と有力な豪族の住居があったと考えられている、弁天西遺跡。現在の小仙波町四丁目を発掘した第十八次調査で、奈良時代前期 (八世紀前半) の住居跡から、和同開珎が一枚発見されました。
 和銅元年(七〇八)に発行された和同開珎は、国内で鋳造・流通した最古の貨幣です。当時の都であった奈良とその周辺で多く出土することから、日常的な交換手段として流通していたと考えられます。それ以外は奈良平安時代の役所である官衙や、寺院など、その地域の中心的な場所で数枚しか発見されていません。
 和同開珎は、貨幣として流通していない場所では富や権力を象徴する、都からもたらされた宝物でした。地方で発見される物の多くは、人を埋葬するときや建物を建てるときの儀式で使われています。
 同遺跡でも、住居跡の南西の床面から出土しました。家を作るときか取り壊すときの儀式に、使われたと考えられます。県内では六例目となる今回の発見は、川越が地域の中心的な存在だったことを裏付ける貴重な資料です。
歴史を今に伝えて       149
 古瀬戸銑釉
平碗

                  歴史を今に伝えて    149 
            古瀬戸銑釉平碗こ せ と てつ ゆうひらわん

 古瀬戸銑釉平碗は、川越城跡の発掘調査で出土した茶碗です。 この茶碗が作られたのは、今から約五百五十年前の室町時代の半ば頃現在の瀬戸市周辺の登り窯で焼かれた物と思われます。茶碗の口の直径十五・四センチ、底の直径四・五センチ、高さ五・四センチで、一部欠けていますが、手に取るとずっしりと重く、両手に余る大きさです。形は口の下の部分でゆるくくびれ、茶道で用いる天目茶碗と似ていますが、平たい印象を受けます。紬薬は、鉄分を多く含んだ泥水を化粧掛けしたあと、漆黒の銑紬を施します。鉄紬は全面ではなく、まだらに掛かっていて、それがこの茶碗の見どころの一つとなっています。

また、鉄分を含んだ泥水で化粧掛けするのは、この時代の天目茶碗の特徴で、当時の陶工たちが手本とした中国建窯の天目茶碗をまねようとしたものです。

 この茶碗が出土したのは、市役所から市立博物館へ向かう道路と県立川越高校から氷川神社へ向かう道路が交わる交差点の辺りです。出土地点の傍らには、小田原の後北条氏が川越城にいた際に造られた通が東西に走り、小田原産の手づくねかわらけや金ばくかわらけなど城主やその一族が使った器物が出土しています。それでは、この茶碗は誰が使っていた物なのでしょうか。想像は大きく広がります。
文化財保護課・224・6097
歴史を今に伝えて
喜多院の五百羅漢 150

                                           喜多院の五百羅漢

 喜多院境内にある五百羅漢は、北田島村 (現在の北田島) 出身の志誠(しじょう)こと内田善右エ門が造り始めたのが起源とされています。
 天明二年 (一七八二) から 「天明の大飢きん」 が数年間続いたこともあり、十八世紀ごろの日本では、社会全体が大きく揺らいでいました。その一方で、「五百羅漢像に詣でると、その多様な面相の中に必ず思慕する故人の面影を見いだすことができる」 という信仰やその庶民性から、全国で五百羅漢の信仰が流行していました。

 このような時代に志誠が江戸本所の羅漢寺へ参拝に行ったことが、五百羅漢を制作し喜多院に納める、直接の契機になったとされています。志誠は寛政十二年(一八〇〇) に亡くなるまで、約四十体の羅漢像を制作しました。北田島の円満寺のそばにある閻魔堂墓地内には、市の史跡に指定されている、志誠の墓があります。

 羅漢像の正面には 「石碑三尊五百羅漢記」 の碑文があり、志誠の制作への熱意が記されています。志誠の死後、喜多院の学僧たちは志誠の意志を継承しました。喜多院内の毎日の動向を記録した 「喜多院日鑑」 によると、文政六年(一八二三 に五百羅漢の開眼供養が行われたとされています。
*拝観料が掛かります。文化財保護課・TELL224・6097
歴史を今に伝えて 151「初雁」がつなぐ川越の西と東
                                   歴史を今に伝えて 151
                             「初雁」がつなぐ川越の西と東

 川越城は、「初雁城」 とも呼ばれています。昔、城山の三芳野神社に、初雁の杉というみごとな杉の木がありました。北の空から飛んできた雁が、毎年その杉の上で三声鳴きながら三度回って南の空に飛び去ったことから、初雁城と呼ばれるようになったといわれています。

 実は、この話のもとになったと思われる伝説があります。かつて霞ヶ関東小学校辺りには、「初雁ノ池」 と呼ばれるひょうたんの形をした大きな池がありました。
そして、毎年南へ渡る雁が、必ず池の上を三度回って鳴き初めをしてから旅立ったそうです。しかし江戸時代になると、ほとんどが埋められて水田になりました。池の近くには、初雁塚と三芳野塚という大きな塚がありましたまた、三芳野塚の近くには、天神社がありました。その天神社は、現在的場にある三芳野天満宮に移ったそうです。

 幕末の書物を見ると、川越城は上戸にあった城を移したとか、城内の天神門など幾つかの門は、上戸から持ってきたと記されています。どこまでが史実かはわかりませんが、少なくとも幕末には、川越城ゆかりの地がこの辺りにあったと思われていたようです。
文化財保護課・224−6097
歴史を今に伝えて鉄砲台を打つ鍛冶職人図大絵馬(幸町金山神社蔵) 152
        鉄砲台を打つ鍛冶職人図大絵馬(幸町金山神社蔵)
 幸町金山神社に奉納されたこの絵馬の大きさは、縦六十四センチ、横八十センチ。私たちが神社などに奉納する絵馬より大きく、大絵馬と呼ばれています。
 
 大絵馬の裏面には 「嘉永七寅年二月/高嶋流鉄砲台異国船渡来之節打之/奉納 金山大権現/松郷 鍛冶屋万吉」 との・銘文があります。表面には、今から百五十三年前、松郷にあった鍛冶屋万吉の仕事場が描かれています。
松平大和守家の紋所である桐紋を染め抜いたちょうちんや幕の中には大砲が置かれ、その前では職人が炭を割っています。中央の金敷では三人の職人が大槌を振るい、厚い鉄板を鍛えています。鞴の前には、弟子たちの仕事ぶりを見守る親方万吉の姿。これは、川越藩に大砲の台座を製作するよう命じられた万吉の鍛冶場の様子です。

 嘉永六年 (一八五三) のペリー来航により、江戸幕府は品川に台場を築きます。その第一台場の警備を川越藩が命じられました。川越藩は藩内のさまざまな職人を動員し、戦備増強に努めました。万吉も動員された一人だったのです。この絵馬は、無事に台座を製作した万吉が翌年に金山神社に奉納した物と考えられます。
 この大絵馬は、幕末という動乱の時代の中で揺れ動いた川越藩の様子を、今に伝える貴重な資料です。