小江戸川越の歴史を尋ねてー22
戦国時代の護符 笹原門樋 昔の懐炉温石 笠幡白鬚神社本殿 上戸日枝神社本殿度  
歴史を今に伝えて 153
戦国時代の護符


 
          館跡から出土した戦国時代の護符(大掘山館跡第3次調査

 下広谷に位置する大堀山館跡は三重に堀・土塁を巡らせた、一辺約百八十メートルの正方形の館跡です。
十五世紀後半に河越城を築いた扇谷上杉氏が、河越城の北を守る陣所として築いた可能性が高いと考えられます。
 ことし三月から五月にかけて実施した、同館跡発掘調査で井戸底近くから、蘇民将来符が臼やおけなどといっしょに出土しました。出土品は、井戸から多量の水がわき出ているため、腐らずに残されていました。
この護符は四角柱で「蘇民将来之子孫也」と各面に二文字ずつ書かれていて、頭部は黒く塗られています。井戸からは、長享二年(一四八八)銘の板碑も出土しているため、このころに埋められたと考えられます。 この符は、災いを避け福を招くことを願って飾られたり身に付けたりした物です。今回出土した護符は、井戸を廃絶する儀式に伴って埋められたと考えられます。県内では出土例が少なく三例目で、当時の信仰や井戸に関する儀式を考えるうえでも貴重な発見といえます。    文化財保譲課・tel 224・6097                                 
歴史を今に伝えて 154
笹原門樋 (古谷上)

                歴史を今に伝えて 154
                笹原門樋 (古谷上)

 川越運動公園近くにある、レンガ造の水門。これが、笹原排水路に設けられた笹原門樋です。
明治三十四年 (一九〇一) 荒川の水を、かんがいなどに利用するために造られました。大きさは、高さ約四メートル、面壁部の幅は約3メートル、翼璧から翼璧までの幅が約五メートルあります。
当時も、経済性や耐久性などが最優先でしたが、近代土木構造物ならではの装飾が施されています。二本の煙突を思わせる塔、面壁上部のデンティル積(歯状装飾)。
その下部には、レンガをせり出し状にした、洋館などに使われるコーニス (軒蛇腹) 風の装飾があります。 時代背景として興味深いことがあります。
深谷にレンガ工場が出来たあと不況になると、県内で笹原門樋と同様の構造物が多く造られるようになりました。当時、レンガは日本の近代産業を象徴する最新素材。笹原門樋は、不況の中、工場を維持し近代化を進めるために造られた物の一つと考えられます。 
笹原門樋は、塔・面・壁・翼壁のバランスがよく、周囲の田園風景にとけ込む美しいデザインになっています。
文化財保護課電話224−6097
歴史を今に伝えて 昔の懐炉・温石 155
              歴史を今に伝えて155
                昔の懐炉・温石
 ポケットに入れたり、背中にはったり、靴の中に入れたりと、寒い冬に活躍する懐炉。その原型は、平安時代末ころに登場した 「温石」 といわれています。
 温石は、保温力に優れた石を板状に加工し、温めて布でくるみ、懐に入れて暖をとる道具です。材料には軟らかく加工しやすい滑石などが使われ、上部には穴が開けられていました。この穴は、火鉢などで温めた温石を取り出す際、直接触れてやけどをしないよう、火ばしなどを引っ掛けるために使われていたと考えられています。

 石の持つ保温力が優れていることは、現在でも日本や韓国の料理で、石鍋が使用されていることからもわかります。国指定史跡・河越館跡からは、滑石製の温石だけではなく、滑石製石鍋の破片を温石として再利用した物が出土しています。

 ちなみに、修業中の僧が寒ささと空腹を我慢するため、懐に温石を入れたことが、空腹をしのぐ軽い食事である「懐石料理」 の語源だといわれています。
文化財保護課・tel224-6097
歴史を今に伝えて   156
笠幡白鬚神社本殿

                歴史を今に伝えて    156
                  笠幡白鬚神社本殿
 ことし一月二十八日付けで市の文化財に指定された本殿は、小型の一間社流造で、覆屋の板床上に据えられています。板葺きの屋根に千鳥破風・軒唐破風を付けていますが、当初から覆屋内にあったと思われ、屋根は雨を受けることを考えて造られていません。
 本体部分である身舎は、台輪上に尾垂木付きの三手先を組んで、妻の大虹梁を大きく持ち出しています。大虹梁の絵様は、渦と波頭を浮き彫りし、大虹梁と二重虹梁の上には竜と花鳥の彫り物を飾るなどしています。
建物を彫り物で埋め尽くし、迫力ある印象となっています。
背面の板壁は唐獅子と牡丹、左側面は巨霊人と思われる老人と虎、右側壁は琴を弾く玉巵と竜です。
また、左脇障子は亀に乗る黄安仙人、右脇障子は鯉に乗る琴高仙人が彫られ、中国の物語などが主題となっています。庇の柱には昇り竜、降り竜が彫られ、中備にも眼光するどい竜がにらみをきかせています。 
造営年代は、記録によると安政二年 (一八五五) です。建築および彫刻の質が高く、江戸彫を多用した本殿の事例として貴重な遺構です。文化財保護課・tel224・6097
歴史を今に伝えて   157
上戸日枝神社本殿

                歴史を今に伝えて     157
                  上戸日枝神社本殿
 河越氏が平安時代末期に京都から勧請したのが始まりといいます。
当時は新日吉山王権現(いまひえさんのうごんげん)といいましたが、明治元年 (一八六八) に現在の名称に変わりました。
本殿は大型の一間社流造で、木割が太く、造りはしっかりしています身舎の組物は連三斗、中備に蟇股を飾り、妻飾は虹梁大瓶束で左右に扠首を添えています。蟇股はやや背が低く肩は盛り上がり、緊張感のある輪郭で、内部彫刻は近世前期の流れをくむ丸彫り彫刻です。

妻飾・組物・蟇股・頭貫・内法長押・海老虹梁などは濃厚な色彩が施されていますが、現在ははく落が目立ちます。また、背面板壁に菊花紋、側面板壁に菊水紋が描かれていた痕跡があります。虹梁、海老虹梁、庇木鼻などは、彫りが浅く、細い線で描かれていて、身舎頭貫の鼻を肘木にする点、庇頭貫を虹梁ではなく陸梁にする点などいずれも古い形式です。

 造営年代は、十七世紀中期ころと推測され、装飾が控えめで、保守的・伝統的な神社建築を今に伝えています。二月二十八日に市指定文化財になりました。文化財保護課・tel224・6097