小江戸川越の歴史を尋ねてー23
井上家文書 戦国時代の木臼 三変稲荷出土鏡 江戸時代の玩具 日枝神社と牛塚
歴史を今に伝えて 158
元町二丁目井上家文書

 
                   元町二丁目井上家文書

 現在の元町二丁目は、かつて高沢町といいました。
代々、高沢町の名主を世襲した井上家は、戦国時代末期丹波笹山(現在の京都府)から移住したそうです。
井上家文書の総数はおよそ千八百点。寛永九年(一六三二)から昭和初期までの文書があります。江戸時代の文書は、「支配、年貢、負担、町、寺社、経営、新河岸舟運、家」の七種類に分類できます。

「新河岸舟運」 の文書では、嘉永元年(一八四八)に第九代の勘兵衛が、川越商人十六人を代表して、「川越屋勘兵衛」と名乗り、江戸における商品の購入や輸送の中核になっていたことが分かります。また、「町」の文書からは、当時の川越の人口動向を知ることができます。

 明治以降の文書は、「町政、経営、新河岸舟運、家」の四種類に分類できます。江戸時代の文書は公的なものが多いのに対し、明治以降の文書は、井上家の私的なものがほとんどです。
井上家文書は、近世から近代にかけて川越の町を支えてきた、有力商人の動向を知ることができます。また、町人社会の構造を物語る貴重な史料として、ほかにはない特色を持っています。特に「新河岸舟運」については、今まで河岸問屋の史料を中心に研究されてきましたが、川越商人の史料から新たな側面が見えてくると期待されます。
研究対象として貴重なことから、1月28日に市の指定文化財になりました。
文化財保護課・Tel 224・6097
歴史を今に伝えて159戦国時代の木臼(大堀山舘跡第三次調査)

                 歴史を今に伝えて  159
         戦国時代の木臼 (大堀山舘跡第三次調査)

 県指定史跡である大堀山舘跡は、下広谷に位置する戦国時代の城跡です。市教育委員会では、大堀山舘跡の内容確認のため、発掘調査を実施しています。
 第三次調査では本郭の調査を行い、整地した面の下から堀や井戸などが発見され、大堀山舘の本郭の構造に変遷があったことが分かってきました。今回紹介する木臼は本郭の南端で発見された、深さ約四メートルの素掘りの井戸底から出土しました。この木臼は高さ約七十センチ、最大径四十センチ、胴の中ほどでくびれを持つ竪臼で、松の丸太を削って作られています。実際に使用されていたもののようで、底の部分は磨り減っていて真ん中は窪んでいます。日本では胴にくびれを持つ竪臼と竪杵は、弥生時代から江戸時代中ころまで使われていました。現在、餅つきで使われる胴臼と横杵は、江戸時代中ごろ以降から使われるようになったようです。
 実用されていた戦国時代の木臼は、全国的にも非常に出土例が少なく、貴重な発見です。他では、ミニチュアの木製竪臼を井戸の廃棄埋め立て時に入れていた事例が確認されています。今回の臼は、井戸の埋め立ての祭祀で埋められたものと考えられます。
文化財保護課・tel224・6097

歴史を今に伝えて160
三変稲荷神社古墳出土鏡(小仙波町四丁目)


           三変稲荷神社 古墳出土鏡(小仙波町四丁目 )
三変稲荷神社古墳は、長辺二十五メートル、短辺二十メートル、現存高一・八メートルの方墳です。
築造は、出土品の組み合わせや土器の年代観などから古墳時代初めで、入間郡内の最も古い古墳の一つと考えられています。 
出土品の中に、直径十三センチほどの鏡がありました。古墳の項上にあった埋葬施設の近辺から採集されたもので、死者に供えられていた副葬品の一つと考えられます。
この鏡の裏の部分には、真ん中の紐を巡るように龍と神仙の意匠が施されています。この鏡は鼉龍鏡と呼ばれる物です。
鼉龍鏡のように古墳から出土する鏡は、大和地方にあった当時の中央政権が、各地の有力者を掌握するために下賜したものと考えられています鼉龍鏡は、最も格式の高い三角縁神獣鏡に次ぐものです。中央政権がこの古墳の被葬者をいかに重視していたかを知ることができます。
文化財保護課・Tel 224・6097
歴史を今に伝えて
161

 発掘した江戸時代のおもちゃ
                     歴史を今に伝えて 161
                   発掘した江戸時代のおもちゃ

 元町、幸町など、江戸時代に城下町だった場所を発掘すると、こみ穴に捨てられた土製や陶製の人形が出土することがあります。
 これらは、江戸時代の子供たちが人形遊びで使ったおもちゃです。当時は、動物・童子など愛玩的な人形や、七福神・福助などの招福人形が人気だったようです。出土する土製人形の大半は、地の赤い色です。中には、色が塗られた痕が残っているものがあり、作られた当初は、きれいに彩色されていたものと思われます。赤く塗られた赤ん坊は痘瘡除け、天神様は学業成就、西行法師は泥棒除けや腰痛除けというように、おまじないや民間信仰に関係した人形も多く見られます。
 また、人形以外には、ままこと遊びに使われたミニチュアの食器、風流な趣味として大人が楽しんだ箱庭の道具なども出土しています。形も内容もさまざまですが、いずれも本物の特徴を忠実に再現した精巧な作りです。
 日本人の手先の器用さは、昔も今も変わらないようです。文化財保護課・tel224-6097
歴史を今に伝えて 上戸日枝神社と牛塚
162

                     歴史を今に伝えて 162
                      上戸日枝神社と牛塚
 霞が関駅西側の踏切を北へ直進すると、鎮守の森の中にひっそりとたたずむ神社、市指定史跡上戸日枝神社があります。この神社は、今から約八百五十年前に、河越氏の所領が京都の新日枝社(後白河法皇創建)の荘園になったときに、勧請したのが始まりとされます。
 上戸日枝神社を描いた江戸時代の書物を見ると、立派な松並木が神社から南へまっすぐ延びています。この松並木の先にあるのが市指定史跡牛塚古墳です。
 牛塚は、今から約千四百年前の、市内最大の前方後円墳です。全国的にも珍しい金銅製指輪などの副葬品を伴うことから、この地域を治めた首長墓と考えられています。

 なぜ、五百年以上も時代差がある二つの史跡が南北に並び、その後も関係していたかのように、松並木でつながっていたのでしょうか。古代には北の方角を尊ぶ信仰がありました。そのため、河越氏が日枝神社を勧請したとき、古くから信仰されてきた牛塚の真北にわざわざ社を構えたのではないかと思われます。
文化財保護課tel224-6097