小江戸川越の歴史を尋ねてー24
南大塚古墳群 乗合馬車 的場古墳群  川越城中の門堀跡  謎の滑石製スタンプ 
歴史を今に伝えて 163
南大塚古墳群


 
                 歴史を今に伝えて163
                  南大塚古墳群
 市内には数多くの古墳が点在し、いくつかの地域では、古墳群が形成されています。

 その中の一つ、南大塚古墳群は、豊田町辺りの赤間川右岸の台地上に位置し、北東から南西の縦約二・五キロメートル、横〇・五キロメートルのだ円形範囲内に分布しています。
東日本最大の上円下方墳といわれている山王塚古墳は、同古墳群の東端に位置 しています。また、国道16号南大塚交差点近くの菅原神社の社殿は、古墳の上に建てられています。
これらを含 め同古墳群内には、約三十基の古墳が確認されています。

 昨年、同古墳群最西端に位置する畑地で発掘調査を行いました。その結果墳丘が削れ、周りの堀のみが残っている古墳が二基発見されました。この二基の古墳は、埴輪を置いた形跡がないことから、古墳時代の中でも七世紀ごろ、比較的新しい古墳と考えられます。 

この辺りには、墳丘を失い、地中に埋もれている古墳が数多く存在しているのかもしれません。
文化財保護課・ tel224I6097  
歴史を今に伝えて 164
川越の町に馬車が走った

                    歴史を今に伝えて    164

                   川越の町に馬車が走った
 日本で初めての乗合馬車は、明治二年(一八六九)東京と横浜を結ぶものです。その後、瞬く間に普及し、活況を呈しました。
 乗合馬車は、町中を定期的に運行する、現在の路線パスのようなものです。馬一頭か二頭で引き、定員は十人前後のものが中心。中には、定員二十人を超えるものもありました。
 現在、川越の乗合馬車に関する資料は、ほとんどありません。記録として、二つの乗合馬車が営業していた記載が、明治三十五年(一九〇二)発行の『埼玉県営業便覧』に残っています。

同便覧には、川越町本町(現在の元町一丁目)に 「川越上尾間乗合馬車発着所 三成社」。江戸町(現在の大手町)に 「馬車営業佐久間軒 佐久間松蔵」と記載があります。また、はしがきには、「上尾、松山、坂戸、越生に通ずる馬車ありて、往役頻繁、衆庶の便を欠くことなし」とも記載があります。このことから、川越から各方面への路線が存在し、頻繁に発着していた様子がうかがい知れます。

 佐久間軒の乗合馬車は、大正八年(一九一九) 開業から三十七年で廃業。それは、明治三十九年(一九〇六)川越電気鉄道の開通で、利用者数が減少したためでした。廃業時に存在した八人乗りの馬車七台は、その役割を終え、姿を消しました。
文化財保護課・TEL224I6097
歴史を今に伝えて 165
的場古墳群

                     歴史を今に伝えて  165
                       的場古墳群

 市内最大の前方後円墳である牛塚古墳を主墳とした的場古墳群には、三十基 以上の古墳が存在したと、江戸時代の地誌「新編武蔵風土記稿」に記されています。しかし、現在墳丘が確認できる古墳は、同古墳を含めて二基し かありません。
 平成19年に、牛塚古墳から西へ二百メートル程離れた下宿東遺跡で実施した 発掘調査では、直径約十五メートルと、直径約二十五メートルの円墳が新たに 発見されもした。共に幅約四メートル、探さ約1メートルの周溝が確認されま した。更に、大きい方の円墳からは、埋葬施設である石室が見つかりました。

石室は川原石を積み上げたもので、中から銅に金を被せた耳環が一個、首飾りに使われたと思われる青・水色・紺色をしたガラス製の小玉が四十六個出土 しました。二基の古墳は、十メートル程度しか離れてなく、周辺にも同様の古 墳が存在していたと考えられます。

 今回の発見は、書物で伝えられていた古墳が実際に存在していた証明となり、今後、的場古墳群の全容を解明していくうえで、重要な発見といえます。
文化財保護課・TEL224I6097
  歴史を今に伝えて 166 
 川越城中ノ門堀跡(郭町一丁目)   
                                     
                 歴史を今に伝えて 166
               川越城中ノ門堀跡(郭町一丁目)

 市役所前の通りを博物館へ向かう途中に、川越城の 「中ノ門堀跡」があります。この堀は、かん えい寛永十六年(一六三九)に藩主となった、松平信綱の時代に造られました。
 中ノ門堀は、敵が川越城の入口・西大手門(現在の市役所の辺り)から城内に侵入してきた場合を想定し造られた、防御施設です。西大手門側から進んできた敵を、中ノ門堀を含む三本の堀で阻み、本丸方面に直進させないようにしたものです。進撃の歩みが緩んだところに、城の兵たちが弓矢や鉄砲を射掛けるといった構造になっていました。

 堀の発堀調査では、西側(西大手門側)と東側(本丸側)で、堀のこう配を大きく変えているという興味深いことが分かりました。西大手門側で三〇度、本丸側で六〇度と、本丸側の堀は、壁のように切り立った状態となっていて、敵の行く手を阻んでいたのです。
 現在、中ノ門堀跡では、堀の姿を後世に伝えるため、整備工事を進めています。
 この春には、同工事が完成予定です。中ノ門堀跡に立ち、往時の川越城に、夢をはせてみてはいかがでしょうか。文化財保護課・TEL224I6097
     

             歴史を今に伝えて謎の滑石製スタンプ167


                    歴史を今に伝えて   167  
                    謎の滑石製スタンプ
                                 文化財保護課・224−6097
               
 昨年11月にオープンした国指定史跡河越館史跡公園。現在第二期整備に向け、発掘調査を進めています。今回は同調査から、最新の出土品を紹介します。
 出土したのは、羽ばたく鳥の姿が二列刻まれた滑石製の石板です。大きさは縦三センチ、横六センチほどで、押し当てて模様をつける「スタンプ」です。滑石は柔らかく、細かな加工がしやすい特徴を持っています。同種のスタンプは、製作された数が少ないと思われ、中世に武士の都市として栄えた鎌倉などの遺跡から少量が出土する程度です。大変珍しく、また、謎の多い道具です。
 謎とは、実際にこれらのスタンプを用いて模様をつけたと思われる「モノ」が遺跡から発見されていないからです。発見されない理由として、「木・革・布などに押されていたため、土中で腐った」という説や、「まんじゅうの焼印のように、菓子などの食品に使われた」 という説があります。
 滑石製スタンプは、今後行われる最新遺跡発表会で展示予定です。