小江戸川越の歴史を尋ねてー25
下老袋氷川神社 石原のささら祭  川越と火縄銃 今と昔の道 眠った線路
歴史を今に伝えて
168
下老袋氷川神社

              歴史を今に伝えて 168    下老袋氷川神社

 市の北東部に位置する下老袋氷川神社。この神社の境内には、昭和20年代後半まで一本の椋の木があり「脛巾様はばき」と称し、祀られていました。昔ここの神様が、大宮の氷川様と戦い、敗れて帰ったとき、脛巾(すねを保護するために巻く布)をこの木に掛けたためといわれています。

 同神社には、埼玉県の無形民俗文化財に指定されている行事が二つあります。 「老袋の弓取式」 は、毎年2月11日に行われ、その年の天候を占う行事です。矢を三回射って、的の白い部分と黒い部分に当たった矢の本数を数え、これを三度繰り返します。白が多いと晴れの日が多く、黒が多いと雨の日が多いと占います。今年の結果は、天候に恵まれ、良い一年になるとのことでした。

「老袋の万作」は、豊年万作を願う、五穀豊穣祝福の芸能行事です。今年は4月11日(日)に行われます。境内に設けた舞台で、万作踊りと、笑いの要素を取り入れた万作芝居が奉納されます。今年の踊りは「下妻踊り」など。万作芝居は「焼山峠」が披露されます。出かけてみては、いかがでしょうか。
川越歴史探訪
古きを訪ね新しきを知る 1
 石原のささら獅子舞

                     川越歴史探訪
              古きを訪ね新しきを知る 1
 
                    石原のささら獅子舞
 このコーナーは、川越の歴史や文化財 に興味を持つ、お手伝いをします。
 本格的な農作業を目前に控えた4月。この時期、秋の豊作を祈ったり、夏に多くなる疫病などの災いをはらったりする行事が各地区で行われます。
 その中の一つ、今年が本祭りにあたる石原のささら獅子舞。始まりは、慶長十二年(一六〇七)といわれています。その後、寛永十一年(一六三四)に、若狭小浜へ転封となった川越城主酒井忠勝が、雌雄二頭と舞人を伴ったことで一時中断。宝永六年(一七〇九)に復活し、現在に伝えられています。
 勇壮な舞を演じるのは、先獅子・中獅子・後獅子の三頭と、少年が演じる山の神。苗と竹製のささらの音に合わせた舞には、十二の場面があり、
小唄が歌われることもあります。ささらを演奏する四人のささらっこ
は、花笠をかぶり、四方を固めます。
 獅子舞は、17日(土)と18日(火日)の二日間、観音寺や本応寺のほ
か、まちを清めながら巡ります。二日目に舞を演じながら高沢橋を渡る場面がハイライトです。
文化財保護課電話224−6097
川越歴史探訪
古きを訪ねて新しきを知る 2
川越と火縄銃

                       川越歴史探訪
                  古きを訪ねて新しきを知る 2
                      川越と火縄銃
 火縄銃は黒色火薬を使用した、先込め式の古式銃砲です。点火装置に火縄を使うことから、この名がつきました。日本には天文十二年(一五四三)種子島に漂着したポルトガル船によって伝来しました。当時、合戦で使われていた弓の有効射程は約八十メートル。これに対して火縄銃は、百五十〜二百メートル。遠くから敵を倒すことができる「新兵器」火縄銃は、瞬く間に戦国大名の間に広まりました。
 天文六年(一五三七)以降、川越城を領有した後北条氏も、火縄銃を取り入れた戦国大名のひとりです。後北条氏は相州小田原を本拠とし、鉄砲衆と呼ばれる直属の鉄砲隊を、攻略した各地の械に派遣しました。市内でも、市役所周辺を中心とした川越城や後北条氏の重臣・大道寺政繁の陣所(上戸小学校辺り)にも鉄砲衆を駐留させ、上杉氏と激しい攻防を繰り広げていたかもしれません。
 河越館跡史跡公園では、5月29日(土)に火縄銃の演武を行います。重厚な火縄銃の響きを体感してみませんか。
文化財保護課電話224−6097
川越歴史探訪古きを訪ね新しきを知る 3
        古きを訪ね新しきを知る 3    今と昔の交わる道

 名細中学校南側の、市民の森の中を南北に通る道があります。九十メートルほどの長さがあり、U字型の堀割状に固められた痕跡を残す道は、中世、鎌倉街道の枝道として使われていたようです。
奈良時代には、東山堂道武蔵路と呼ばれ、武蔵国と上野国を結ぶ駅路という、主要幹線道路として使われました。
ここから北に向かったところにある下広谷地区には、古い街道という意味の「古海道」という地名や、大谷川に架かる橋に 「鎌倉橋」 という名前が残ります。こうした名前から、この道が昔から使われてきた道と知ることができます。 道をたどると昔の人々の息吹を感じられるかもしれません。
         文化財保護課 電話224−6097
川越歴史探訪
故きを温ねて新しきを知る4
眠ったままの線路

 
                   川越歴史探訪
                故きを温ねて新しきを知る4
                  眠ったままの線路

 大正14年(一九二五)に開業した西武鉄道安比奈線は、入間川で採取した砂利を運搬するための貨物線でした。砂利採取禁止に伴い、昭和42年に休止されましが 八瀬大橋の近くには、「つばさ」 ロケ地として、軌道敷内を歩くことができる場所が百五十メートルほどあります。そこには、休止から四十年余りたった今でも、レール・枕木・架線柱・橋りようなどが朽ちながらも残されています。
これらの姿は、かつてこの地に物の流れがあり、活気があったことを物語っています。
 木漏れ日がレールを照らす夏、木々の葉が染まる秋、落ち葉に覆われる冬……。季節ごとに違う表情を楽しみながら、貨物列専が走っていたころの時代に思いをはせてみてはいかがでしょうか。文化財保護課電話224−6097