小江戸川越の歴史を尋ねて-26
大堀山館址 古尾谷八幡神社   神幸祭 鉤の手 跡  三変稲荷
   古墳
  
川越歴史探訪
古きを訪ね新しきを知る5
大堀山館跡



                     大堀山館跡
 下広谷と坂戸市の境に広がる雑木林の中に、変わった地形があります。一歩足を踏み入れると、幅が最大八メートル・探さ三メートルの溝が数
十メートルにわたって続き、その溝に沿うように、土が最高二メートルほど土手状に積み上げられているのが見られます。こうした溝や土手は交互に続き、起伏に富んだ地形になっています。
 実はこの溝や土手は、戦国時代に築かれた域の防御施設、堀や土塁なのです。堀底を歩くと、その高低差を体感することができます。また、一辺
が約百五十メートルの方形で、三重に巡らされていることが分かります。ここは、「大堀山館跡」と言い、戦いに備えて一時的に滞在する目的で築
かれた城であると考えられています。
 平地に造られた城は、後世の開発で破壊されてしまったものがほとんど。その中で大堀山館跡は、堀や土塁が当時の形状をそのままとどめる貴
重な城跡です。林の中に残る、中世のロマンを感じてみてはいかがでしょうか。
川越歴史探訪 故きを温ねて新しきを知る 6
古尾谷八幡神社
          川越歴史探訪 故きを温ねて新しきを知る
                   古尾谷八幡神社
 「八幡様」 と地元の人に親しみを込めて呼ばれる古尾谷八幡神社。かつての古尾谷庄十三か村の総鎮守です。真っ赤な鳥居をくぐると、正面に大きな社が姿を現します。これは江戸時代
中ごろに建てられた権現造の社殿。近づいてみるとその大きさに圧倒されます。幕府や藩の手を借りず、地元の人々の力だけで建てられた神社建築としては、ほかに類を見ない大きさです。一番手前が神霊を礼拝する拝殿で、その奥に供物を奉る幣殿、そして本殿と続きます。

 現社殿の西隣にひっそりと建つのが、戦国時代に岩付太田氏の家臣が建てた旧社殿。これは四百五十年を経て現存する、市内最古の建物です。

簡素でいながら、りんとした気品を感じさせるその姿は、古谷地区の歴史を物語っています。

 9月19日(日)には、同神社周辺で、地域の男の子が色鮮やかなホロを背負って練り歩く、県指定無形民俗文化財・ほろ祭が行われます。文化財保護課224-6097
                    
川越歴史探訪

古きを訪ね新しきを知る7

川越氷川祭の神事祭

                    川越歴史探訪
                 古きを訪ね新しきを知る7

                  川越氷川祭の神事祭
 川越まつりでは、神輿を中心とした行列が巡行する場面に、出会います。これは、川越水川祭の神幸祭の行列。
慶安年間(一六四八~五二年)、当時の川越藩主・松平伊豆守信綱が、氷川神社に祭礼道具を寄進したことに由来します。
この神事祭で行われた山車巡行が発展したものが、現在の川越まつり。
平成17年には 「川越氷川祭の山車行事」 として、国の重要無形民俗文化財に指定されました。
 約三百六十年にわたり、受け継がれてきた神事祭。先頭で太鼓がたたかれ、榊や獅子頭などを持つ人、二台の神輿、神馬に乗った宮司などの行列が百メートルほど続き、厳かな雰囲気が漂います。
そして、この行列の後に山車が連なって行く様子は、見応えがあります。
 今年の神事祭は川月16日出、午後1時から行われる予定です。足を運んで、川越まつりの起源に思いをはせてみてはいかがでしょうか。文化財保護課224-6097
川越歴史探訪

古きを訪ねて新しきを知る 8

旧城下の鉤の手跡

 
                          川越歴史探訪
                     古きを訪ねて新しきを知る8

                          旧城下の鉤の手跡

 市街地には、丁字路、曲がり角などが多いと感じたことはありませんか。
これらは、城下町の町割(城を中心に、武家・商家・寺社などを計画的に配した区画割)の持徴です。
 旧城下の川越街道沿い、大手町と松江町一丁目にある鉤の手跡も、その特徴を良く表している場所の一つです。鉤の手とは、ほぼ直角に曲がる道のこと。川越と江戸を結ぶ重要な交通路だった同街道では、敵が城下内に攻め込みにくくするため、連続する折れ曲がりが造られたと考えられます。この二か所の鉤の手は、元禄七年(一六九四)の城下絵図にも描かれています。
 今では鉤の手部分が広場などに変わったり、斜めに車道が通ったりしていますが、その形はよく
残されています。いつも何気なく通っている道路 にも城下町・川越の面影をたどることができます。
     文化財保護課224-6097
川越歴史探訪
古きを訪ね新しきを知る9
      三変稲荷神社古墳 

  
                          川越歴史探訪
                       古きを訪ね新しきを知る9
      
                           三変稲荷神社古墳
 小仙波町四丁目の住宅街を歩くと、大きな木と鳥居が見えてきます。鳥居の奥には、
小さな社が建つ低い土山があります(写真)。これは仙波古墳群の一つ、三変稲荷神社古
墳です。現在は角が削られていますが、一辺が二十二メートルの方墳です。四世紀前半ころに造られ、県内でも最古級を誇ります。
 副葬品として、鋼製の鼉龍鏡や碧玉製石釧(腕輪)が見つかっています(市立博物館の常設展示)。
特に鼉龍鏡は、当時大きな力を持っていた畿内政権から各地の豪族へ、権威の象徴として配られたと考えられています。同古墳に埋葬された人物が、政治的にとても強い力を持っていたことを示しています。
 当時造られた古墳は、都市化の波に押され、平らになってしまったものがほとんど。その中で同
古墳では、市街地にありながら、約千七百年前の古代の面影を見ることができます。