小江戸川越の歴史を尋ねて-27
老袋弓取り式 富士山信仰  近代の町屋
建築
 
時の鐘あたりから 水琴窟 
川越歴史探訪古きを訪ね新しきを知る10

弓取り式と老袋地区



                    川越歴史探訪  故きを温ねて新しきを知る10
                   弓取り式と老袋地区

 米作りが盛んな地区には、豊作を祈る行事がたくさんあります。
 老袋地区では毎年2月11日に、弓取り式(県指定無形民俗文化財)が行われています。
的の白い部分を晴天、黒い部分を雨とし、的に矢を射って、刺さった矢の多さでその年の天候を占う儀式です。式の後は、見物客に甘酒と豆腐田楽が振る舞われます。豆腐田楽は稲穂の形を模したものといわれ、今年もたわわに実る稲を望む気持ちが表れています。
 老袋地区内を歩くと、周囲より高く土が盛られた敷地の家を何軒も見ることができます。この盛土は水塚と呼ばれ、江戸時代から続く水害対策の名残りです。
弓取り式が行われる氷川神社の前の土手に登ってみると、入間川が目の前に広がります。川と共生してきた地区の歴史・先人たちの知恵に思いをはせることができます。
川越歴史探訪古きを訪ねて新しきを知る11

富士山信仰と富士塚


        川越歴史探訪 古きを訪ねて新しきを知る11
               文化財保護課tel 224-6097
     富士山信仰と富士塚
 神社の入口付近などで、こんもりとした小山を目にすることはありませんか。頂上には浅間神社が祭られ、富士山から運んできた溶岩を積み上げたものや、参道や火口を表現したものがあります。
これらは「富士塚」 と呼ばれる人工の小山です。
 その容姿や雄大さにより、古くから信仰・崇拝の対象となってきた富士山。江戸時代には富士講 (富士山を信仰する人の集団)が流行し、参拝者が増えました。しかし、実際に参拝できるのは、財力や体力がある人のみ。誰もが富士山への参拝を疑似体験できるように、富士塚が築かれたのです。
 市内の富士塚は、分かっているだけで十二か所。高さ一メートルから十メートル程度まで、大きさはさまざま。
中には古墳を利用したものもあります。身近にある〃富士山〃 を訪ねてみませんか。
川越歴史探訪
古きを訪ね新しきを知る 12
近代の町家建築

                 川越歴史探訪
             古きを訪ね新しきを知る 12
                 近代の町家建築
 小江戸と呼ばれる川越の歴史的町並み。ひときわ存在感ある蔵造りと対照的に、落ち着いた風情を与えている建物が町家です(写真)。
 市街地で見かける町家は、関東地方で一般的な商家建築‥出桁造りと呼ばれる特徴的な軒下構造を持つ、切妻尾根平入りの二階建てです。江戸時代以来の和風建築の伝統を受け継ぎ、特に明治末期から昭和初期にかけて数多く建てられました。

見どころは、軒下の梁(腕木)と出桁、縦横のラインが美しい格子戸や板貼りの外壁など。中でも軒下に突き出した梁と出桁には力強さがあり、木組みの美しさも感じられます。また時代による構造の変化も見られ、昭和初期の町家は、二階の天井が高くなったり、出窓が取り入れられたりするなど、ょり居住性を考えた造りになっています。
 平成9年の調査では百軒以上あった町家も、年々減ってきています。川越の歴史的な景観を構成する重要な存在として、後世に残していきたい建築です。
文化財保護課電話224-6097
川越再発見13
時の鐘あたりから
                     川越再発見13
                     時の鐘あたりから
                                        広報室℡224-5495
 小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。
設問 時の鐘の奥にあるのは何神社?
①氷川神社 ②八幡神社 ③薬師神社 ④日枝神社

 川越のシンボル・時の鐘。午前6時・正午・午後3時・午後6時に各六回、鐘の音が時を知らせています。
平成8年には環境庁(現在の環境省)の 「残したい日本の音風景百選」に認定されました。
 時の鐘の下を通り抜けると、奥の神社に続く白い石畳。するとこの中こ、黒い石畳が有るのを発見しました。横長の石が縦に三つ並び、よく見ると漢字の「目」 のょうな形をしています(写真)。
境内には「め」 「め(逆字)」の一対の文字が並んだ絵馬。案内板には、目にちなんだ薬師神社と書いてありました。
 更に神社の奥に行くと、青いブランコがある小さなスぺ-スを発見。ここは 「つばさ」 のロケでも使われた場所。ブランコに座って見上げると、
いつもと違った角度から時の鐘を見ることができます。そのとき「ゴーン……」と鐘。心地良い音色に耳を傾けました。
     答え③
五感めぐり       水琴窟すいきんくつ
 (市立博物舘・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館)
              
 
                       五感めぐり
 (市立博物舘・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館)
           市立博物館℡222-5399
  
           水琴窟すいきんくつ

 川越城本丸御殿の保存修理工事が、3月26日に竣工しました。これを記念して江戸時代初期から幕末に描かれた川越城図を展示する企画展を市立博物館で開催中です。ほぼ同じ時代、庭造りをするときに遊び心で造られたのが水琴窟です。同館中庭には、水琴窟が再現されています。
 水琴窟は、音を楽しむ日本独特の庭園設備で、手水鉢近くの地下に造られます。ひしゃくでくんだ水を手水鉢の手前にある砂利に流すと、地中へ落ちた水の音が共鳴して聞こえます。音が琴の音色に似ていることから、この名前がつきました。
水滴の大きさや落ちる間隔で、音色はさまざまに変化します。構造は、底に小さな穴を開けたかめを伏せて地中に埋め、流れ込んだ水が、下にたまった水面に落ちて共鳴するしくみ。かめの形や探さで音色は変わります。館内にある断面図を見ると、先人の知恵に感服するばかりです。 大きな音があふれる現代、心に安らぎを与えてくれる、水琴窟の音色に耳を傾けてみませんか。
            水琴窟を御覧頂くには入場料が必要です。