小江戸川越の歴史を尋ねて-28
川越再発見
新河岸上流あたり
川越再発見
川越の湧き水
 
五感めぐり
制作途中の山車
 
五感巡り
御殿の溝の謎
 
川越城の七不思議3 
川越再発見新河岸川あたり(上流)から

                        川越再発見
                   新河岸川あたり(上流)から
                                    広報室 ℡224-5495
 小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。

 設問 高沢橋あたりの新河岸川の別名は?
 ①荒川  ②越辺川  ③小畔川  ④赤間川


  新河岸川は、上野田町を起点に市街地を半円を 描くように流れます。下流へ向う途中、川の旧名 を橋の親柱に発見しました。赤間川公園付 近は、川岸の石畳や対岸に渡ることかでき る飛び石が整備され、車を気にせず安心して散策できます。
 高沢橋を経て、田谷堰に到着。昭和初期の改修前まで、川はここから北に向って流れていました。川の痕跡をしばらくたどると、芳野公民舘南側の県道と交差します。そこの橋には、旧赤間川と書かれていました。川沿いを東に向って進むと、地元で「めがね橋」 と呼ばれている三連のアーチ形をした伊佐沼
橋を発見。羽を休めていた シラサギが、飛び立 ちました。
   答え④
川越再発見15
川越の湧き水

                      川越再発見15   川越の湧き水
 小江戸川越の検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。

 荒川低地と入間台地・武蔵野台地が接するため、かつては、百五十六か所もの湧き水があった川越。しかし、現在は地表がアスファルトやコンクリートで覆われたため、市内で確認できる湧き水は二十六か所です。地中から湧き出る様子は、神秘的で人々の心をなこませてくれます。
 名細小学校隣の八幡神社にある湧き水。昔、周辺は水田が多く、この湧き水が利用されていました。近くで田植えをしていた人は 「道路工事をしたときにしばらく水が途絶えたけど、昔から水量は変わらないよ」と教えてくれました。
 時が流れ、周囲に家や道路ができても、変わらぬ風景を作り出す湧き水。これからも大切に守っていきたいものです。
         広報室℡224-5495
     
五感めぐり   製作途中の山車 (川越まつり会館 )
五感めぐり(市立博物舘・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術舘・川越まつり会館)
 
            製作途中の山車        川越まつり会館 ℡225-2727
 ホールにある製作途中の山車。地域の子どもたちに山車を曳かせたいという思いから宇津木清蔵さんが地元の工務店に依頼したものです。
 この山車は、今福囃子達が乗る六軒町の山車を参考にしました。骨組み、彫刻は本物と同じつくり。中でも懸魚、脇彰子などの彫刻は、江戸彫りの伝統工芸士・北澤一京さんに依頼。四十五年に渡り今福囃子連で小太鼓を叩き、市囃子連合会会長を務めた宇津木さんの、山車と囃子に対する愛着と、彫刻に対する確かな目のあらわれです。
 山車を完成させるには、たくさんの人の協力と長い年月、そして家一軒分以上といわれる費用がかかります。私財を投じて製作にあたって三年目、病に倒れ、思いを遂げることができませんでした。
それから三年後の平成十四年、山車は市に寄贈されました。製作途中の山車の姿を見ることができるのは全国的にも珍しく、関東では川越まつり会館だけ。
 山車を曳いて喜ぶ子どもたちの笑顔のために製作をした宇津木さん。今は舘内で子どもたちが楽しそうに見ています。

 製作途中の山車を御覧いただくには入館料が必要です。
五感めぐり 本丸御殿 溝の謎
            五感めぐり 本丸御殿 溝の謎
 約二年半の保存修理工事を終え、3月に公開された川越城本丸御殿。修理に入る前に疑問視されていたことがあります。御殿建築の外窓は多くの場合、三本溝の敷居・鴨居を使用しています。外側二枚は雨戸(板戸)で、内側一枚は障子。このような窓は戸袋がなく、雨戸二枚を片側に寄せると、障子一枚だけで開け閉めできるからです。ところが本丸御殿の玄関側は溝が二本しかありません。
 後の改修でガラス窓化した際に作り変えたと考えられていましたが、解体調査の結果、敷居・鴨居共に建築当初のものと判明。疑問は解消されませんでした。
 そこで、普段は雨戸で閉められ、使用時のみ障子と交換する、という仮説が考えられました。城主が住む本丸御殿の玄関や広間は特別なもの。大切な会議
や来客時のみ使用されたのでは……。当時を想像しながら、あなたも考えてみませんか。 市立博物館℡222-5399
川越再発見17
川越城の不思議

            川越再発見17   川越城の不思議-3
     小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。
     設問 川越城の七不思議にあたるものは?
     ①鐘楼の柱②城中蹄の音③置いてけ堀④竜虎石

 皆が寝しづまるころ、不思議にも城中には合戦の音が聞こえてきます。不安になった殿様が易者に占ってもらうと、城中の戦の図が災いしているとのこと。調べてみると、戦屏風図が一双見つかりました。その半双を養寿院に寄進すると、その夜から矢叫びや蹄の音が聞こえなくなりました。
 これは、川越城の七不思議の一つ「城中蹄の音」 の話。
半双の屏風は、当時の城主・酒井重忠が養寿院に寄進し、今も秘蔵の品として保管されています。七不思議を裏付ける物の一つです。徳川家に仕えていた絵師・住吉具慶の江戸初期の作と言われており、堀川夜討の戯曲の一部を描いています。舞台は京都。義経や弁慶と思われる人物や、攻めてくる軍勢が描かれています。中央図書舘・市立博物館の図録(*)で見ることができます。残る半双の行方は分かっていません。 答え②
広報室℡224-5495