小江戸川越の歴史を尋ねて-29
五感めぐり
折れ釘
川越再発見
最初の電話 
 五感めぐり
霧吹きの井戸
川越再発見
川越線の橋梁 
五感めぐり
自然の光と
 展示室の光
五感めぐり
折れ釘

                      五感めぐり
      市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館
                          折れ釘

 蔵造りの建物の璧に、大きな釘が突き出ていることに気が付いたことはありますか? この釘は直角に曲がっていて、「折れ釘」 と呼ばれています。何のためにあるのでしょうか。
 実際どのように使われているか、蔵造り資料舘の蔵で見ることができます(写真)。折れ釘には、璧を保護する板、雨どいを支える金具など、建物の付属物を取り付けることができます。ほかにも、壁を修理する際に足場を固定するなど、さまざまな用途がある優れ物です。
美観の上でも壁面のアクセントになっています。蔵を見るときには、折れ釘も注目してみてください。
市立博物館℡222・5399
川越再発見18

もうす、もうす。こちら川越〇番.

                      川越再発見18

               もうす、もうす。こちら川越〇番.
                                  広報室℡224-5495
小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魁力を紹介します。

 設問 川越で家から電話できるようになったのはいつ?
            ①明治23年 ②明治41年 ③大正11年 ④昭和4年

  電話業務は、明治23年に東京・横浜で始められたのが最初。市内では明治41年に百軒の加入者で始まったそうです。それまで「電話所」に出向き通話していたのが、交換所を介して自宅に居ながらにして通話できるようになりました。
一番街の老舗金物店の軒先を見上げると 「川越電話一三一番」と書かれた陶器製の表札を発見。
店の方に話を聞くと、川越に電話が開通したころの番号札とのこと。「当時は東京に回線がつながるのに半日かかったそうですよ」と教えてくれました。
店を出ると、親子連れから 「写真を撮ってください」 と頼まれ、渡されたのは、携帯電話。
昔の電話番号表札を背景に最新の〃電話″で写真を撮る。なんとも不思議な気持ちでシャッターを切りました。

答え②
五感めぐり

霧吹きの井戸

                五感めぐり    
                霧吹きの井戸

 その昔、川越城では、城をめぐつてたびたび戦が行われました。万一敵が攻めてきて一大事という時に井戸の蓋を取ると、中からもうもうと霧が立ち込めます。濃霧に包まれ、すつかり城が隠れてしまうので、敵は引き上げてしまうのでした.
 これは、「川越城の七不思議」 のひとつである霧吹きの井戸の話です。川越城は、別名「霧隠城とも言われていました。
城の攻防において、水の確保はその命運を左右するほど重要なことでした。そのため井戸にまつわる、このような伝説が生まれたものと考えられます。
 明治41年発行の 『川越案内』 には、井戸の場所は 「郭町旧新曲輪にあり」と記されています。武道館の東側は、川越城の新曲輸にあたるため、明治のころの井戸のおおよその場所が分かります。
 現在の「霧吹きの井戸」 の場所は、博物館正面の庭の中。石で囲われたこの井戸は、同館が平成2年に開館した時 に、武道館の東側から移されたものです。
                                市立博物館℡222-5399
    市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館
川越再発見19
ガタゴト・ガタゴト川越線の橋梁

                    川越再発見19
              ガタゴト・ガタゴト川越線の橋梁
                             広報室℡224-5495
    小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。
                                      
 大宮駅から川越駅を経由して高麗川駅(こまがわ)(三十・六㎞)を結ぶ川越線は、昭和15年に全線が開通し、同44年までは、蒸気機関車が走っていました(写真左)。
市内の橋梁で一番長いのは、古谷本郷にある荒川橋梁で、全島約八百m。現在は、架線や、川を抜ける風から列車を守るための防風柵が設置されたり、橋げたが太く補強されたりしています。
いずれも列車を安全に、ダイヤどおり運行するためのものです(写真右)。
 時は流れても、橋梁にかかるアーチ(トラス)や水位計の位置などは、当時のまま。写真を撮ろうとカメラを構えていると、蒸気機関車の力強い汽笛の音が聞こえた気がしました。
 荒川橋梁の近くの川越車両センター (並木)には、川越線・埼京線・八高線の車両があります。10月22日(土)には、「川越車両センターまつり」 が開催され、珍しい電車の展示や車両洗浄体験などが予定されています。ガタゴト・ガタゴト出かけてみませんか。答え④
  五感めぐり
    自然の光と展示室の光


    
      市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術舘・川越まつり会館
                       五感めぐり
                                市立美術館館℡228-8080

                    自然の光と展示室の光

 三方がガラス張りの美術館エントランスホールは、一部が吹き抜けになっています。高い天井は、そこに立つと開放感を与えてくれます。また、ガラスから差し込む自然光は、季節や時間によって、さまざまな変化を見せます。 ガラス越しの中庭には、川越ゆかりの作家による、石などでできた立体作品を展示しています。
 自然の光は、時間の経過や天候によって刻々と変化します。この演出によって作り出される光と影が、立体作品の表情に変化をもたらします。じつくりみていると、作者の息づかいを感じることができるかもしれません。
 展示室に入ると、作品を照らす人工の光。展示ケース内の照明は、紫外綿をカットした蛍光灯を採用。光の量を調整するなど、作品を保護しなが
ら、多くの皆さんが快適に鑑賞していただけるよう、照明の工夫をして
います。
 芸術の秋。市立美術館で、川越ゆかりの作家の作品を、じつくり鑑賞してみてはいかがでしょうか。