小江戸川越の歴史を尋ねて−3


原家住宅 薬師神社 中院 松平周防守廟 平岩・水飼両家住宅


蔵の家原家住宅
原家住宅(市指定文化財・建造物)
北部市街地を南北に通る一番街通りに、この建物はあります。一番街は蔵造りが多く残り、川越の商業の繁栄をしのばせるところ。そのほぼ中央の角地(幸町)に位置しています。建物の南側は長喜院への参道です。建て主は、呉服商を営んでいた山本平兵衛。明治二十六年の川越大火直後の同二十七年五月に、高柳鉄五郎を大工棟りょうとして上棟されたものです。

現在は、店蔵の奥に蔵造りの町並みに調和した色彩とデザインを持つ新しい建物が、長喜院の参道沿いに見られます。かつては、店蔵の北壁沿いに土蔵壁の住居部分・物置・土蔵等が、縦長の敷地に一列に配置されていました。川越の蔵造りの特徴であるこの典型的な配置形式は、家屋すべてを火災から守ろうとしたものです。
店蔵の一階は、間口四間{約七・二メートル}・奥行き2間半(約四・五メートル)の店輔部分を、三尺(約○・九メートル)の下屋庇がぐるりと囲んでいます。屋根の形は入母屋造りとなっていて、角地特有の外観を際立たせる演出に一役買つています。
装飾は、入母屋の妻面を飾っている木製の懸魚・出桁上に構築された四段の軒蛇腹・二階の観音開き扉(扉を開いたときの納まり方が、東側と南側で異なっています)。
そして、降り棟のところにある鐘馗像などば、縁起を担ぐ商人の心を表しているようで、輿味深く見られます。
角地に建つ蔵造りは、ほかに松崎家住宅、滝島家住宅がありますが、この原家住宅は、北側の宮岡家住宅、小谷野家住宅・平岩・水飼両家住宅とともに、蔵造りの家並みを形づくつているために、一番街の中でも、特に重厚な景観を楽しむことができます。 川越市広報紙より
薬師神社(伊佐沼)
薬師神社(伊佐沼)
薬師神社は、アシぶき、向拝付、建坪十坪。地方の大工である根岸八五郎の素朴な工法が保存された郷土的な特色を持つ貴重な建造物です。
古くから伊佐沼の西岸に祭られ、社殿は元和九年(一六二三)、川越城主酒井備後守忠利の奉納により建立されました。元禄五年(一六九二)には川越城主松平伊豆守信輝がこれを補修。近年には、昭和三十四年、秩父市の社寺建築士・坂本才一郎さんによって建立当初の姿に復元されました。
屋根に用いられるアシの寿命は、およそ三十年といわれ、平成元年に屋根のふき替え、銅板のふき替え、畳替えなどが行われています。草屋根は少なくなったことなどから材料と職人も減り、このときは福島県産のアシを用い、会津若松市の草屋根職人によって修復されました。
神社入り口には、かつてここで暮らしていたといわれる佐藤平湖の遺言碑があります。こうした形で遺志を残すのは珍しく、約六十センチメートルの石碑には、「雪折を忍び忍びて木の葉かな」の句も彫られています。

また、薬師神社には「伊佐沼の大片貝」の伝説があります。昔の伊佐沼は、現在の二倍くらいの広さがあり、薬師神社は、招沼のなかほどの小さな島にあつたそうです。
伝説は、あるとき、沼が増水して薬師神社のある小島が沈みかけたところ、大片貝が背負ってていたため浮き上がつてきたというもの。それは、信仰する薬師神社が水につかつたり、流されたりしないと信じる人たちの気持ちの表れでもあるように思われます。
中院
中院(小仙波)
中院(史跡・市指定文化財)小仙波町五丁目
中院の開創は天長7年(830)、慈覚大師円仁が開いたと言われる星野山無量寿寺に始まります。「星野山仏地院濫觴」などの資料によると、 無量寿寺は元久年間(1204〜6)に兵火にかかり廃絶しましたが、永仁四年(1296)に慈光寺(比企郡都幾川村)の尊海によって再興されました。再興に尽力した尊海は、川田谷村(現在の桶川市)泉福寺の心尊(信尊)の下で学び、中世関東の天台教学の中心的な人物となりました。
尊海は、無量寿寺内に仏地院を建立し、天台教学の大学とも言うべき談義所の性格を与えました。以後、仏地院を中心に無量寿寺は発展していきます。現在の中院がこれに当たります。仏地院は「関東天台の教寺五百八十余寺仙波に付属すべし」といわれるように、関東総本山としての地位を得ました。また、尊海修法の場として仏蔵院を建立しました。これが現在の喜多院です。今は廃寺となった南院も、この時期に成立したと言われています。
このような歴史を持つ中院には、川越城主・秋元家の家老であった太陽寺一族や島崎藤村の義母の墓があります。また、境内にはシダレザクラ、塀に沿ってソメイヨシノの古木があり、市内でも有数の桜の名所として知られ、三月下旬これから訪れる人の目を楽しませます。
松平家
松平周防守廟所
松平周防守廟所・松井家文書
松平周防守は、三河以来、徳川家に仕える家臣であり、本姓を「松井」と言います。その菩提寺である光西寺(小仙波町5丁目)には、松井家累代の遺骨百七十余柱が合葬された「松井家累代之墓」があり、松平周防守家廟所として市指定文化財になっています。
永禄6年(1563)、三河東条城主となった初代忠次は、戦功により松平姓を賜りました。又、後に家康の一字を拝領し、周防守康親となります。依頼、松井家は明治元年(1868)に旧制に復帰するまで松平家姓を名乗り、当主の名に康の一文字、受領名は周防守を用います。
天正18年(1590)に二代康重は、武蔵騎西城主になり二 万石の領地を治める大名になります。川越藩主となるのは、幕末のこと。神奈川奉行・外国奉行として西洋を巡り、外交を担当した石見守康直が本家を継ぎ、第13代周防守康英となります。康英は、家老に就任し、慶応2年(1866)、陸奥棚倉から川越に転封、その翌年に大政奉還を迎えます。 間もなく康英は隠居し、家督を第14代康哉に譲ります。康哉は明治2年(1869)の版籍奉還により川越藩知事を務め、同4年の廃藩置県で川越県が成立すると藩主としての職を終えます。 三河時代から明治維新まで、三百余年にわたり徳川家に仕え、三氏が老中を勤めた周防守家。光西寺には、廟所のほか松井家に伝来した約七百点の文書が保管され、二十六点が県指定文化財となっています。川越藩主の期間は短く、藩政にかかわる文書は少ないものの、一括して良好に保たれた資料からは、大名家の様子がうかがえます。
平岩・水飼両家住宅
平岩・水飼両家住宅
平岩・水飼両家住宅(市指定・建造物)
「平岩・水飼両家住宅」は、明治二十六年(1893)三月の川越大火直後の五月、糸繭製茶煙草問屋を営む大川喜兵衛により「正木屋」として棟上げされました。現在、店蔵は平岩・水飼両家住宅となり、南北に二分し、向かって右側が書店、左側が理髪店の店舗として用いられています。
建物は、二階屋根部分に箱棟や鬼瓦・かげ盛を備え、隣家に臨む南北両面を土蔵壁で覆うなど伝統的蔵造り商家の手法が用いられています。半面、下屋を支える側桁、二階の軒を支える出桁、軒先の化粧蛇腹などは無垢の木材が用いられているほか、二階の窓周りも南北両端に木製の戸袋を持ち、その間に格子戸をはめ込むあたりは町屋建築の様式となっています。
小屋組みは、伝統的な和小屋形式。重量あるケヤキ材の軒蛇腹等を支える桔木は一間ごとに張り出す構造。間口は五間、奥行二間半、前面に四尺の下屋庇空間を持ちます。
時の鐘通りと一番街の交差点(丁字路)に位置するこの蔵造り。平成十三年には、正面左半分を覆っていた看板を外し、街並みに配慮した外観に改修されました。これにより、建物の魅力が再認識されたほか、通りに沿った建物の連続性が伸び、景観の向上に役立っています。