小江戸川越の歴史を尋ねて-30
川越再発見
ちょっと寄り道
五感めぐり
職人の技
川越再発見
アートの川越橋
5感めぐり
本丸御殿
5感めぐり
謎の階段
川越再発見20
ちょっと寄り道しませんか?

                       川越再発見20
                 ちょっと寄り道しませんかしませんか?

         
 小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。

設問 毎年12月3日に「酉の市」が開催されるのは?
           ①喜多院 ②成田山別院 ③川越熊野神社 ④蓮馨寺

 川越まつりまであと一過間。良い天気に誘われて川越熊野神社へ。境内にある「足踏み健康ロード」は地元の皆さんだけでなく、観光客にも人気です。平成19年には川越銭洗弁財天が再興され、毎月第三日曜日には縁日が行われています。また、毎年12月3日は市内で唯一の 「酉の市」が開催され、夕方から威勢の良い掛け声と手締めの音が響きます。

 川越まつりが終わったある日の夜、大正浪漫夢通りを歩いていると、どこからともなく囃子の音が聞こえてきました。音に誘われるように境内へ入ると、囃子の練習中。「毎週金曜の夜は練習しているよ」と皆さん。たゆまぬ練習が、川越まつりの華やかさを支えています。 
 答え③
                       広報室℡回224-5495
  五感めぐり
  道具で分かる職人の技

                道具で分かる職人の技
 高さ約八メートル・重さ四トンほどもある山車。 運行を担っている焉の皆さんは、どのように山車を動かしているのでしょうか? 
交差点を曲がるときなど、山車を回転させたい場合、ジャッキ(きりん)が活躍(写真右)。車体を浮かせ、バランスを取りながら回転します。乗っている人によりバランスが変わる、見た目よりも難しい作業です。
 少しくらいの方向修正にはバール(写真左)。斜めになっている先端を動いている車輪の下にあて、滑らせて方向を変えます。一歩間違えると山車の重量がバールにかかつてしまう危険な作業。
そのため、先端部の形状を変えて、直接重量が伝わらない工夫をしているものもあります。
 館内には、山車の車軸とジャッキ、バールを展示。川越まつりを支える職人が使う道具に直接触れることができるのは、ここだけです。
川越まつり会館は入館料が必要です。
川越再発見21
ア-卜がたくさん、川越橋

                   川越再発見21
                 ア-卜がたくさん、川越橋
         
 設問 川越橋両岸にあるプレートには何が描かれているのでしょう
     ① 三十六歌仙 ② 百人一首 ③ かわごえ郷土かるた
     ④ ときも 
小江戸川越検定の設問からテーマを漂び、まちの魅力を紹介します.
 平成2年、現在の場所に架け替えられた川越橋には、橋の名前にちなみ、川越らしい物が随所にあります。橋を渡っていると目にするのが銅板レリーフ。
川越城本丸御殿・川越まつりなどが描かれています。親柱には時の鐘、欄干には蔵造りの屋根を模した手すりなど、いくつもの川越らしさを発見しました。
 橋を渡り切った所に、十八枚のプレートがありました。これは、仙波東照宮所蔵、国指定の重要文化財「三十六歌仙額」 を基に作られたもの。反対側にも十八枚あり、三十六全ての歌がそろっています。
 実物の 「三十六歌仙額」 は、県立歴史と民俗の博物舘で保管されています。来年の秋ころ、市立美術舘で展示される予定です。  害え①
 広報室℡224-5495
五感めぐり
足裏で感じる本丸御殿

(市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館)


                          五感めぐり
                      足裏で感じる本丸御殿

唐破風の玄関を入ると、まずケヤキ材の式台があります。靴を脱いで式台を踏むと、ひんやり、
でもどこかぬくもりを感じる、磨かれたケヤキ材の感触が足の裏に伝わります。
 階段を上がると東廊下。ここの床板もケヤキ材です。以前はささくれ立っていたり欠けてしまっている個所がありましたが、板をはめ込んで修理し、トゲが刺さる心配がなくなりました。
 次は南廊下。床板はツガ材が使われています。
西日が当たるので、木目が浮き上がっていて、洗濯板の上を歩いているような感じがします。
 西廊下もツガ材です。ここは直射日光があまり当たらないため、滑らかな感触がします。
 西廊下の突き当りから中ノロは、またケヤキ材の床板です。
 なぜ廊下によって床板の材質が違うのか。それは、来客が通る場所は上質なケヤキ材、それ以外の場所はケヤキ材よりやや質の落ちるツガ材と、用途によって材質を使い分けていたからではないかと思われます。
 川越城本丸御殿は建物を見るだけでなく足裏で日本建築の感触を楽しむことができます。市立博物館℡222・5399
 五感めぐり

謎の階段

 市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館
             五感めぐり
                       謎の階段
 蔵造り資料館の七不思議の一つに、住居棟の階段があります。二階は、和室八畳に縁側という狭い空間にもかかわらず、西側と東側に二か所の階段があります。特に西側に設置された階段は、幅が約五十cm弱しかなく、一階から二階へぐるっと 半周回りながら登っていく、十段のらせん階段になっています。この狭さでは、普通に昇り降りすることはできません。特に降りるときには、落下の恐怖と闘いながら、体を横にしてそろりそろりと足を伸ばして、つま先で次の段を探さなければなりません。何の目的でこのような階段が作られたのか、今となっては謎です。
 建物保護のため、ふだんは見ることだけしかできないこの階段も、資料館ガイドの時は体験ができます。一体、何のために作られたのかを想像しながら、階段を降りてみてはいかがですか。
資料館ガイドは、毎月第2日曜日の午前11時~正午と午後2時~3時の2回実施。申し込みは、当日直接蔵造り資料館まで。入館料は、一般100円(80円)、大学生・高校生50円(40円)。
*()は20人以上の団体料金
                        市立博物館℡222・5399