小江戸川越の歴史を尋ねて-31
川越再発見
本丸御殿の天井
五感めぐり
蔵造りの町並み
 
川越再発見
臨時水泳場 
5感めぐり
縁の下の力持

時間旅行1
旧山崎家別邸
 
川越再発見22
l本丸御殿の天井に……

……
        川越再発見22     本丸御殿の天井に……
          
小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。
      ・
 昨年3月に保存修理工事が完了した川越城本丸御殿。江戸時代に造られた国内の本丸御殿のうち、現存するのは、…川越城と高知城の二つだけです。
川越城は、明治維新以後に、城郭内の多くの建物が解体・移築され、本丸御殿も入間県の庁舎、埼玉県第三尋常中学校(現在の県立川越高校)、たばこ工場などとして使われました。

戦後は第二中学校(現在の初雁中学校)の仮校舎や屋内運動場して使われたことも。
本丸御殿が建てられた嘉永元年(一八四八)当時の全体図は、本丸御殿を正面に見て左側にある、県立川越高校同窓会から贈られた記念碑で知ることができます。

 また、本丸御殿の大広間にある杉戸絵は、川越藩御用絵師だった船津蘭山によるもの。
改修後は間近で見ることができます。そのとき、ちょっと見上げると、「あれっ?この跡はもしかして……」。本丸御殿の歴史を語る貴重な痕跡を見つけることができるかもしれません。
答え②
   広報室℡224-5495

五感めぐり  蔵造りの町並み模型
               五感めぐり    蔵造りの町並み模型
                                        市立博物館℡222-5399
 明治時代後半のまちの様子を忠実に復元している「蔵造りの町並み模型」。川越の蔵造りは、間口が狭く奥行きの長い 「うなぎの寝床」 と呼ばれる敷地に、道路側から店(店蔵)、住居棟、庭、一番奥に土蔵と続いていることが分かります。

 壊滅的な被害を受けた明治の大火の教訓から、北風にあおられ火が広がつた明治の大火の教訓から、建物の北側(写真左)には開口部がなく、南側(写真右)に窓や入り口を作っていることが分かります商品などのある店部分を火災に強い蔵造りにして、店と住居を別の建物にしています。庭はどの家も同じような位置にあり、まるで谷間のよう。

これは、密集して建つ町屋の風通しや日照を確保し、住まいを快適にする工夫です。伝統的な町並みには、住みやすさを求める知恵が数多く隠されています。

 この造りを実際に体感できるのが蔵造り資料舘。店舗だった所には受け付けがあり、奥に進むと住居棟と庭、奥の蔵は資料館になっています。庭で足を止めると、外のにぎやかな様子とは一変し、静かな空間に。模型と実際の蔵の町を見比べて、新たな発見をしてみませんか。

    (市立博物舘・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館)
                
    川越再発見23     
臨時の停車場から水泳?

                       川越再発見23

                     臨時の停車場から水泳?
          広報室℡224ー5495
       小江戸川越検定の設問からテーマを選び、まちの魅力を紹介します。

        設問 東武東上線・川越市駅と霞が関駅の間にあった駅名は?
        ①川越西町駅②川越町駅③入間川水泳場駅④川越水上公園駅

 川越市駅から霞ケ関駅に行く途中に流れる入間川。渡る手前に、夏季のみ営業する臨時駅がありました。「入間川水泳場駅」の名称で、大正9年から昭和26年まで利用されていた記録があります。プールのない時代、海がない川越にとって川は、唯一泳げる場所だったのでしょう。駅舎の看板に、「電車は発車
五分前に到着致します。乗り遅れないよう御願い致します」の注意書きが。水泳に夢中になり、乗り遅れてしまう人がいたのかもしれません。学校の水泳の授業もこの辺りで行わ れていたようです。答え③
五感めぐり
縁の下の力持ち
    市立博物館・本丸御殿・蔵造り資料館・市立美術館・川越まつり会館
                       五感めぐり
                               市立美術館℡228-8080
 縁の下の力持ち
 東日本大震災では、東北地方の多くの美術館・博物舘に被害がでました。被害は建物、作品などにも及びました。地震による建物の被害を防ぐには、璧や柱などの構造を強くし、地震の力に耐えられるようにする「耐震構造」 や、地面と建物の間に装置を入れ地震の力を直接建物に伝えないようにする「免震構造」 などの方法があります。
 市立美術舘は、市内の公共建築物で初めて免震構造を採用しました。被害を最小限にとどめるた
め、18基の免震装置が建物を支えています。免震装置は、ゴム板と鋼板を相互に重ねた積層ゴムなどでできていて、変形しても元の位置に戻る機能があります。地震の揺れを装置が吸収し建物は緩やかに揺れ、衝撃を和らげる効果があります。この装置のおかげで、来館する皆さんの安全が守られます。また、市民の皆さんの財産である美術品も守られているのです。
 基礎部分と建物の間に設置されている免震装置。目に見えないところで、静かに美術館を支えています。
川越時間旅行 1
旧山崎家別邸の建物と庭園
                     川越時間旅行 1
                                    市立博物館℡222-5399
                   旧山崎家別邸の建物と庭園

 大正14年(1925)に竣工した旧山崎家別邸の 建物と庭園は、建築家・保岡勝也が設計しました。
 建物は、和と洋の異なるスタイルが並んで建っていることから、明治時代に流行した和洋館
並列型の住宅であることが分かります。建物のデザインは洋より和館に比重が置かれ、保岡の関心が和風建築にあったことがうかがえます。
 庭園は、歩いて鑑賞するより和室からの眺望を重視。和室から近い場所に手水鉢と灯籠を置き奥に茶室を配置して、それらをつなぐように飛石などが置かれています。家族が集い、くつろぐ和室からの眺めを考慮した庭造りになっています。
 この別邸の大きな特徴は、この時代にはまだ一般的ではなかった子ども部屋が設けられていることです。また、現在は見ることはできませんが、子ども部屋の横には、子どもが遊べる芝生の庭や花壇、温室がありました。今でも別邸の東側には、花壇があったと思われる囲いの跡があります。
 家族一人ひとりの生活と実用性を重視した保岡の設計思想を、垣間見ることができます。
公開日…土・日曜日、祝日(年 末年始を除く)時間…午前10時~午後4時*建物内には入れません。