川越時間旅行2
 
                   川越時間旅行2
                                  文化財保譲課℡224・6097
                洪水と復興の歴史を語る石積み

 川越のまちを歩くと、古い石積みを見かけることがあります。地味な存在であるため見過されがちですが、見事な仕上がりのものが数多くあります。元町2丁目、高沢橋のたもとにある六塚稲荷神社は、そのような石積みが残る場所の一つです。
神社の周囲を守るように築かれた石積みの正面は、本殿の基礎部分と同様の精巧な加工が施されています。また、側面は亀甲状の石材を巧みに組み合わせ、堅固な形になっています。
  神社の裏の石積みには、旧赤間川の洪水を物語る碑文が残されています。これによると、幕末期に洪水で石積みが崩れて復興されたことがわかります。
また、明治43年と大正2年8月にも洪水が発生し、大きな被害があったようです。現在の石積みは、大正2~3年に復興されたものです。手間暇をかけた当時の職人技が光る、これらの石積み。幾度となく起きた洪水の記録であるだけでなく、復興に尽力したまちの皆さんの、神社を大切にしてきた歴史でもあります。
     川越時間旅行3
  
                       川越時間旅行3
                                     文化財保譲課℡224・6097
                梅雨の合間の時間旅行~ひとつの石器~ 

およそ5000年前の住居跡が発見された堂山遺跡(吉田)では、縄文時代の打製石斧、が出土しました斧と呼ばれていますが、最近の研究では、刃先の傷から、柄の先に付けて地面に穴を掘る道具だつたと考えられています。
 「石器と石ころの見分け方は?」と、発堀調査を見学した方から聞かれることがあります。打製石斧は、形を整える時に余計な部分をたたいて剥ぎ取るため、ゴツゴツした痕跡が表面に残り、なでてみると幾条もの稜線と稜線に囲まれた平らな割れ面があることが分かります。また、先端が鈍い刃のようになっていることも特徴です。
一方、川原の石は、角のとれた丸い形をしています。 雨が降った翌日、土器のかけらや石器などが畑の土から顔を出していることがあります。表面が洗われた石器は、太陽の光を反射してキラキラと目を引きます。
昔の人々は、これを不思議に思い「雷さまの落とし物」 と考え、畏敬の念を持って接してきました。
 手のひらに乗る小さな石器は、数千年を旅してきた、時間旅行のパスポートなのです。
川越時間旅行 4
御伊勢塚公園いまむかし
                    川越時間旅行 4
                          都市景観課℡224-5961  
                     御伊勢塚公園いまむかし

 まちの景観は、長い歴史や文化と新しいものが融合して形成されます。普段見慣れた景色でも、視点を変えて見ると、これまでとは違うさまざまな表情を持っていることに気付かされます。

 小畔川沿いの御伊勢塚公園(伊勢原町3丁目)には、石のモニュメントが3つあります。これらはいったい何をイメージしたものなのでしょうか。
よく見ると、モニュメントにはそれぞれお皿を乗せた頭があり、かわいい目が付いていることがわ
かります。実は、カッパがモデルになっているのです。これは「カッパの伊勢まいり」 という「川越の伝説」 に登場する3匹のカッパをモチーフにした作品で、川越ゆかりの彫刻家・関根伸夫さんが制作したものです。

 この場所には、かつて御伊勢信仰の対象となる塚があり、名前の由来となりました。今でも公園には、小山のように盛り上がった塚があります。
公園に足を運んで塚を探してみてください。川越の歴史とそれを語り継ぐ伝説、そして近代的なモニュメントが溶け込んだ景色が見られる旅。3匹のカッパが案内人を務めます。
  川越時間旅行5

地域のまつりと子どもたち
                               
                     川越時間旅行5
                             文化財保護課℡224-6097
                     地域のまつりと子どもたち

昔から地域に伝わる伝統的行事。今も大切に受け継がれているものが数多くあります。
 写真は、毎年4月、今福の菅原神社で行われている春のまつり。新たに小学校へ通い始めた
子どもたちの安全を願います。
まつり当日、よそ行きの服を着て神社にやってくる子どもたちは、少し緊張した様子。みんな静かに宮司の話を聞いています。境内の神楽台では、今福嘲子連中が安全祈願の囃子を披露。獅子や狸の舞が登場すると、子どもたちが一斉に集まってきます。この行事は、子どもたちが地元の神社に行き、地元に伝わる囃子などの伝統芸能に触れる地域の文化を理解する良い機会になっています。また、子どもが地域社会の一員として受け入れられるという意味もあります。
 秋になると、各地域に伝わるまつりや伝統行事が数多く行われます。これからも地元のまつりを大切に守り、後世に伝えていきたいですね。
川越時間族行 6
 脇へのこだわり 町並みのアクセント 


                    川越時間族行 6
                                        都市景観課 ℡224-5961
               脇へのこだわり 町並みのアクセント 
伝統的な建造物が連なる蔵造りの町並みを歩くと、建物の脇にさまざまな造りの門を見ることができます。門は、奥にある土蔵へ商品を撒入する出入り口や屋敷に入る玄関口としての役割を果たしています。
木だけでなく、火に強いレンガ造りや石、頑丈な銑でできている門もあります。門の上にも注目してみてください。防犯用の忍び返しや、しやれた照明は、それぞれ固有のデザインを競い合っているようです。
 これらの門は、のれんや看板と共に伝統的な町並みの、さりげないアクセントになっています。
小江戸川越の歴史を尋ねて-32
時間旅行2
歴史の石済み
時間旅行3
一つの石器から
時間旅行4
御伊勢崎公園
 
時間旅行5
地域の祭と子供達 
時間旅行6
脇へのこだわり