川越時間旅行8
河越流流鏑馬と日本在来馬


                        川越時間旅行8
                           文化財保護課℡224-6097
                    河越流流鏑馬と日本在来馬

「馬」 と聞くと競馬などで見かける 「サラブレッド」 を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、日本には古来からの在来馬がいることをご存知ですか。
 昨年11月、国指定史跡河越舘跡にて開催された河越流鏑馬では、河越氏が活躍していた鎌倉時代の古式流鏑馬を再現するため 「和駒」 と呼ばれる日本の在来馬が使われました。和駒は、野性的で精神的に強く、一度乗り手を信頼すると忠誠心を見せてくれるそうです。
 和駒は、サラブレッドより小型で背が低く、長めの頭部、太い首と肢が持徴で、全体的にがっしりとしています。また、足腰が強く、右前足と右後足、左前足と左後足を同時に前に出す「側対歩」と呼ばれる歩き方ができるそうです。上下動の少ない、馬上から弓を射るのに適した歩き方と言えます。今年の河越流鏑馬は11月17日出に開催されます。和駒を間近で見てみませんか。
川越時間旅行9
まちなみ散歩ステーション「ぷらっと」
                      川越時間旅行9
                            市立博物館℡222-5399
                まちなみ散歩ステーション「ぷらっと」

 多くの来訪者でにぎわう蔵造りの町並みは、商都川越を象徴する風景の一つです。この町並みの歴史や蔵造りを見るときのポイントを伝えるため、蔵造り資料舘の隣にまちなみ散歩ステーション 「ぷらっと」 を設置しました。ここでは、蔵造りの町並みを含む 「伝統的建造物群保存地区」 に関する説明や、町並みの古い写真などの展示の他、「ぷらっとカード」 を置いています。
 ぷらっとカードには、蔵造りの町並みをクイズを解きながら巡る 「探検」、川越散策のモデルコース 「散策」、散策しながら立ち寄れる施設を紹介する「紹介」 の3種類あり、さまざまな川越の楽しみ方を紹介しています。初めて川越に来た方はもちろん、リピーターの方や川越に住んでいる方も、普段と一味違った川越散策が楽しめます。
 皆さんぜひ 「ぷらっと」 お立ち寄りください。
開館時間…午前9 時30分与午後4 時30分
休館日…休日を除く月曜日、土・ 日曜日を除く休日の翌日、年末 年始、館内整理日
川越時間旅行10
看板観察旅行

                      川越時間旅行10
                                    都市景観課℡224-5961
                       看板観察旅行

 看板とは、何らかの目的を持って、人に情報を知らせるために設置されるものです。街中などでよく目にする看板の歴史は大変古く、大宝元年(701)に制定された「大宝律令」 には、「都で毎月開く市には、商品を標識で示すこと」 と定められていたそうです。姿・形・材質が多種多様となった現代の看板は、便利な半面、度が過ぎると不快感や圧迫感をもたらすこともあります。
そこで「屋外広告物法」 や「屋外広告物条例」 で掲出できる場所や大きさなどのルールを定めています。
 ルールを守り、デザインの優れた看板は、情報源として有益なだけでなく、賑わいや活気をもたらし、訪れる人を気持ち良くさせます。川越にも目を引くすてきな看板はたくさんあります。そん
な看板を探しっつ、散策を楽しんでみませんか。
川越時間旅行11 
新河岸川の船運

             川越時間旅行 11
                  市立博物館℡222-5399
             新河岸川の船運
 新河岸川の舟運は、寛永15年(1638)の火事で焼失した仙波東照宮の再建資材が寺尾村の河岸から運ばれたのが始まりとされています。この後、上新河岸、下新河岸、扇河岸、牛子河岸などが開設され、江戸時代、川越と江戸を結ぶ重要な物資輸送路として隆盛を極めました。
 当初は年貢米などを主に運び、次第に農産物や建築材料などを江戸に、また肥料の干鰯や糠のほか、砂糖などの嗜好品を江戸から運ぶようになりました。後には、定期便である早船に人を乗せるようになりました。
 明治になると仙波河岸が新設され、舟運は重要な交通路として活用されました。しかし、大正3年(1914)に東上鉄道(現在の東武東上線)が開設されると、鉄道が輸送の中心になり、長きにわたった新河岸川舟運はやがて終わりを迎えます。
 博物館では企画展「新河岸川舟運と川越五河岸のにぎわい」を開催し、江戸時代から明治時代にかけて栄えた新河岸川の舟運と河岸場の様子を中心に紹介します。
日程…3月23日(土) 5月12日(日)経費…入館料
時間旅行12
川越まちの印象を変える塀

            川越時間旅行12
                    都市景観課℡224-5961
     まちの印象を変える塀
 敷地の境界などに設けられる塀。その材料には、木や土、石やレンガなどが使用され、デザインも千差万別です。塀には境界を区切るだけでなく、さまざまな役割があります。
 城下町だった川越の武家屋敷では、カラタチの生垣を使用していました。カラタチには鋭い辣があり、侵入者を防ぐ役割があります。まちなかでは、境界に沿って土蔵などを建て、その間を埋めるように塀が設けられました。レンガや石などが使われた塀は、防火の役割も担いました。また、住居の周囲では、大和張りという板を交互に重ね合わせ風通しを良くした塀が見られます。
 現在の整備された住宅地では、透過性の高いさまざまなフェンスも使われています。塀一つで町の表情は変わります。街歩きをしながら、歴史や暮らし方が感じられる塀を見つけてみませんか。
小江戸川越の歴史を尋ねて-33
時間旅行8
流鏑馬
時間旅行9
ぷらっと
時間旅行10
看板観察
時間旅行11新河岸川の舟運 時間旅行12
景色を変える塀