川越時間旅行13
文化財保護課℡224-6097
山王塚を訪ねて

 川越市街から」人間川街道を西に向かうと、関越自動車道をくぐる少し手前の左手にこんもりした小山が見えてきます。市指定史跡の山王塚古墳です。この古墳はは、仝匡的にも珍しい「上円下方墳」 として知られています。
 山王塚古墳はこれまで部分的な発掘調査のみで、詳細な築造年代・築造時の規模・埋葬施設・副葬品などはよく分かっていません。
古墳が造られたとされる7世紀は、律令国家に向けて日本が大きく揺れ動いた
時代です。武蔵国への渡来人の移住が始まり、霊亀2年(716)には高麗郡が建
郡されます。また、7世紀末には古代の官道である東山道武蔵道が建設されます。こうしたさまざまな政治的動向に、古墳の被葬者が関わっていた可能性が考えられます。 古代の謎を秘めた山王塚古墳を、訪ねてみませんか。
 川越時間旅行14
博物館収蔵庫


          川越時間旅行14
                      市立博物館 ℡222-5339


 博物館には、収集した資料を収めている収蔵庫があり、3万5000件を超える資料があります。
 資料の収集・保存は博物館の重要な役割の一つです。収蔵品の多くは市民の皆さんから寄贈を受けた貴重な資料で、古い物では縄文時代の石器や土器、新しい物では昭和の生活用品などさまざま。収蔵庫は、かつてこの地域に生きた人々の暮らしを支えた品々が、時空を超ぇて同居している不思議な空間で、昔の様子を知ることができる貴重な宝庫です。
 年に1回開催される収蔵品展では、これらの一部を見ることができます。今年は7月20日(土)~9月8日(日)詳しくは、広報川越市ホームページでお知らせします。
川越時間旅行 15
町並みの瓦

 
           川越時間旅行 15
                    都市景観課℡団224-5961
             町並みの瓦
 川越の伝統的建造物に見られる瓦は、川越でも採取された荒木田と呼ばれるきめ細かな土を使ってつくられました。しかし、現在川越では当時の風合いをかもし出す瓦が生産されてないため、修理などを行う際には妻沼(熊谷市)で生産された瓦が使われています。
 長年の風雨に耐えてきた明治期の瓦は、よく見ると1枚1枚の色ムラによる趣があります。伝統的建造物などの瓦を替える際は、町並みの雰囲気を損なわないように配慮しています。現代の瓦の品質を維持しっつ、苫ながらの味わいを出すための工夫として、瓦を焼く最終工程で焼成温度を高くしています。また焼き上がった瓦の表面に付着する炭素の微粉膜を丁寧にふき取ることで独特の ″色ムラ″を演出しています。当時の瓦の風合いは、現代の職人の技によって再現されたのです。
こうした職人の技を思いながら、川越の町並みを歩いてみると新たな発見があるかもしれません。
川越時間旅行 16
城下町の面影を探して

             川越時間旅行 16
                            文化財保護課℡224-6097
             城下町の面影を探して
 江戸時代には城下町として栄えていた川越。城下町の面影を残す建物として三久保町に市指定史跡‥水島家住宅(旧式家屋敷)があります。
 永島家住宅は、江戸時代後期の中級武士の屋敷で、川越城南大手門近くの武家地の一角にありました。一般に武士の家は、藩から拝領されるもので家賃のいらない借家であり、規模や部屋数、門の大きさなどは身分や禄高ごとに決められていました。間取りは、それぞれの家で微妙に違っていたようです。屋敷は、最近まで増改築を続けていたため建築当初の間取りとはだいぶ変わっていますが、武家屋敷としては、県内で唯一といえます。

 また、周辺にも通称「七曲り」 と呼ばれる、幾重にも折れ曲がっている通があるなど、城下町の面影を感じることができます。永島家住宅の庭園は毎月第3土曜日に一般公開しています。当時の面影を探しに、訪ねてみてはいかがですか。

 川越時間旅行17
川越の名刀

              川越時間旅行17
                    市立博物館℡222・5399
               川越の名刀
下写真の「拵え付太刀長吉作至徳4年」 は、1387年に作られた作品です。埼玉県指定文化財で、川越藩主秋元喬房が三芳野神社に寄進し、永く社宝として大切に伝えられてきました。
作者の良吉は備前(岡山県)の刀工で、南北朝時代に活躍した名工長義の一門とされますが、長吉の在銘作は極めて少ないため、この太刀は歴史資料としてとても貴重なものです。
このよぅに、寺社の宝物として伝ぇられ文化財に指定されている刀剣が多いのが川越の文化財の特色の一つです。川越の名刀で有名なのが「太刀附糸巻太刀拵 銘友成」。
この作品も、喜多院所蔵の国指定重要文化財です。 川越はかつて城下町だったこともあり、刀剣を愛好する人も少なくありません。また、幕末に活躍した藤枝太郎英義をはじめとする郷土刀工の作品も多く残り、美術刀剣を鑑賞する機会に恵まれているのも嬉しいことです。
*「括え付太刀長吉作至徳4年」は、9月21日(土)から開催する名刀展で展示される予定です。この機会にぜひご覧ください。
 
小江戸川越の歴史を尋ねて-34
時間旅行13
山王塚
時間旅行14
博物館収蔵庫
時間旅行15街並みの瓦  時間旅行16城下町の面影  時間旅行17
川越の名刀