川越時間旅行18
都市景観課℡224-6961
富士山と川越百景

 。
             川越時間旅行18
                   都市景観課℡224・5961
            富士山と川越百景
 富士山が世界文化遺産へ登録されました。古くから山岳信仰の対象とされてきた富士山。かつて市内には、富士山を模した富士塚がいくつも作られ、気軽に富士登山の疑似体験ができるようになつていました。川越百景に選定されている富士見町の浅間神社、小中居の神明神社、新宿町の氷川神社にも富士塚があります。
 富士山は、市内でも見ることができる身近な山です。同じく川越百景の一つである、安比余親水公園や川越水上公園からは、雄大な富士山を望むことができます。そのほか寺尾調節池や上江橋など、実際に富士山が望める場所がいくつもあります。また、川越百景以外でも、富士山はその美しい姿を見せてくれます
。冬場にかけ、空気が澄んでいる日は、絶好の「富士見日和」 となります。通勤・通学や買い物途中に見える美しい富士。そんな富士見スポットを探してみませんか。
川越時間旅行19
よみがえつた随身門

          川越時間旅行19
                     文化財保護課℡224・6097
            よみがえつた随身門
 仙波東照宮の重要文化財建造物である随身門。 昭和53年(1978)以来となる漆塗を中心とした塗装修理が今年行われました。30年以上の時の経過から生じた傷みや剥落した漆塗および彩色を建築当初の姿によみがえらせるため、劣化した塗装のかき落としなど、幾工程にもおよぶ入念な作業が繰り返し行われました。 修理が完了した随身門は、弁柄漆塗が施され、
あたかも水で濡れたような艶やかな朱が目にも鮮やかです。そして、周りの風景が映り込む塗装面の様子は、まるで鏡面のようでさえあります。この弁柄漆塗のほかに天井格縁には、黒漆塗が施されました。この漆塗は漆黒という表現がまさにふさわしい艶やかな深みのある黒色です。また、天井板などに真っ白な胡粉塗、正面柵には青緑色の緑青塗という彩色が行われました。
 往時をしのぶ艶やかな輝きと鮮やかな彩色がよみがえつた随身門を、ぜひ実際にご覧ください
川越時間旅行20
北条家検地書出文

            川越時間旅行20
                    市立博物館℡222-5399
菅間の旧家に所蔵されていた約430年前の戦国時代の文書です。当時河越地方を支配していた戦国大名北条氏が府川郷(現府川付近)の検地の詳細を書き記し、同郷が負担する年貢を永楽銭という当時の貨幣で納入するよう命じたもので、今の納税通知書に当たります。田と畠に係る税金を銭に換算した額、次に同郷が納入する年頁の順に記されています。この書式は、北条氏が出した検地書出の最も基本的な形式で、貴重な文書です。最後に押されている朱印は、北条氏が村等に宛てて出す文書に押されるもので、上部に虎が描かれていることから、「虎の朱印」 とも呼ばれています。
 この文書を含め、最近の調査で戦国時代の文書がまとまって発見され、市指定文化財に指定されました。これを受け博物館では、第39回企画展「戦国時代の河越-城・城下・村-」 を11月24日(日)まで開催しています。戦国時代の河越に思いを巡らせてみてはいかがでしょうか。
川越時間旅行21
旧川越織物市場

         川越時間旅行21
                  都市景観課℡224・5961
      懐かしい空間にタイムスリップ「旧川越織物市場」
 川越は幕末から明治時代初めころまで国内屈指の織物の集散地として流行ファッションをリードしていました。tかし明治時代未ごろには、競合の激化や地域経済の弱体化により衰退し始めました。そこで明治43年に、起死回生をかけて建てられたのが旧川越織物市場です。しかし、時代の流れには勝てず市場は開場からわずか7~8年でその役割を終えました。
 立門前通りの北側にひっそりとたたずむ同市場。通りから見える姿はこく一部ですが、奥には木造2階建ての長屋が向かい合っています。奥行きのある土庇や格子戸と板戸を組み合わせた二重の掲げ戸、建物の間の広場など、当時の市場の特徴がよく表れています。同市場は、閉場後、平成13年まで長屋住居として使われていました。そのため当時の姿がそのま残り、産業遺構としての希少性が高いことから、同じ敷地内の旧栄養食配給所とともに、市の文化財に指定されています。
地元の方の協力で不定期で開放され、築後100年以上経った今でも大切にされています。
川越時間旅行22
河越館跡と茶道貝

          川越時間旅行22
                   文化財保護課℡224-6097
            河越館跡と茶道貝
 今から650年ほど前、南北朝時代の河越では、狭山茶の起源とされる「武蔵河越茶」が栽培され、飲まれていました。当時の茶のたしなみ方は、乾燥させた茶菓を粉末の抹茶にし、抹茶を入れた茶碗に場を注ぐ方法でした。抹茶は味や香りが劣化しやすいので、鮮度の良いものを供給するために、消費地近くで茶の栽培・製茶を行う必要がありました。
 上戸にある国指定史跡河越館跡では天目茶碗のほか、茶葉を保管する茶壷、抹茶を入れる茶入、場を沸かす火おこし道具の風炉など、多くの茶道具が出土しています。中世の茶道具が多数見つかったことは、川越で茶が栽培されていた証拠ともいえるのです。
 河越館跡の出土品のなかには、高級品の中国産茶道具も発見されています。当時流行した茶の習慣が定着していたというだけでなく、河越の武士や僧侶たちの茶道具へのこだわりもうかがい知ることができます。河越館跡は、中世の河越における文化の中心地であったといえるでしょう。
 *茶道具なとの出土品は、国指定史跡河越館跡史跡 公園資料展示室(上戸小学絞内)でこ覧になれます。
 開館時間…毎日曜日、午前10時~午後3時
         
         
 
小江戸川越の歴史を尋ねて-35
時間旅行18
富士山と川越百景
時間旅行19
よみがえった
随身門

時間旅行20戦国時代文書 川越時間旅行21旧織物市場 川越時間旅行22茶道具