小江戸川越の歴史を尋ねて-36
川越時間旅行23昔の勉強と遊び展 川越時間旅行24
黒壁塗りの技
川越時間旅行26
縄文人の住宅事情
川越時間旅行27
 町の色彩
川越時間旅行28
山車の車
川越時間旅行 23
 「むかしの勉強・むかしの遊び」展



          川越時間旅行 23
                   市立博物館℡222‐5399
        「むかしの勉強・むかしの遊び」展
 同展では、昭和30~40年代の遊びや暮らし、学校の様子を再現しています。お菓子がいっぱい入った本のケースを所狭しと並べている駄菓子屋、足踏みミシンや黒電話のある居間、本の机と椅子が並んだ小学校の教室など、ノスタルジックな情景に浸ることができます。小学校の教材や遊び道具が並んでいるコーナーでは、「こんな絵の具使ってたな」「このローラースケート懐かしい」と、思い出話に花が咲きそうです。
 また今回は、展示室の一角に「映写機の世界」のコーナーを設けました。博物館の収蔵品の中から昭和30~50年代の8皿カメラや映写機、フィルムを集め、展示しています。ズーム機能や動力の変遷などを知ることができます。同展は、3月2日付まで開催中です  

 

川越時間旅行 24
黒漆喰の蔵造りに見る職人の技



              川越時間旅行 24
                       都市景観課℡224
       黒漆喰の蔵造りに見る職人の技

 蔵造りの建物を完成させるには、多くの時間がかかります。中でも壁は、竹を藁縄で格子に編んだ木舞という下地造りから、壁に艶を出すためのノロ掛けという仕上げに至るまで十数回という工程が必要です。
 壁を仕上げる際に重要な役割を担うのが左官職です。左官の仕事は水仕事ともいわれるほど、水の引き具合(乾燥度合)で仕上がりが決まります。
気候や季節、現場の状況に合わせて粘り気のある上と砂とスサ(植物繊維)の配合を変えながら練った上を、厚さが7寸~I尺(約21~30㎝)になるまで何回も塗り重ねるため、白漆喰を塗る仕上げまでに3年もの歳月がかかることもあったそうです。
そして総仕上げの黒漆喰を塗る工程は、たった1日で決まります。水の引き具合を見定め、貝灰や粉墨に糊となる海藻とつなぎの麻を混ぜた黒ノロを一気呵成に塗ります。いかに薄く平らにし、漆のような光沢を出すかが職人の技なのです。江戸黒と呼ばれる黒漆喰の重厚感ある壁は、こうして完成します。
壁は時間がたつにつれ、黒漆喰が薄れて下地の白漆喰とのグラデーションが現れることがあります。壁に注目して蔵造りの町並みを歩いてみませんか。
   川越時間旅行26
縄文人の住宅事情 ~堂山遺跡の発掘調査から~


            
            川越時間旅行26
                   文化財保護課℡224‐6097
      縄文人の住宅事情 ~堂山遺跡の発掘調査から~

 堂山遺跡(吉田)は、今から約5000年前、縄文時代中期の集落跡です。この時代の住居は、地面を円形に掘りくぼめ、内側に柱をぐるりと
巡らせ、梁・垂木を架けて屋根をふいた竪穴式です。中心には炉が設けられていました。

 平成23年に行われた発掘調査では、住居跡の一つが増築されていたことが分かりました。この増築は極めて合理的に行われ、柱の位置をなるべく変えず、改修を最小限にとどめていました。また興味深いのは、炉の位置が家の中心になるよう遣り替えられていたことです。この増築により、床面積は、31㎡から36㎡に増えました。
 建築史家の関野克さんは、竪穴住居跡の床面積から居住人数を想定する試みとして、床面積を3で割りIを引くという計算式を提案しました。これによると、住居跡の最初の居住者は9人、増築後はH人となります。
 一般に母系社会で何組かの夫婦がともに暮らす大家族制であったと言われている縄文時代。この住居跡にどのような人々が住み、どんな理由で住まいのリフォームに至ったのか、遠古の川越への興味を抱かせてくれます。  
         
川越時間旅行27
まちの色彩 
                川越時間旅行27
                            都市景観課℡2245961
                   まちの色彩
 まちにはさまざまな色彩があふれています。建物や看板、商品の色。皆さんが着ている服の色もあります。これをにぎわいと感じる場合もあれば、
落ち着きがないと感じる場合もあります。
人によって感じ方が異なる色彩ですが、色相、明度、彩度の3つの尺度で数値化することができます。色相は、赤や黄、青といった色味の違いです。明度は明るさのことで、明度が高いほど白っぽくなり低いと黒っぽくなります。彩度は鮮やかさのことで、彩度が高いほど色味が強くなり、低いと淡くまちで見かける赤色にもさまざまなものがあります
 似たような色彩でも、素材によって印象が変わります。
伝統的町並みでぱ、木や石、漆喰、レンガなど、自然素材や伝統的素材ご多く使われています。これらは色彩に微妙なむらがあり、時とともに味わいを増していきます。また、同じ場所でも、新緑や紅葉など季節の移ろいとともに目に入る色彩が変化します。
 色彩に着目して見ると、見慣れた景色も違って見えてくるかもしれません。
*市では、良好な都市景観を形成するため、建物などの外壁に使える色彩に一定の基準を設ける予定です。

  
 
                   川越時間旅行28
                     山車の車輪

 
              川越時間旅行28

                         文化財保護課℡224・6097
                  山車の車輪


 初期の川越氷川祭の山車には車輪がなく人形などを載せた輿を肩で担いでいたことをご存じですか。喋子方や舞い手を乗せ、車輪を付けて引くようになったのは後のことです。
山車の車輪は、穀(こしき)を中心に幅を放射状に取り付け、外輪に大羽と木羽を組んで造られます。このような構造は、古くは平安時代の絵巻に描かれた牛車などにも見られ、今も京都祇園祭など各地の山車行事の車輪に受け継がれています。
 川越の山車の車輪は3輪のものや4輸のもの黒漆塗りや透き漆塗りのもの、金輪をはめているものなど、さまざまなものがあります。また、小羽を使わず、大羽に小羽形の線刻を施したものもあり、これは川越独自の造りと考えられます。
写真の松江町一丁目龍神の山車もこうしたもののひとつで、大羽に松葉形のデザインを彫刻しています。町名から創意を得たのでしょうか、趣のある意匠です。
 今年の川越まつりでは、豪華な刺しゅうを施した幕や人形だけでなく、山車の足元にも注目してみてはいかがですか。