小江戸川越の歴史を尋ねて-37
川越時間旅行29昔の収納 川越時間旅行
30現代に息づく伝統技術
川越時間旅行 31繊細にして美しき屋根 川越時間旅行
32
柳澤吉保像
川越時間旅行
33
立門前界隈
     川越時間旅行29
   「暮らしと収納-今と比ペる昔の収納具」展
        

              川越時間旅行29
                      市立博物館℡222・5399
          「暮らしと収納-今と比ペる昔の収納具」展

 
収納の間題は、今も昔も変わらず私たちの頭を悩ませます。同
展では、寄贈・寄託された資料の中から、収納に関わる民具を展示しています
 右の写真は、江戸時代に登場した箱階段です。
これは見た目通り階段として利用しましたが、階
段下には抽斗や戸を設け、収納としても使いました。階段としての強度を持たせたうえ、収納のための抽斗などをぴたりと造り込むには高い技術が必要です。また、江戸時代には2階を持つことが規制されていたため、箱階段を移動させたり、階段状の家具だと言ったりすることで、2階の存在を隠すためにも使われました。現代でも、階段下を収納やトイレなどに利用する住宅や、箱階段と似たデザインの家具を見かけることがあります。
生活習慣の変化とともに暮らしの中の収納は移り変わりますが、その梓時代に合わせた「より良く納したい」という思いに変わりはありません。9月7日(日)まで開催中の同展で、先人たちの収納の知恵や職人の技に触れてみてはいかがですか。

 

川越時間旅行30
現代に息づく伝統技術


              川越時間旅行30

                    市立博物館℡222-5399
            現代に息づく伝統技術

 日本刀は、たとえ新作であろうと、伝統的な材料、伝統を踏まえた正しい製法によらなければ作ることができません。日本刀に使われる鉄は、土で作った炉に砂鉄と木炭を入れて燃焼させ、3日3晩かけて精製する「たたら吹き」という製法で作られます。できた鉄のなかでも良質のものが「玉鋼」と呼ばれます。たたら吹きによる製鉄は戦後しばらく途絶えていましたが、現在、(公財)日本美術刀剣保存協会が島根県・出雲地方で操業を行い、全国の刀匠に玉鋼を配給しています。

 博物館では、同協会と共催で、「平成26年新作名刀展」を開催します。日本刀の制作には、刀身の鍛造、研磨、外装に伴う彫金・金工、漆工、組紐、鞘の制作など、目本の伝統工芸技術の粋というべきものが集約されています。同展では目本刀の展示のほか、制作に関わるさまざまな職人による実演を行います。
この機会に、日本刀という世界に誇る鉄の文化財に親しんでみてはいかがですか。
「平成26年新作名刀展」
 日程 9月13日(土)~28日(日) 経費:入館料
川越時間旅行31

 繊細にして美しき屋根


     
              川越時間旅行31 

             繊細にして美しき屋根
    
 喜多院の客殿・書院では、35年ぶりとなる屋根の全面葺替えがこのたび完了しました。
今回の葺替えは、柿葺と呼ばれる日本に古くから伝わる伝統的手法によるものです。柿とは薄い木片や木くずを意味し、柿葺は板葺の一種で、薄い木片を重ねて敷き詰めた屋根のことを言います。

ちなみに、劇場を新築した時などの初興行を「柿落とし」と言うのは、舞台が完成した時に木くずを掃き落としたことに由来します。
 葺替えは葺板作りから始まります。椹の原木を加工し、赤身の部分を厚さ3ミリ程の薄板に手割りで仕上げていきます。
機械を使わないのは、本の繊維を切断しないためです。出来上がった葺板を幾重にも葺いていくことで、雨水の浸透を防ぎます。また、手割りで生じた微妙な凹凸が、板と板の問に隙間を生み、蒸れによる腐蝕を防ぎます。 
手割りで板を作り、一枚一枚丁寧に重ねられた屋根は、熟練の技のみがなせる仕上がりです。横一列にそろった柿の端が細かく重なる姿や優美な曲線に、繊細な上品さが漂っています。
              文化財保護課℡224-6097

川越時間旅行32

柳澤吉保像


              川越時間旅行32

               柳澤吉保像
                        市立博物館℡ 222-5399
 柳澤吉保は元禄7年(1649)から10年間川越藩主を務め、三富新田の開発などの功績を残しました。

写真の肖像画は、吉保45歳頃の姿を描いた寿像(存命中の姿)で、吉保の事績等をまとめた「楽只堂年録」によると、元禄15年に制作が始まり、翌年完成したことがわかります。
肖像画の吉保は束帯姿で、前には黒漆塗に金蒔絵が施された文机があり上には古今和歌集が置かれています。
上部には吉保が詠んだ和歌二首が自ら認められ、儒学に優れた吉保が、和歌の道にも秀でていたことをよく表しています。全体的に公家風の印象が強い吉保像です。
現在開催中の、没後300年記念特別展「柳滓吉保とその時代~柳沢文庫伝来の品々を中心に~」では、現存する吉保の肖像画4幅が一堂に会しています。ぜひこの機会に鑑賞してみてはいかがですか。
日程…12月1日月まで 経費・入館料
   狩野常信筆「柳澤吉保像」一蓮寺蔵(山梨県指定文化財)


川越時間旅行33
        立門前界隈(たつもんぜんかいわい) 

             川越時間旅行33
         立門前界隈(たつもんぜんかいわい)
             
                         都市景観課℡224
 市内にある数多くの神社仏閣。それらは信仰の対象としてはもちろん、祭りや花見などの年中行事、遊びや憩いの場として、人々の生活に潤いを与え、門前のたたずまいや周囲の景観とともに地域文化 中央通りを育んできました。その一つである蓮馨寺。
その正門から続く通りが立門前です。この一帯はかつて蓮馨寺の境内で、「旧鶴川座」(明治31年建築)などの芝居小屋や見せ物小屋が建ち、縁日を中心に芝居公演やサー‘カスなどが開かれ、門前界隈としてにぎわいました。
通りの北側にある「旧川越織物市場」(明治43年建築)は、川越が織物の集散地として栄えたことを今に伝えます。また、昭和8年に蓮馨寺境内を抜けて開通した中央通りと同様、昭和初期に建てられた看板建築が残り、昭和の
面影を感じさせます。今は落ち着いた通りとなっている立門前。またにぎわい
が戻ることを、昔から通りを見守る建物も望んでいるように見えます。