小江戸川越の歴史を尋ねて-38
川越時間旅行35古代入間郡家の謎 川越時間旅行
36防火と川越街並み
川越時間旅行37寺尾廃寺 川越時間旅行38町を支えた石工 川越時間旅行39
すてきな創作看板
川越時間旅行35

古代入間郡家の謎

 
                川越時間旅行35
                               文化財保護課℡22416097

                 古代入間郡家の謎

奈良時代頃の川越は、武蔵国入間郡に属しており、上戸にある霞ヶ関遺跡には入間郡の郡家がありました。郡家とは、現在の市町村の役所に相当するものです。
遺跡の発掘調査では、郡家で働く役人たちが使用した上器や硯が多数出土しています。
また、郡家の建物跡と見られる住穴が筋をそろえて幾つも発見され、奈良時代の大型掘立柱建物が整然と並ぶ様子も確認されています.各地で発掘調査された郡家の遺跡では、建物が「コ」や「口」の字を描くように配置され、儀式等に使用される広場を建物で囲んでいたことが多かったようです。霞ヶ関遺跡の建物は全体の一部しか検出されていませんが、各地の郡家と同じような並び方をしていた可能性があります。

しかし、霞ヶ関遺跡では奈良時代後半になると郡家と思われる建物群が姿を消してしまいます。まだ発掘調査で見つかっていないだけなのか、それとも郡家が別の場所に移転したのか、古代の入間郡家にはまだまだ謎が多く残されています。
上空から撮影した、奈良時代始め頃の遺跡(平成9年6月頃撮影)。小さな黒い点が建物の柱穴
川越時間旅行36

防火と川越の町並み

              川越時間旅行36

                       都市景観課℡224ー5961

              防火と川越の町並み

川越の町並みの歴史は、大火への備えの歴史とも言えます。寛永15年(1638)の大火では、城内と城下の大半が消失しました。そこで藩主の松平信綱は、道幅拡張や寺院をまとめるなどの町割を行いました。これは火の延焼を防ぐための方策であると考えられています。
この町割は現在まで、ほぼ継承されています。明治26年(1893)の大火では、町の約3分の1が消失しました。この時、壁の厚い土蔵や蔵造りの大沢家住宅が焼け残ったことから、その後、町に蔵造りが建ち並ぶようになりました。大正から昭和初期には、鉄筋コンクリート造の近代洋風建築が耐火建築として町並みに加わりました。
平成11年、 一番街周辺地域が重要伝統的建造物群保存地区に選定されたのを契機に、地区内に消火栓や消火器を設置し、住民が初期消火を行えるようにしています。
川越の歴史的な町並みを防火の視点で歩いてみると、蔵造りの重厚な観音開き扉やレンガ塀など、新たな発見があるかもしれません。
川越時間旅行37         
寺尾廃寺~国分寺の瓦を葺いた幻の寺

                川越時間旅行37
 
                            市立博物館℡2215399
           寺尾廃寺~国分寺の瓦を葺いた幻の寺

今から1300年ほど前、新河岸と寺尾の境あたりに寺院がありました。肯、上新河岸地域の畑で、地元の人が瓦を拾ったことが発見のきっかけとなり、「寺尾廃寺」と名付けられましたが長く謎の寺院でした。
ところが最近、その瓦は奈良時代に聖武天皇の発願で諸国に建立された国分寺のひとつ、武蔵国分寺(国分寺市)の屋根を葺いた瓦と同じ型で作られたものであることが分かってきました。国分寺と同じ瓦の使用は、その造営工事に貢献が大きかった豪族に対して、褒美として許されたものであると言われています。このことから、奈良時代中ごろ、新河岸や寺尾地域が有力豪族の支配内に含まれていたと考えられます。その候補者の一人に、物部広成の名が上がっています。彼は恵美押勝の乱平定に尽力した人物で、その功から入間宿祢を賜わり奈良時代の後半には中央でも活躍しました。
瓦は、企画展「古代入問郡の役所と道」で展示されています。千年
以上の時を超えてきた出土品を通して、古代の川越に思いをはせてみてはいかがでしょうか。
 企画展「古代入間郡の役所と道」
日程‥5月10日(日)まで 経費…入館料
瓦の文様は、蓮の花を意匠化したものです
川越時間旅行38 
町を支ぇた石工

                川越時間旅行38

                 町を支えた石工

川越の歴史的建造物を代表する蔵造り商家。実は建物の土台部分には多くの石材が使われ、その加工や施工には石工が携わっていたことをご存じ
でしょうか。
蔵造りなどの建物に限らず、寺社の狛犬や燈籠、供養塔、墓石などさまざまな用途に石材が使われ、主に地元の石工が需要に応えていいました。江戸前期の元禄期には、すでに長嶋三郎右衛門という石工が旧・南町に住んでいたことが氷川神社(宮下町)に残る鳥居の銘から分かります。この頃は石工の名を刻むことは少なく、鳥居など一部の仕事に限られていました。

江戸後期の天保期期以降には冨澤九助(旧・高澤町)や吉野金五郎(旧・妙養寺門前町)など複数の石工の名が見られます。中でも明治期の三代目富澤久助は、多くの弟子を持ち、皇居造営にも携わるなど活躍の場を広げました。また、明治以降は、石工の名を刻むことが増え、熊野神社(岸町二丁目)の燈籠を製作した山崎太右エ門(旧・橘町)のほか、複数の石工の名も確認できます。寺社等の石造物に刻まれた銘は、かつて町の生活を支えた石工の記録とも言えます。
文化財保護課℡224-6097
越時間旅行 39

すてきな創作看板

                   川越時間旅行 39

                   すてきな創作看板

一番街の通りには個性性あふれるすてきな看板がたくさんあります。これらは、昭和63年から商店街が自主的に取り組んできた「町づくり規範」に基づき、通りにふさわしい看板デザインとなるように創作をした成果です。
また、今後の都市景観を形成していく上で、先駆・象徴的な作品であると認められた看板を、「かわごえ都市景観表彰」として表彰しています。

看板は、景観への影響が大きく、通りの印象を決める重要な要素でもあります。そのため、 一番街の通り以外でも、都市景観形成地域として定められた地区で看板の設置や変更を行う場合は、都市景観条例に基づく届出が必要になります。
景観に合うように作られた看板は目立たないかもしれませんが、ひとたび目に留まると、見る人を引き付け、その地で育まれてきた人々の営み、受け継がれる歴史や文化への敬意が伝わってきます。
あなたもお気に入りの看板を探しに出かけてみませんか。