小江戸川越の歴史を尋ねて-39
時間旅行40最古級の
文化財
 時間旅行41 闇に潜む妖怪 時間旅行42
技の極み
 
時間旅行43
瓢箪茶入 白雲
 
時間旅行44
城下町と防災 
川越時間旅行40

市域最古級の文化財

                川越時間旅行40
                           文化財保護課℡224‥6097
               市域最古級の文化財

川越市域には国指定史跡の河越館跡(上戸・鎌倉時代)や、小仙波貝塚(小仙波町・縄文時代)など、さまざまな時代の文化財が数多くあります。
今回は、川越市域に最初に人が住み始めたころの文化財を紹介します。
日本列島に人が住み始めた時期には諸説ありますが、多くの研究者の間では、少なくともおよそ4万年前まではさかのぼるということで意見が一致しています。関東平野でも、旧石器時代(~1万5千年前)の遺跡は数多く発見されていますが、川越市域ではこれまでに2万5千~2万年前ごろの石器が発見されています。

弁天南遺跡(仙波町)では、奈良時代(およそ1300年前)の竪穴住居の中から、旧石器時代のナイフ形石器が出土しました。ナイフ形石器は、槍先として柄の先に装着した狩猟具と考えられています。おそらく奈良時代の人が住居を作るために地面を掘り下げた際、地中にあった旧石器時代の遺跡を壊してしまったため、ナイフ形石器が混入したのでしょう。

なお、弁天南遺跡で発見された長さ3・5cmのナイフ形石器は、市立博物館受付脇のケースに展示されています(来年6月ごろまでの予定)。
市域で最古級の文化財を見に行ってみません
川越時間旅行41  

「妖怪―闇にひそむ不可思議なるもの―」展

                川越時間旅行41


        「妖怪―闇にひそむ不可思議なるもの―」展                                            市立博物館℡222-5399
           
「妖怪は存在するのか?」と聞くと、多くの方は「いない」と答えることでしよう。しかし、存在しないはずの妖怪は古代以来、文字として記録され、絵画等でその姿を残し、人々に語り継がれてきました。
現在開催中の企画展「妖怪―闇にひそむ不可思議なるもの―」では、時代ごとの人々の妖怪に対する意識や妖怪観を表現しています。文字によって「妖怪・物怪・鬼。もののけ」等と記され、「人知の及ばないもの」とされた妖怪は、絵巻物等に描かれるようになって姿かたちを得ることになりました。

そこには、百年を経た道具に精霊が宿るつく も がみしんこうという「付喪神信仰」の影響をもとに描かれた器物の妖怪たちの姿がありました。江戸時代になると、浮世絵師と戯作者たちが草双紙の作家として多くの妖怪本を刊行し、妖怪は多くの人々の日に触れるようになりました。人々にとって、妖怪が身近になってきた時代でした。

最近では、アニメ等がきっかけとなり妖怪ブームか到来しています。そのルーツともいうべき資料を見に博物館へ足を運んでみませんか。
日程…8月30日0まで 経費…入館料

川越時間旅行42
 ″わざ″の極みをめざして


              川越時間旅行42

                               市立博物館℡22215399
             ″わざ″の極みをめざして

博物館では、日本美術刀剣保存協会と共催で、「平成27年新作名刀展」を開催します。
同展では、同協会主催の審査会において「作刀の部」「刀身彫の部」「彫金の部」の部門ごとに厳正な審査が行われ、入選作として選ばれた作品を出品しています。審査会で認められることは、作者にとって自信となり、さらに精進を重ねていく原動力となっています。

日本刀の製作には、さまざまな決まりがあり、伝統的な材料を使い、伝統を踏まえた正しい製法で作ることが必要となります。そこにはひとつの妥協も許されず、研ぎ澄まされた感性と昇華された技能が求められます。日本刀と刀装具の製作には、これらの〃わざ〃が高い次元で集約されています。
同展では、日本刀の展示のほか、作刀や外装に関わるさまざまな職人たちの実演や記録映像の上映を行います。現代にありながらも伝統技術を守り、″わざ〃の極みに挑み続けている人々の思いにふれてみませんか。
            日程…9月12日(土)~27日(日) 経費…入館料

川越時間旅行43

膳所瓢箪茶入 

                 川越時間旅行43

                膳所瓢箪茶入 銘白雲

この茶人は、(公財)静嘉堂文庫美術館が所蔵する品です。滋賀県大津市の膳所で焼成された代表的な作品で、江戸時代初期の大名で茶人でもある小堀遠州(1579~1647)が好んだ瓢箪形をしています。膳所の窯場は、遠州の指導によって始められたと考えられています。この窯場では、遠州好みの茶道具が多く生産され、遠州は生産された茶道具の中から優品を選び、自ら銘を付けました。

この茶人は、瓢筆のくびれた部分の下方にたまった白濁した釉の模様から白い雲を連想して「白雲」ごと命銘されたと考えられています。遠州は「古今和歌集」等の和歌から引用して銘を付けることが多い中、自雲は、「江談抄」の中の漢詩を引用して命銘しました。白雲は、江戸時代後期の大名で茶人でもある松平不昧(1751~1818)によって中興名物(茶人の名品)に格付けされた由緒ある茶入です。

白雲は、特別展「小堀遠州と川越藩士―遠州と酒井忠勝の交流を中心に―」で展示されています。遠州にゆかりのある茶入を、ぜひこの機会に間近で見てみませんか。

日程…10月10日0~11月15日(日) 経費…入館料

                市立博物館℡222‥5399
川越時間旅行44

城下町と防災のまちづくり

                 川越時間旅行44

                               都市景観課℡22415961
                城下町と防災のまちづくり

江戸時代、城下町には火事に備え「町火消」という組織がありました。「火事と喧嘩は江戸の華」と言われていますが、川越でも火事になると町内に深く関わりのある職人などが火消し役となり、消火や類焼を防ぐために活躍しました。蔦が纏を振りかざし火の勢いに立ち向かう威勢の良さは、まさに火事場の華と言えました。
また、「木戸番」と呼ばれる番人は、町内の見回りや火の番に当たるなど、町内の自治組織が確立されていました。

近代的な消防組織の登場は、明治26年の川越大火の翌年に組織された「川越消防組」が初めてで、町火消の流れをくんでいます。時代は変わっても、先人たちの町への思いやりや、そこに暮らす人々の絆は、時を越えて受け継がれています。現在も町内では、自治会の夜回りや自主防災組織の訓練等、防災のまちづくりに取り組んでいます。
夕刻のまちに響く時の鐘とともに、町内に響く拍子本の音色はどこか懐かしく、安心感を与えてくれます。