小江戸川越の歴史を尋ねて-4


三変稲荷神社 神明町矢沢家文書 高島流炮術額 日本外史 暦応の古碑文


三変稲荷神社
三変稲荷神社古墳(市指定史跡)

昨年、市の文化財に指定された三変稲荷神社古墳は、仙波台地東端に位置し、仙波古墳群に属します。仙波古墳群には、喜多院慈眼堂古墳のほか、同院山門前、日枝神社わきの円墳が有ります。三変稲荷神社古墳は、これら2基の古墳から南東約3百メートルの場所に有り、高さ2.5メートル、径17メートル。墳頂部には、大きな古木が茂り、稲荷神社の社殿とそれに続く石段が築かれています。

そのため、古墳の形態が損なわれ、原形を知ることは困難ですが、出土品・採集品の特徴から、四世紀後半に作られたものと考えられています。これは、市内竿この古墳であると同時に、県内でも数少ない前期古墳の一つになります。

さて、三変稲荷神社の造営と其の名のいわれですが、喜多院には「尊海僧正が、インド、中国を渡り日本に来た老狐(直接仏から教えを請うた事がある)に会い、三変土田(仏が不浄なる国土を三度変じて浄土としたこと)を見せて欲しいと頼んだところ・・・・、「自分の化けた姿を拝まないと言う約束なら)と老狐願いに応じました。
しかし、僧正は、其の有難い姿に思わず礼拝してしまい、老狐たちまち白骨となってしまった」という話が伝わっています。この老狐を哀れんで立てたのが三変稲荷神社ではないかとされています。
現存する資料から、三変稲荷神社古墳の全容を十分に把握することは出来ませんが、東国における古墳発生期の特質を示す貴重な古墳であることは確かです。(所在地小仙波町4丁目9.5) 。
小川家文書
小川家矢沢家文書
矢沢家小川家ともに鋳物師総家の真継家から免許を受け、川越藩の御用達を務めた由緒ある鋳物師です。両家文書は、許状・座法の掟・由来書・鑑札類のほか、相場帳・見積帳など経営状態を示すものが多く、鋳造関係では鋳筒・鉄砲・仏像・釣り鐘などの記録もあります。元和四年(一六一八)、多摩郡谷保村(現国立市)から東明寺村(現・神明町)に来た矢沢家は、代々四郎右衛門を名乗り、通称「鍋四郎」と呼ばれました。 文書は江戸中期以降のもの七十五通・二十七冊があり、川越藩家中への金融を示す証文類なども残つています。 天正年間(一五七三〜九二)、川口から小久保村(現・神明町)に来て、代々五郎右衛門を名乗る小川家は通称「鍋五」と呼ばれました。文書は、江戸後期から明治初年までの百六十一通・三一冊・四軸。幕末の台場警備に際して鋳造した大砲のもの、名主関係のものもあります。川越一帯の鋳物を生産した両家。時の鐘も文久元年(一八六一)に小川家、明治二十六年(一八九三)の川越大火の翌年に矢沢家が鋳造しています。鐘の音は復興のシンボルとなり、現在も蔵の街並みに時を告げています。 
高島流炮術額
高島流炮術額
高島流は江戸時代の天保期(一八三〇〜四四)に、西洋砲術を学んだ高島秋帆が創始した砲術の流派です。ペリー来航後の安政年間(一八五四〜六十)、秋帆が暮府の講武所砲術指南役になったこともあり、江戸湾警備を担当した川越藩は高島秋帆の高弟江川太郎左衛門のもとに藩土を派遣し、砲術を学ばせました。高島流炮術額は、そのうちの一人である岩倉弥右衛門の門人らが氷川神社に奉納したものです。 小銃の訓練で、一定の距離から五センチ四方程度のひし形の的を撃ちます。的はキリを薄い板にしたものであるため、弾が当たると貫通します。この額には、弾の当たった的がくぎで打ちつけてあり、その下に射手の名前が書いてあります。額の大きさは、縦百三十四センチ横百九十六センチ。その中に八十人の射手の名前があり、当初、八十枚あったキリの板のうち、十枚が現存しています。額の表には、奉納の文字ととともに元治元年(一八六四)と墨書きされています。この年は天狗党の挙兵・池田屋騒動・禁門の変・下関戦争・第一次長州征伐などがありました。日本全体が緊迫する中、川越藩で行われていた射撃訓練の様子を伝えてくれます。また、川越は城下町ですが、武士が奉納したとされる額が少なく、保存状態も良いことから、当時を知る重要な資料となっています。