小江戸川越の歴史を尋ねて-40
時間旅行45
中世の暖房器
 時間旅行46
   街歩き

時間旅行47
むかしの勉強・遊び展
 
時間旅行48
壺形はにわ
 
時間旅行49
一葉の写真から 
川越時間旅行45

中世の暖房器具~火鉢のはなし~



                  川越時間旅行45

                                 文化財保護課℡22416097
              中世の暖房器具~火鉢のはなし~

中世武士・河越氏の館である河越館跡(上戸)から出土した、菊花の模様で飾られた土器片。これは、中世に暖房器具として使われた奈良火鉢の破片です。

いろりの火で暖を取っていた中世、炭火を使うため煙が少なく、持ち運ぶことができる火鉢は、貴族・武士の館や寺院といった、格式があり部屋数も多い建物の暖房器具として重宝されました。
中でも大和国(奈良県)で製作された奈良火鉢は、『三十二番職人歌合』(16世紀成立の絵巻物)の中で「八重さくら 名にお う京のものなればはなかたにやくなら火鉢かな」と歌われるように、花弁の形に焼かれていました(下図参照)。

出土した奈良火鉢破片は、表面に光沢が出るほど丁寧に磨かれ、漆が塗られる精巧な造りであることから、単なる暖房器具ではなく、遠い都の文化薫る調度品の一つとして、河越氏が特に優れた品を取り寄せたものかもしれません。江戸時代以降、火鉢は安価な暖房器具として普及しますが、中世以前の火鉢は、格式のある場所で使われる、特別な暖房器具だったのです。


川越時間旅行46

 歴史まち歩き


                                         
                  川越時間旅行46

                                 都市景観課℡22415961
                     歴史まち歩き
川越の城下町の整備が本格化したのは、寛永15年(1638)の大火の翌年、藩主となった松平信綱により実施された城下の町割り整備に始まったと言われています。
その町割りが今に伝わる旧市街地は、歴史に培われた蔵造りの町並みをはじめ、明治・大正・昭和の歴史的建造物がそれぞれの時代の流行の意匠を身にまとい、見る人の目を楽しませてくれます。
また喜多院や蓮馨寺界限などの寺社門前のにぎわいは、祭り、お茶会、縁日などの行事や花見、憩いの場といった空間として今も続いています。
そして、歴史が息づく、さまざまな場をつなぐ道は、それぞれの通りに合ったデザインとなっています。
例えば、鐘つき通りは、歩道を黒系統の石張りとし、車道との違いを明示するとともに、重厚な町並みとの調和を図っています。
また、菓子屋横丁通りでは、横丁の代表的な菓子である飴をイメージしたガラスブロックを埋め込んでいます。
市内には、このように町並みに溶け込んだ「道」が存在します。新しい「道」を探しに
まち歩きに出かけてみてはいかがですか。
              川越時間旅行47              
「むかしの勉強・むかしの遊び」展

                                                                                                       
               川越時間旅行47
                              市立博物館℡222‥5399
            「むかしの勉強・むかしの遊び」展

同展は、昭和30~40年代を中心に、学校の教室や家庭の居間、駄菓子屋の店先などを再現しています。この時代は、いわゆる高度経済成長期と呼ばれ、人々の暮らしや町の様子が大きく変わりました。

今回は、当時最新だった電化製品なども展示しています。この頃「三種の神器」と呼ばれ、急速に普及した自黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫。それまで使われていた木製の氷冷蔵庫も並びます。60代のご夫婦は、「氷冷蔵庫に入れる氷、氷屋さんが配達してくれてたね」「大きなのこぎりで切ってくれてね」と懐かしそうに話していました。
自黒テレビの前では、「これ、どうやってチヤンネル変えるか知ってる?」とお父さんが息子に話しかけます。あちこちで、「こういうの、あったね」「昔はこんなだったの」
と会話が弾みます。
2月28日(日)まで開催中の同展に、皆さんも出掛けてみてはいかがですか。
 川越時間旅行48

 三変稲荷神社のつぼ型壺はにわ
                 川越時間旅行48

                               文化財保護課℡224‥6097
              三変稲荷神社のつぼ型壺はにわ

小仙波町四丁目の三変稲荷神社古墳は4世紀後葉に作られた一辺20~25mの方墳で県内でも数少ない前期古墳です.
発掘調査では、墳丘を囲む堀の中から壺形はにわの破片が大量に出土しました。これらは本来、葬送に伴い墳丘のテラスに並べられていたものが転落して壊れたものと考えられます。
たくさんの壺を並べる変わった葬送儀礼は畿内地方にその源流があります。
3世紀中葉に造られ、邪馬台国の女王「卑弥呼」の墓とも考えられている奈良県桜井市の箸墓古墳(前方後円墳・全長272m)では、前方部墳頂に壺形土器の配置が見られ ます。
壺型土器が葬送専用の壺形はにわに変化する中でその形にも変化が起こりました。壺が大きく見えるように胴体が長くなるのです。「お墓を立派に見せたい」という古代人の思いが伝わってきます。

 
川越時間旅行49

一葉の写真から


 
                  川越時間旅行49
                              市立博物館℡2215399
                   一葉の写真から

古写真には、たくさんの情報が詰まっています。
左の写真は明治時代の一番街を写したもので、市内の風景が記録された最古の写真の一つです。
左側手前の看板には「埼玉県川越警察署川越分署」と記されています。『川越警察署沿革調』によると、同分署は、明治11年(1878)から同15年(1882)まで、現在の仲町交差点にあたる「志義町丁字路」に置かれていたとされています。

このことから、この写真が撮影された時期と場所を知ることができます。通りを挟んだ向かい側には「松屋呉服店」があり、店先には大きく屋号が染め抜かれたのれんが見えます。町並みを見ると、ほとんどの店舗が木造の板ぶき屋根になっていますが瓦ぶきと思われる建物も見受けられます。

このように、この写真からは、明治26年(1893)の大火によって失われた町の様子をうかがい知ることができます。現在開催中の収蔵品展「モノクロームの追憶]は、同館所蔵の古写真を中心に展示しています。みなさんも古き良き川越の風景に思いをはせてみませんか