川越時間旅行50

           文化財の修理事業      
     
                 川越時間旅行50

                  文化財の修理事業

                              文化財保護課℡回22416097
     重厚な蔵造りや千数百年前の巨大な古墳、れんが積みの水門など、市内に点在する文化財を後世に伝えていくためには、定期的な修理や環境整備が欠かせません。しかし、ひとくくりに文化財と言ってもその性質や素材は実にさまざまです。
例えば、山車。骨組みの部分や精巧な彫り物は木材で、漆が塗られている部分もあります。車輪には金輪がはめ込まれていたり、幕や人形衣装には絹糸や金糸が使われていたりもします。また、
人形の顔には胡粉が塗られているなど、さまざまな素材が組み合わさってひとつの文化財を構成しています。それぞれの修理となると、その方法や考え方は当然、異なります。
しかし、文化財の修理に共通するのは、当初重視と現状維持の原則です。残せる部分はできるだけ残して、どうしても取り換えなければならない部分だけは新たな部材で補います。幕や人形衣装などは消耗が激しいため、修理できないくらい傷んでしまつた場合は、同じものを新調して取り換えます。そうすることで部材は新陳代謝していきますが、製作当時の構造や意匠は受け継がれ、文化財の姿かたちをそのまま後世に伝えることが可能となります

川越時間旅行51

川越百景めぐり

                    川越時間旅行51

                               都市景観課℡回22415961
                      川越百景めぐり
「川越百景」とは、市内に点在する優れた景観を、平成24年度に公募し選定したものです。この川越百景の啓発と、観光資源としての活用調査を目的として、同27年度に「新河岸川舟運でたどる川越の歴史」「入問川ウォークと中世河越めぐり」「喜多院界隈と四門前めぐり」の3つのテーマでモニターツアーを実施しました。それぞれのツアーでは、点在している川越百景を線で結び、歩きながら巡りました。こうすることで、大きな歴史の流れを感じることができますモニターツアーの調査結果等をもとに、都市景観課では市内全10コースのウオーキングマップを作成し、同課(本庁舎5階)で無料配布しています。川越の歴史や文化、自然にふれるだけでなく、ウオーキングの楽しみも感じられる川越百景めぐり。みなさんもお気に入りの景観を探しに出掛けてみてはいかがでしょうか。

 時間旅行52

古代入間郡役所の器
                      時間旅行52
                               文化財保護課℡回224‥6097
                    古代入間郡役所の器
左の写真は、平成28年3月から同年5月まで行われた霞ケ関遺跡の発掘調査(第23次調査)で出土した土器を裏返して撮影したものです。この土器は今からおよそ1200年前の平安時代初期に東金子窯(入間市)で焼かれた須恵器の坏(飲食物を入れる器)です。ところどころかすれてはいますが、墨で「入厨」という文字が書かれています。
では「入厨」とはいったい何なのでしょうか。
今からおよそ1300年前の奈良時代、市内上戸新町の周辺には古代入間郡の役所である入間郡家があったと考えられます。当時、入間郡家では多くの人が働いていて、こうした人たちに食事を提供し、食器類を管理するために、「厨家」という部署が置かれていたようです。「入厨」とは「入間郡家の厨家」を意味し、この土器が厨家の備品であったことを示しています。
この土器の年代は入問郡家が置かれてからおよそ100年たっていますが、郡家廃絶後も郡家の施設の一部は残され機能していたのでしょう。
隣接した地点の調査でも「入厨」墨書土器(墨で模様などが書かれた土器)が出土しているため、古代入間郡家の中心部は意外と近い場所にあるのかも知れません

川越時間旅行53
 十五童子像
                  川越時間旅行53
                     十五童子像


                               市立博物館℡22215399

上の写真は、広済寺(喜多町)境内にある金昆羅堂に伝わる十五童子像です。右の像には7体の童子、左の像には8体の童子と1体の牛が表情豊かに精巧に掘り出されていて、それぞれが取り外せるようになっています。

また、背部に記された紀念銘から、嘉永5年(1852)、氷川神社本殿の彫工として知られる当代一流の名工・嶋村俊表によって作製されたことが分かります。まちなかの小さなお堂の什物(お寺で使用する器具類)を、わざわざ江戸の名高い彫工に依頼していることから、金昆羅堂に対する当時の人々の信仰の厚さをうかがい知ることができます。

平成7年、金昆羅堂は、建物と本像を含む常什物が一括して川越市の文化財に指定されました。博物館では「川越の指定文化財展‐未来に受け継ぐ、郷土の宝物!」を開催し、本像を始めとした50件の指定文化財を紹介しています。本展は市内の貴重な文化財がそろうめったにない機会です。個性豊かな地元川越の宝物と出会って、文化財を身近に感じてみませんか。

日程…8月28日まで  経費…入館料  農政課℡224-5939

川越時間旅行 54
現代に息づく伝統技術


川越時間旅行 54   {
         市立博物館℡222‐5399 
現代に息づく伝統技術          
 博物館では(公財)日本美術刀剣保存協会と共催で
平成28年新作名刀展」を開催します。
本展覧会で出品する作品は全て新作です。これらの作品は、
同協会主催の審査会において、人選作として選ばれたもので、
今年は58点が出品されます。       

 新刀はたとえ新作であろうと、わが国固有の製鉄法である
「たたら吹き」で生産された「玉鋼」という伝統的な材料を原料
として制作されます。また、日本刀の制作には、刀身の鍛造、
研磨のほか、外装に伴う彫金・金工、漆工、組紐、鞘の制作など、
実に多くの刀職者が関わっています。その刀職者たちの
伝統的工芸技術の「粋」というべきものが、日本刀には集約
されています。日本刀の制作に携わる職人は、日本の伝統
文化を継承し後世に残る作品を作るため、日々努力を重ね
研さんに励んでいます。

 会期中は作刀および外装に関わるさまざまな職人たちの
実演や、なかなか見ることのできない記録映画の上映を
行っています。本展覧会は、こうした刀職者たちの伝統技術
に触れることができる貴重な機会です。ご来館をお待ちしています。
日程…9月10日(土)~25日(日) 経費…入館料
小江戸川越の歴史を尋ねて-41
時間旅行50文化財修理 時間旅行51
川越百景めぐり
時間旅行52
古代入間役所の器
時間旅行53
十五童子像
時間旅行54
伝統技術
新作日本刀