川越時間旅行55

屏風で見る江戸時代の川越

川越時間旅行55
             市立博物館 ℡22215399

屏風で見る江戸時代の川越

江戸時代の安永6年(1777)、高沢町(現元町二丁目)
の町名主(町を統括する役人)を務めた井上権兵衛こと
梅暁堂盤雨が描いた屏風が今に残ります。
この屏風は、春夏秋冬に分かれているため四季屏風
と呼ばれ、作者が川越の町名主であったことから、
川越周辺を描いたものだと考えられています。
屏風の特徴は、多くの子どもが描かれていることです。
寺子屋で学ぶ様子(写真右上)や、こま回し(写真左上)等
に興じるさまは、現在の私たちも一度は体験した原風景です。
また、下の写真は秋を表し、屋台の上で演舞するまつり
の一こまが描かれています。

博物館では、企画展「城下町川越の町人世界」を
開催中です。ぜひ、この機会に川越町人の江戸時代
の暮らしぶりに思いをはせてみませんか。

日程…11月23日(祝)まで 経費…入館料(200円)



 川越時間旅行56

いつまでも残したい、歴史的な建物
 

                        

川越時間旅行56
                 都市景観課℡匝224‐5961
いつまでも残したい、歴史的な建物
 川越には、長い時を重ねた、すてきな建物がたくさん残
っています。これらの建築物は、このままの状態で残して
いきたい貴重な資産です。
 しかし、所有者の高齢化や暮らし方の変化等により、建
築物を住居から飲食店にするなど使い方を変更する事例
や、大規模な改修工事等を行わないと使用できない事例
が増えています。このような事例に対し、歴史的に価値の
ある建築物であっても建築基準法に適合させる必要があ
るために、活用しにくい場合がありました。 

平成28年10月1日、「川越市歴史的建築物の保存及び活用に
関する条例」が施行されました。この条例は、それぞれの
建築物の状態等を考慮し、防火や避難等の安全性を確保
することができれば、必ずしも建築基準法に適合させなくて
もよいこととし、歴史的建築物の保存と活用の両立を促進
することを目的としています。

「町家は残したいけど、奥にバリアフリーの住居を増築したい」
「住居としては使わないけど、何かに活用できれば残せるのに」
「そのままの風情を残して使いたかったのに、大掛かりな工事
になりそう」といった所有者の声に対し、条例を活用することに
より、その思いの実現と不安の解消につながればと考えています。
 川越らしい歴史的建築物が、いつまでも残ることを願っています。
川越時間旅行57

山王塚古墳の年代を探る




川越時間旅行57

                 文化財保護課℡224‥6097
山王塚古墳の年代を探る

山王塚古墳は大塚一丁目・豊田町三丁目にある上円下方墳です。
上円下方墳は古墳時代終わりの7世紀後半から8世紀初めにかけて
造られた有力者の墓で、確実なものは日本全国で6例しかありません。

山王塚古墳は上円下方墳の中で最大の規模を誇りながら、詳細な
築造年代は明らかになっていませんでした。
しかし、今年7月から10月にかけて行った発掘調査(第二次調査)で
重要な手掛かりを得ることができました。

それが左写真の須恵器です。残っていたのは全体の4分の1程で
、「平瓶」と呼ばれるお酒を入れるための器です。小ぶりな胴、
強く張った肩、短めの首など7世紀後半に作られた器の特長を
持っています。出土したのは埋葬施設である横穴式石室の前の
石敷きで、埋葬の時に死者に供えられた土器の一つと考えられています。
また、青黒い肌と深緑色の自然釉などから猿投窯(愛知県
名古屋市周辺)で焼かれたものと推測されます。
この発見で全国最大の上円下方墳築造の謎の解明に、また一歩近づきました。



川越時間旅行 59

「むかしの勉強・むかしの遊び)

                                                       
川越時間旅行59
市立博物館℡22215399
「むかしの勉強・むかしの遊び)
同展は、当館の収蔵資料の中から昭和30~40年代のものを中心に、当時のまち
の様子や学校生活、遊びなどを展示。再現しています。今回、特集として取り上
げているのは、川越城下の西の玄関口の一つ、高澤橋です。
古くは赤間川と呼ばれた川(現新河岸川)に架かる高澤橋は、現在の橋が完成し
た昭和42年9月から数えて、今年でちょうど50年になります。川面に映った影も合
わせると眼鏡のように見えることから「眼鏡橋」として親しまれたこの橋は、姿を
変えても同じ愛称で呼ばれ続け、地域の人たちを見守ってきました。
同展では高澤橋の移り変わりを通して、各時代の出来事や、私たちの生活と川と
の関わりを、当時の様子と共にご覧いただけます。ご来館お待ちしています。
期間…2月26日国まで経費…入館料


 川越時間旅行 60 

川越に残る江戸の人形 山車人形 節句人形


     
川越時間旅行 60

文化財保護課℡22416097
川越に残る江戸の人形 山車人形 節句人形

江戸天下祭(神田祭・山王祭)の面影を今に伝えるといわれる
川越氷川祭の山車行事。祭りで曳き出される江戸型山車の人形は
、江戸後期から明治初期に、鼠屋五兵衛、原舟月、古川長延、仲秀英
といった江戸を代表する人形師に直接注文して製作されたものばかり

です。江戸の人形の特徴は、胡粉で真っ白に塗られ硬くつやつやした
肌や、きらりと光を反射するガラス眼(玉眼)です。現代で好まれるか
わいらしい顔とは異なり、切れ長でつり上がった目をした浮世絵風で、
当時の流行や人々の好み、美意識が人形全体に表れています。

ひな祭り(上巳の節句)やこどもの日(端午の節句)に飾られる節句人形も
同様の特徴があります。川越では例年、 一番街の蘭山記念美術館や
服部民俗資料館で江戸のひな人形や五月人形が公開されています。

慶応元年製の服部家の五月人形は、のぼり旗などとともに三代仲秀英
の作で、江戸文化漂う当時の川越商家の節句行事を今に伝えています。

かつて江戸では、祭礼や節句行事等、人々の信仰や風習に支えられ、
人形が盛んに作られましたが、現在の東京にはあまり残されていませ
ん。川越に残る人形に、江戸の人形文化の面影を見ることができます。

小江戸川越の歴史を尋ねて-42
時間旅行55屏風で見る川越  時間旅行56
残したい歴史的建物
時間旅行57
山王塚古墳の年代 
 
時間旅行59
むかしの勉強・むかしの遊び 
時間旅行60
川越に残る江戸人形