川越時間旅行62

時代の先端を開く建物たち

     
                  川越時間旅行62
                               文化財保護課回℡22416097
                  時代の先端を開く建物たち

川越のまちには古い建物が数多く残り、私たちの目を楽しませてくれます。その象徴でもある蔵造り。明治26年(1893)の大火の教訓から、燃えないまちをつくるため、人々は知恵を絞って、厚い土壁を持つ蔵造りの建物を建設しました。蔵造りは当時の人々にとって、最新の防火建築だったのです。
その後、旧八十五銀行本店本館(埼玉りそな銀行川越支店)に代表される西洋建築が普及すると、川越の商人たちは東京から設計家を招き、鉄筋コンクリート造りなど、最新の工法で建物を建てました。
また、旧山崎家別邸などに代表される日本建築と西洋建築を連結した「和洋館並列型」の建物が建てられるなど、先進都市東京に劣らない新しい建築と伝統的な建物が軒を連ねる独特な町並みが創り出されました。

川越の古い町並みは、その時代の先進の技術が積み重なって形づくられています蔵造りを散策する際は、西洋建築にも目を向けてみてはいかがでしょうか。


川越時間旅行63

菓子屋横丁の現在



川越時間旅行63
                    都市景観課℡224‥5961
菓子屋横丁の現在

平成27年6月21日正午ごろ発生した火災により、
大きな被害を受けた菓子屋横丁でしたが、被災者
の努力と、多くの方々のご協力により、復興を遂げ
ることができました。

明治初期に駄菓子の製造で始まった菓子屋横丁は
、関東大震災で壊滅的な打撃を受けた東京下町の
菓子製造に代わり、大正末期から昭和初期にかけて
一大菓子製造・卸売りの場へと発展しました。

現在では業態を小売りに変化させた店舗も多い
菓子屋横丁ですが、環境省の「かおり風景百選」にも
選ばれた懐かしいお菓子の香りが、今も通りを包んでいます。

今回、再建を果たした老舗の「吉仁製菓」と
「稲葉屋本舗」の2件は、防火シャッターや
防火構造の壁による防火対策を徹底しつつ
、菓子屋横丁の風情を守るため、伝統的町家
様式による外観で新築しました。また、石畳の
通りは補修を終え、菓子屋横丁のイメージに
調和したデザインの新しいお店も仲間入りしました。
再興した菓子屋横丁は、今日も多くの人でにぎわっています。

小江戸川越の歴史を尋ねて-43
時間旅行62
時代の先端を行く建物
 時間旅行63
菓子屋横丁現在