川越時間旅行62

時代の先端を開く建物たち

     
                  川越時間旅行62
                               文化財保護課回℡22416097
                  時代の先端を開く建物たち

川越のまちには古い建物が数多く残り、私たちの目を楽しませてくれます。その象徴でもある蔵造り。明治26年(1893)の大火の教訓から、燃えないまちをつくるため、人々は知恵を絞って、厚い土壁を持つ蔵造りの建物を建設しました。蔵造りは当時の人々にとって、最新の防火建築だったのです。
その後、旧八十五銀行本店本館(埼玉りそな銀行川越支店)に代表される西洋建築が普及すると、川越の商人たちは東京から設計家を招き、鉄筋コンクリート造りなど、最新の工法で建物を建てました。
また、旧山崎家別邸などに代表される日本建築と西洋建築を連結した「和洋館並列型」の建物が建てられるなど、先進都市東京に劣らない新しい建築と伝統的な建物が軒を連ねる独特な町並みが創り出されました。

川越の古い町並みは、その時代の先進の技術が積み重なって形づくられています蔵造りを散策する際は、西洋建築にも目を向けてみてはいかがでしょうか。


川越時間旅行63

菓子屋横丁の現在



川越時間旅行63
                    都市景観課℡224‥5961
菓子屋横丁の現在

平成27年6月21日正午ごろ発生した火災により、
大きな被害を受けた菓子屋横丁でしたが、被災者
の努力と、多くの方々のご協力により、復興を遂げ
ることができました。

明治初期に駄菓子の製造で始まった菓子屋横丁は
、関東大震災で壊滅的な打撃を受けた東京下町の
菓子製造に代わり、大正末期から昭和初期にかけて
一大菓子製造・卸売りの場へと発展しました。

現在では業態を小売りに変化させた店舗も多い
菓子屋横丁ですが、環境省の「かおり風景百選」にも
選ばれた懐かしいお菓子の香りが、今も通りを包んでいます。

今回、再建を果たした老舗の「吉仁製菓」と
「稲葉屋本舗」の2件は、防火シャッターや
防火構造の壁による防火対策を徹底しつつ
、菓子屋横丁の風情を守るため、伝統的町家
様式による外観で新築しました。また、石畳の
通りは補修を終え、菓子屋横丁のイメージに
調和したデザインの新しいお店も仲間入りしました。
再興した菓子屋横丁は、今日も多くの人でにぎわっています。

時間旅行64

山車人形衣装の修理

時間旅行64
                           文化財保護課℡回224-6097
山車人形衣装の修理
昨年末に「川越氷川祭の山車行事」が、 ユネス
コの無形文化遺産に登録されました。これは単に
祭礼のみが評価されたわけではなく、伝統的な工
芸技術により祭礼用具(山車。人形。衣装。幕等)
を維持してきた点も含まれています

昨年度は、県指定有形民俗文化財「三番雙の山
車」(六軒町)の人形衣装を修理しました。衣装は
長く使っていたため、刺しゅうが激しくほつれ、
襟や裾が擦り切れる等ずいぶん傷んでいました。
しかし、布地そのものは十分に強度を保っていた
ことから、衣装を半解体し、胡粉の剥落止め、刺
しゅうの止め直し等の処置をしたのちに、再び元
の形に仕立て上げる修理を行いました。

修理後の衣装は、 一見しただけでは、修理前と
何も変わっていないように見えます。この姿形を
変えることなく衣装の寿命を延ばしたという点
で、今回の文化財修理は大成功と言えます。かつ
ての職人の技を生かし、それを現代の技が下支え
することで、昭和25年に製作された六軒町の衣装
は朽ちることなく、こののち数十年の間、多くの
人々の目に触れることができるからです。

今年の川越まつりでは、二番雙の山車も参
加します。迫力ある曳っかわせだけでなく、
人形の衣装にも注目してはいかがでしょうか。

写真:刺繍を修理した袴 撮影:坂本敦宏


時間旅行 65

伊能図で読み解く川越の江戸時代


時間旅行 65

                     市立博物館℡222-5399
伊能図で読み解く川越の江戸時代

左の写真は、文政4年(1821)の川越城周辺
を描いた絵図を拡大したものです。日本地図を作
ったことで著名な伊能忠敬が測量し、川越城(松
平大和守居城)やその周辺が描かれています。
忠敬が川越へ来たのは、文化11年(1814)と
同13年の2回。忠敬が実際に歩いた道は、赤い線
で示されています。川越城の左側にある赤い線が
交わった場所は、現在の札の辻交差点で、川越城
から下に向かう道は川越街道です。また、喜多院
周辺に赤い線があるのは、文化11年5月20日に、
川越の城下町を調査した後、喜多院の境内でも測
量したためです。その様子は、千葉県香取市にあ
る伊能忠敬記念館が所蔵する「測量日記」
に詳しく記されています。
博物館では、収蔵品展「絵図・地図で読み解く
川越」を9月3日0まで開催中です(入館料
200円)。同展では、江戸から昭和30年代まで
の資料約50点を展示し、川越の発展の様子を紹介
しています。併せて、川越城本丸御殿では、同記
念館が所蔵する「伊能図の原寸大パネル(関東地域部
分とを大広間の床一面に8月15日(火)まで展示していま
す(入館料100円)。忠敬が測量した絵図のが不ルの
上を歩いて、川越の歴史を眺めてみてはいかがですか。
川越時間旅行66

日本刀と伝続技術


川越時間旅行66

                        
日本刀と伝続技術

博物館では側日本美術刀剣保存協会と共催で
「平成29年新作名刀展」を開催します。
本展覧会で出品する日本刀は全て新作です。

日本刀はたとえ新作であ製鉄法である「たたら吹
き」で生産された「玉鋼」を材料に使い、伝統的な
手法で製作されています。日本刀の製作には、
刀身の鍛造や研磨だけではなく外装に伴う彫
漆工、組紐、ろうと、我が国固有の金・金工、
鞘の制作など、実に多くの刀職者が関わっています。

日本刀はいわば、これら刀職者たちが磨き上げた
伝統的工芸技術の結晶といえるでしょう。

会期中は、日本の伝統文化を継承し、後世に残
る作品を作るため、日々研さんに励むさまざまな
刀職者による実演や、貴重な記録映画の上映を行
います。この機会に普段見ることのできない
伝統技術に触れ、長い日本刀の歴史に思い
をはせてみてはいかがでしょうか。
日程…9月9日~24日
日 経費…入館料
市立博物館℡22215399
小江戸川越の歴史を尋ねて-43
時間旅行62
時代の先端を行く建物
 時間旅行63
菓子屋横丁現在
時間旅行64山車人形  衣装修理   時間旅行65
伊能図で見る小江戸川越
 
時間旅行66
日本刀と伝統技術