小江戸川越の歴史を尋ねて-44
時間旅行67天海坐像  時間旅行68
調和する建物   「金笛」
時間旅行69
松平大和守廟
 
時間旅行70
小林斗盦 
時間旅行71
昔の遊び
川越時間旅行67

木造天海僧正坐像

 川越時間旅行67

木造天海僧正坐像
この像は、喜多院で住職を務めた天海大僧正
(1536~1643)の
最晩年の姿を造立した肖像彫刻です。
像のそこに有るる柄に記された墨書銘から、
亡くなる2か月前、108歳の姿ということが
分かる大変貴重な資料です。

檜材と考えられる寄木造りで、極彩色で目に玉
眼がはめ込まれています。頭巾を被り、法服の上に
袈裟と横被をかけ、袴の上にも裳をつけ、右手で
払子を握り、曲録に座り、足元に沓を置くこの像の
姿は、天台宗僧侶の最高の礼服姿で、重要な法要
の際に着用されるものです。
作者の大仏師式部卿は江戸仏師と考えられ、こ
の像は彼の代表作といわれる程、精緻な造りで大
変出来栄えのよい作品です。
この天海像は、普段、喜多院の慈眼堂に安置さ
れていて見ることができませんが、10月14日(土)か
ら博物館で開催する特別展で展示されます。ぜひ、
この機会に、めったに見ることのできない天海像
を間近で見てみてください。

家康没後400年記念特別展
徳川家康と天海大僧正‥家康の神格化と天海‥
期間…10月14日(土)~12月3日(日 )
経費…入館料

市立博物館 ℡ 222-5399

川越時間旅行68

時代を超え、調和する建物



幸町にある「金笛」

川越時間旅行68

都市景観課℡22415961
時代を超え、調和する建物
一番街には、さまざまな特徴を持つ蔵造りの建
物が軒を連ねています。その中に、「平成」にな
ってから建てられた蔵造りの建物があるのをご存
じですか。

(平成7年建築)がその建物で す。建物は、6寸勾配の
軒深い瓦屋根、熟癬Lの・ 外壁、重厚な観音開扉、
棟の両側に位置する大きな影盛と鬼瓦などといつ
・ た、川越の蔵造りの特徴を再現しています。
また、表通りから見えない路地側には、デザイン性
の高いひさしや丸窓が設けられ、現代的な一面も
併せ持っています。

過去と現在の特徴を持つこの建物は、隣に建つ
重要文化財、大沢家住宅(1792年建築)とも違和感
なく調和。時代を超えて共存している姿が評価され、
平成8年の「かわごえ都市景観表彰」で、
「都市景観デザイン賞」を受賞しています。
同課(本庁舎5階)では、都市景観表彰受賞作品
を紹介する「かわごえ都市景観表彰作品集」を作
成し、無料で配布しています(市ホームページか
らもダウンロード可)。作品集を手に、秋の空気を
感じながら、作品巡りをしてみてはいかがですか。
  川越時間旅行69 

近世大名墓の調査 松平大和守家廟所


 
川越時間旅行69


近世大名墓の調査 松平大和守家廟所


喜多院。慈恵堂の裏手には、江戸後期の川越城
主・松平大和守家歴代当主の廟(お墓)があります。
そこには、巨大な石の五輪塔・碑・門が5基整然と並んでいて、
徳川家康の次男・結城秀康を祖とする御家門の風格を
感じることができます。
廟所造営から150年余りがたち、全体に傷み
が見られるため、平成26年度から5年間の計画で
保存整備工事を実施しています。廟所の解体工事
に併せ発掘鶴調査も行っています。同27年度には、
5代霊鷲院廟旧基壇の石列が見つかったことに
より、当初は5代廟が独立して建っていたことが
判明しまtた。同28年度には、基壇内部の造成土
の違いから7・8代廟は、先代の隣に増築してい
ることが確認されました。また、10代廟は造営の
際、敷地造成のため、南側の土塁を削っている可
能性が高いことも分かってきていますo

発掘調査により外観からは分からなかつたい廟
所の造営過程や内部構造の一部が明らかになりつ
つあります。
文化財保護課℡224ー6097

川越時間旅行70

川越ゆかりの美の巨匠たち
文化勲章受章者 小林斗盦(こばやし とあん


川越時間旅行70
市立美術館℡228-8080
川越ゆかりの美の巨匠たち
文化勲章受章者 小林斗盦(こばやし とあん)

小林斗盦(1916~2007)は南町(現元町二丁目)の印章舗
の三代目として生まれました。川越中学校(現県立川越高
等学校)を卒業後、早くから篆刻家・河井筌蘆に篆刻・書
法の教えを受け、10代のうちから華々しい成果をあげてい
ました。
書家。比田井天来からは「中学でこれだけ書けれ
ば、書を習う必要はない」とまで激励されました。
また、篆刻は古代の文字を扱うため、中国の文
字学の研究が重要です。戦後は東京大学・加藤
常賢教授のもとで説文学を修め、国宝の金印
「漢委奴國王」にまつわる偽印説を覆すなど、こ
の方面でも力を見せています。さらに、篆刻制作
の重要資料である中国古印譜の収集の質・量は、
上海図書館に匹敵するとも言われ、その総集とし
て編んだ「中国篆刻叢刊」(全40巻)は、中国でも

いまだにない全集として高い評価
を得ています。下の柔遠能邇(遠
きを柔らげ、近きをよくす)印は、
こうした長い研さんを経て作られ

た代表作の一つで、古代文字を巧みに印面に泳が
せ揺るぎない美の世界を構築しています。
自他ともに厳しい鍛錬を課したその生涯でした
が、仕事を離れたあとは、和服を好み、清元を愛
し、何より美酒に親しみました。その人となりは、
若い門生に至るまで、常に折り日正しい応接に終
始していました。 (篆刻家・宮岡明弘)
川越時間旅行71

「なかしの勉強・なかしの遊び


川越時間旅行71

市立博物館℡22215399
「なかしの勉強・なかしの遊び」

同展は、昭和30から40年代を中心とした教室・居間・
台所や駄菓子屋の店先を、当館の収蔵資料で
再現しています。川越を中心とした地域の人々の
暮らしの様子や移り変わりが感じられる展示となっています。

今回は、実際に「触れる展示」として
、教科書や遊び用ノート、ダイヤル式黒電話など
の生活用品、さらに、夏の寝室の大定番、蚊帳に
も直接触れることができます。「昔は○○で遊んだ
なぁ」「○○はこうやって使ったよ」など、会話も弾む
のではないでしょうか。
「むかし」を知らない世代から、「むかし」をよく知る
世代まで楽しめる今回の展示。

ぜひこのタイムスリップした世界で、ひとときの時間
旅行をお楽しみください。期間…2月25日(日)まで
経費…入館料