川越時間旅行 72
地区の安全を守る「ふせぎ」


 川越時間旅行72

文化財保護課℡回22416097
地区の安全を守る「ふせぎ」

笠幡にある芳地戸地区では、毎年春の彼岸に「ふ
せぎ」と呼ばれる行事を行っています。この行事
は、享保6年(1721)に始まったと伝えられ「芳
地戸のふせぎ」の名で市の無形民俗文化財に指定
されています。
「ふせぎ」とは、名前のとおり「防ぐ」ことから
来ています。疫病や悪い出来事は、道を通って入
ってくるという考えから、村に入る道の境にお札
などを置き、悪いことが起こるのを防ごうとした
ことが、「ふせぎ」の始まりとされています。

「ふせぎ」当日は、午前中に尾崎神社(笠幡)の境
内でわらや榊などを使い、みこしを作ったり、篠
竹の先端にお札や輪飾りを挟み込んだ辻札を作っ
たりします。午後は太鼓を先頭に、作った辻札を
持った子どもたちなどが「よ―いどまだまだ」
の掛け声を出しながら家々を回り、最後に、災い
が入らないよう、かつての村境に辻札を立てます。

地区の人々にとって、なくてはならない伝統行
事。今年は3月21日(祝)に行われます。
時間旅行 73
三芳野天神縁起

時間旅行 73
                
三芳野天神縁起
三芳野天神縁起は、三芳野神社の創建から遷宮式までの経緯
を、伝説と史実を織り交ぜながら描いた絵巻です。極彩色な大
和絵と流一麗な仮名交じりの詞書で構成され、全九段からなって
います。絵はその画風から、狩野派の絵師・勝田沖之丞が描い
たと推定されています。
沖之丞の来歴は不明ですが、優れた技量を持った絵師として
知られています。また、この絵巻の巻末からは、儒学者の
林羅山(1583~1657)が詞書を選文したことと、川越藩主
・松平信綱(1596~1662)が奉納したことが分かります。

絵巻を納める内箱は、金梨地蒔絵の仕立てで、表に銀泥で
銘が記されています。このように、この絵巻は奉納者が時の
老中で川越藩主の松平信綱であること、絵巻そのものがと
ても優れた作品で、装丁も藩主奉納品にふさわしい体裁に
整えられていること等から、三芳野神社を代表する社宝と言えます。

現在博物館で開催中の収蔵品展ョ一芳野神社とその社宝」
では、全九段からなるこの絵巻の全ての場面を、順次入れ
替えながら公開しています。
県指定文化財にもなっている貴重なこの絵巻を、ぜひご覧ください。
収蔵品展「三芳野神社とその社宝」期間…5月13日(日)まで 経費…入館料
市立博物館℡22215399
川越時間旅行 74

 織物巾場の地下を探る 

  
川越時間旅行 74
       文化財保護課℡224‐6097
織物巾場の地下を探る
 江戸時代から明治時代にかけて、川越は全国有数の織物の集散地でした。
しかし、機械化の遅れ、経済恐慌により次第に衰退してしまいます。
この織物業界の不振を挽回するため、明治43年(1910)に建設されたのが川越織物市場です。 建設当時の姿をよく残すことから平成17年に市指定文化財となり、現在、市では、保存整備のため大規模な解体修理を行っています。

このたび、この解体修理に併せて建物下の発掘調査を行い、
いくつかの注目すべき発見がありました。
 一つは、礎石の下の基礎構造が明らかとなったことです。
建物の重量のかかる礎石の沈下を防ぐため、礎石の下を
一辺50㎝、深さ50㎝の方形に掘りくぼめ、栗石と粘土を
入れて突き固めていました。これは江戸時代以来の伝統的な工法です。

 もう一つは、建物の下から江戸時代の地下室が発見されたことです。
この地下室は使われなくなったあと、17世紀後半から18世紀後半の
陶磁器や製鉄の際の大量の残留物を含む土砂で埋められていました。
「元禄七年川越古絵図」には周辺に鉄砲鍛冶の
「国友佐五右工門一の名があり、これに関わる遺構と考えられます。
川越時間旅行 75

受け継がれる料亭建築

川越時間旅行 75
        都市景観課℡224‐5961

受け継がれる料亭建築

 蔵造りの町並みが残る表通りを一歩脇道に入る
と、今も、風格ある料亭が人気を集めています。
 物資の集散地ゆえに、物流とともに人の交流も
盛んだった川越は、花柳界のにぎわいも県下随一
で、東京の奥座敷として迎賓の役割を担える料亭
が多くありました。
 中でも「出屋」は、川越の豪商として知られる
横田五郎兵衛の屋敷を引き継ぎ、明治の初頭から
料亭を営んでいます。新緑や紅莱といった自然の
趣を演出した庭園と一体化した座敷が見事です。
 山屋と共に川越花柳界の舞台であり、「川越小
唄」も披露された「初音屋」は、江戸時代後期に
 初音楼として営業を始めました。

昭和4年に造られた88畳の大広間は平成25年にリノベーションされ、
現在は「HATSUNEYAGARDEN」として結婚披露宴もできる
レストランに生まれ変わっています。東明寺の北東に位置する
「源氏家」は、大正13年に東京柳橋の料亭「二葉」の面影を残す
造りで建てられ、昭和5年までは、待合茶屋を営んでいました。
北側の正面の門から入ると杉皮ぶきの大きなひさしを持つ特徴的
な玄関が当時のたたずまいを今に感じさせます。
 川越の料亭文化と共に受け継がれてきたこれらの建築物は
、地域の貴重な歴史的景観資源としてさまざまな形で活用されています。


川越時間旅行76
時の鐘の発掘調査



川越時間旅行76
時の鐘の発掘調査

文化財保護課℡224‥6097
時の鐘の発掘調査 発見された玉石と穴

市指定文化財「時の鐘」は平成27年度から同28年度に耐震化工事を行いました。
平成27年度の基礎工事に伴い実施した発掘調査では、新たな発見がありました。
東西の中柱近くでは、縦横が60m弱、厚さが約30cmの大きな玉石
がそれぞれ見つかりました。玉石は現在使われていないことから、
先代以前の時の鐘を支えていた可能性があります。
また、調査を進めると土で盛った基礎の中央付近から、直径約82cm
の丸い竪穴が見つかりました。
瓦を転用して構築された内壁は真っ赤に焼けていたため、火災の痕
跡と思われます。穴の用途は不明ですが、江戸時代の地誌「川越索
麺」の記述から、火事の際に鐘を降ろして収納する穴蔵であった可
能性があります。

このような地誌の記述を裏付けるような穴や、音の時の鐘の姿をうかがわせる玉石の発見は、発掘調査ならではの成果です。
小江戸川越の歴史を尋ねて-45
時間旅行72
ふせぎ
時間旅行73
三芳野天神縁起
時間旅行74
織物市場
の地下
時間旅行75 生まれ変わる 料亭建築 時間旅行76
時の鐘
史跡発堀調査