小江戸川越の歴史を尋ねて−5



上寺山の獅子舞 算額 大釜 黒馬図大絵馬 南田島の足踊り



上寺山の獅子舞歴史を今に伝えて  66
か み て ら やま 上寺山の獅子舞(市指定・無形民俗文化財)

 川越地区の獅子舞は、天王さまの夏祭りとして行われることが多い中、「上寺山の獅子舞」 は十月十四日の秋祭りで行われていました。現在は川越まつりに合わせて十月の第三土曜日に、八咫神社で行われます。 江戸時代から続く「上山寺の獅子舞」には、次のような伝承が残されています。

秋元但馬守が川越城主だったころ、竹姫という姫君が目の病気にかかりました。病気がなかなか治らないのを伝え聞いた上寺山の人々が、神社境内で二十一日の間獅子舞を奉納して祈願すると、竹姫の病気が治りました。このことに感服した秋元但馬守に葵の紋章が入った麻幕を賜ったそうです。

 明治中期には一時中断しましたが、昭和十年に復活。祭りのときに使われ、傷みがひどかった麻幕も、同年に新調されて現在も使われています。以後、自治会良をはじめ、地区に住む皆さんが、それぞれ何らかの仕事を担当して、保存に努めてきました。
「上山寺の獅子舞」は、大獅子・中獅子・女獅子、山の神「仲立ち)、ササラッコから成ります。十月の第三土曜日が近づくと、一週間ほど練習を行い、当日は 「仲立の舞」 と 「十二切の舞」を奉納します。かっては、奉納の後に村回りをしていました。そして、この獅子舞が行われる秋祭りは 「オヒマチ」 とも呼ばれ、「オヒマチ過ぎたら稲刈り」 ということばがあるほど、祭りは生活の節目として機能していました。
広報川越誌から
算額歴史を今に伝えて  67
算額
(石田 藤宮神社・市指定古文書)
江戸時代には、日本独自の数学が発達しました。この学問は算學またば算法と呼ばれていましたが、明治時代に西洋の数学が入ってくると区別するために和算と呼ぱれるようになります。最も盛んだったのが、和算の創始者といわれる関孝和を開祖とする関流で、そのほかに最上流、至誠賛化流などがありました。

当時の和算家は、自分の研究の成果を「算額」として、よく神社や仏閣などに奉納しました。算額はいわば和算の絵馬のようなもので、各自が考案した問題や答えなどが書いてありり、和算の普及に大さく貢献しました。
川越にも数名の和算家がいたことがわかつています。そのうちの一人が最上流の流れをくむ大野旭山(一八○二〜八三)です。旭山は入間郡谷中村(現在の川越市谷中)に生まれ、和算や測量術に優れた才能を発揮しました。 この算額は、旭山が明治四年(一八七一)十二月に村の鎮守・神明社に奉納。その後、石田の藤宮神社に移されたものです。大きさは縦八七センチ、横二八七センチ一つの問いに答えと式を記し世話人・門人合わせて五百三十六人の氏名が書き連ねられています。門人たちの出身地は広範囲にわたり、現在の群馬や新潟などにも及んでいます・
その後西洋の数學に押され、衰えてしまう和算ですが、多くの人々が熱心に学んだ時代がしのばれます。 

湯花用大釜芸 古谷本郷・古尾谷八幡神社/市指定・歴史資料

 五年ほど前、建て替えのために古尾谷八幡神社の社務所を取り壊したとき発見されたのが、この大釜。

口径五十五・五センチ、高さ四十三・五センチの大きさで、縁の部分に 「正徳四年(一七一四)甲午年三月十五日」などの銘が刻まれています。文化財となったのは、つい最近のこと。昨年の四月七日に指定を受けました。

 元禄元年(一六八八) の、古尾谷八幡神社の行事記録に「一月十五日 神子 湯立て一、御供米一升 小豆二カン一、御神酒一荷」、九月十四日にも同様の記述があり、大釜を使って湯立ての祭りを行った記録が残されています。江戸時代には毎年行われていたようですが、その後は衰退の道をたどりました。

 場立て祭りは、大釜で沸かした熱湯をささの葉で参加者にかけ、厄よけを願います。この大釜が発見されたのをきっかけに、この湯立て祭りを復活しようと地域の皆さんが協力して、ことし再開されました。復活にあたっては、文献等を調ベたほか、箱根 (神奈川県)で行われている同種の祭りを見学し、参考にしました。釆年も、一月十四日(祝)、午後一時から行われます。 *参考資料名=「平成十一年度川越市文化財保護年報」 (川越市教育委員会)

              ことしのえとは、うま。

うま年には、相場が跳ね上がるとか、火事が多いなどといわれ、さまざまな迷信・俗信などが伝えられています。  こうした馬にまつわる伝承が多い理由として、古来から人と馬との結びつきが強かったことが考えられます。それは古代の遺跡から、馬型のはにわをはじめ、土馬・馬形・絵馬などが発見されていることからもうかがえます。中でも絵馬は、願いや感謝のしるしとして、今でも社寺などに奉納する風習が残っています。市内の社寺にも、先人たちがさまざまな願いを込めて描いた絵馬が奉納されています。  

写真の絵馬は、縦九十二センチ・横百三十四センチの大絵馬です。金地に黒馬一頭が大きく描かれ、絵馬の左側には「奉掛 氷川明神 寶前/正徳五乙未歳九月十五日」と記されています。この絵馬は、正徳五年 (一七一五)、当時の川越藩主だった秋元喬房が、氷川神社に奉納したと伝えられています。黒馬の絵馬は雨ごいを祈願するもの。もしかすると、川越藩内の不作あるいは財政事情を案じての奉納だったのかもしれません。  絵馬には、馬をはじめ各種の動物や武者絵・物語絵など、さまざまなものが描かれてきました。

そのいずれにも、絵馬を描いた人たちの心が込められています。長い歴史を持つ絵馬の移り変わりを考えることは、私たちの生活や歴史を見つめ直すうえでも大切なことです。 黒馬図大絵馬(宮下町二丁目・氷川神社/市指定・有形民俗文化財)

足踊り歴史を今に伝えて 72
 
南田島の足踊り (市指定・無形民俗文化財)

 南田島の足踊りは、普通なら手で操る人形を足先で操り、 囃子に合わせて踊らせるユーモラスな芸能です。明治時代、 森田森之助さん(一八五七〜一九三七)によって考案された と伝えられています。
最初のころは、使われる人形も束ねた わらに棒を刺し、手ぬぐいをかぶせただけの簡素なものでし た。

その後、萩原泰治さん (一八九七〜一九七四) と、森田 元次郎さん (一九〇二〜六九) の取り組みで、現在の形が確 立。人形や衣装をくふうして作り、踊りを熱心に教えたので、 多くの人に受け継がれていきました。
 足踊りを演じる人は、客席に頭を向けて仰向けに寝転がり、 腰に布団を当てて両手両足を上げます。
足先にオカメ・ヒヨ ットコなどの面を付けて服を着せ、手を着物のそでに通して 日傘や扇子などを持ちます。
細かな表情を出すのが難しい分、 しぐさで補いながら踊らせる様子はみごとです。無理な姿勢 になるため楽ではありませんが、一人で二つの人形を操るの で掛け合いの呼吸が合う、場所を取らずに演じることがで きるなどのよさがあります。

 毎年四月十四日に南田島氷川神社の春祈とうで行われる ほか、川越まつりにも参加現在は菅原町の屋台に乗って います。「ちびっこ囃子連」で子どもたちの活動も行われ るなど、地域で大切に継承されている様子がうかがえま す。